話題作に続々出演中!エズラ・ミラーの出演作や交際歴をまとめて紹介

エズラ・ミラーは『ファンタスティック・ビースト』や『ジャスティス・リーグ』といった話題作にバンバン出演している、期待の若手俳優です。

どこか異国な雰囲気が漂う、ミステリアスなカッコよさが魅力のエズラ。今回はそんな彼の出演作品や交際関係などを紹介していきます!

この記事を読めば、エズラ・ミラーの経歴について詳しくなれるので、ぜひ最後までお楽しみください!

(トップ画像出典:https://stmed.net/wallpaper-51688)

エズラ・ミラーの基本情報

  • 本名:Ezra Matthew Miller
  • 生年月日:1992年9月30日(201911月現在27歳)
  • 出身地:アメリカ合衆国ニュージャージー州バーゲン郡ワイコフ
  • 職業:俳優・ミュージシャン
  • 活動期間:2008年〜
  • デビュー作:『Afterschool(2008)

エズラ・ミラーはニュージャージー州バーゲン郡出身の俳優・ミュージシャンです。

幼少期は吃音に悩まされており、6歳から始めたオペラを練習したおかげで克服しました。

デビュー映画『Afterschool』でいきなり主演に

2008年、エズラ・ミラーは16歳のときに、映画『Afterschool』でいきなり主演に抜擢されて俳優デビューします。

『Afterschool』は、過激な映像の世界に憧れる少年ロバートを主人公にした物語で、放課後の学校で起きた女子生徒薬物中毒死をきっかけに物語が動き出します。

エズラ・ミラーは『Afterschool』出演時、ニュージャージー州にあるハドソン高校に通っていましたが、映画公開後に中退しました。

高校を中退した理由は明らかになっていません。恐らく役者の仕事に手応えを感じ、もっと映画で活躍したいと思ったからではないでしょうか。

子供の頃読んだ小説が映画化。憧れた世界に主要キャストで出演

2012年にアメリカとカナダで、翌年には日本でも公開された映画『ウォールフラワー』は、1999年に出版された同名の小説を原作としています。

エズラ・ミラーは少年時代に『ウォールフラワー』の原作小説を読み、その世界観に憧れていたそうです。

『ウォールフラワー』はチャーリーという少年の高校生活を描いた青春映画です。チャーリーを俳優のローガン・ラーマン、メインヒロインのサムを女優のエマ・ワトソンが演じています。

エズラ・ミラーはサムの義理の兄でゲイのパトリックとして出演しています。パトリックはチャーリーにとって頼りになる兄貴分として活躍しました。

『ファンタスティック・ビースト』で印象強い役を演じる

2016年に公開された映画『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』でも、エズラ・ミラーは重要な役割を果たしています。

『ファンタスティック・ビースト』(略してファンダビ)は、2001年〜2011年に8本製作された超人気ファンタジー映画『ハリーポッターシリーズ』のスピンオフ前日譚となっております。

エズラ・ミラーは養母から虐待を受ける内気でひ弱な青年、クリーデンス・ベアボーンとして出演しました。

2018年に続編の『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』が公開。前作から2年経過したということで、エズラが前作のあらすじを早口で紹介する動画が投稿されています。

『ジャスティス・リーグ』 でヒーローのフラッシュを演じる

『マーベルコミック』と肩を並べる大人気アメコミ『DCコミックス』のスーパーヒーローたちが、一堂に会する映画『ジャスティス・リーグ』。

2017年に公開された『ジャスティス・リーグ』で、エズラ・ミラーは超高速で戦うことを得意とするヒーロー・フラッシュ役として出演しました。

2020年以降、フラッシュを主役にしたスピンオフ映画が公開される予定です。当然エズラが大活躍するので、映画完成が今から楽しみですね。

エズラ・ミラーの出演作品一覧

エズラ・ミラーが出演している作品を一覧で紹介します。どの作品に出演していたかが一発でわかりますよ!

作品一覧

  • 2008年 Afterschool デビュー作品 主演
  • 2008年 カリフォルニケーション テレビドラマ
  • 2009年 LAW & ORDER:性犯罪特捜班 テレビドラマ
  • 2009年 ファミリーズ・シークレット 秘密を抱えた家族 メインキャスト
  • 2009年〜2010年 救命ハンクセレブ診療ファイル テレビドラマ
  • 2010年 Every Day メインキャスト
  • 2010年 Beware the Gonzo 主演
  • 2011年 アナザー・ハッピー・デイ ふぞろいな家族たち メインキャスト
  • 2011年 少年は残酷な弓を射る メインキャスト
  • 2012年 ウォールフラワー メインキャスト
  • 2014年 ボヴァリー夫人
  • 2015年 プリズン・エクスペリメント メインキャスト
  • 2015年 エイミー、エイミー、エイミー! こじらせシングルライフの抜け出し方
  • 2016年 バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生
  • 2016年 スーサイド・スクワッド
  • 2016年 ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅 メインキャスト
  • 2017年 ジャスティス・リーグ メインキャスト
  • 2018年 ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生 メインキャスト
  • 2020年 Dali Land メインキャスト
  • 公開時期未定 ザ・フラッシュ 主演

エズラ・ミラーはニューヨークでバンド活動もしています

ここからはエズラ・ミラーの俳優活動以外の情報を紹介していきます。

エズラ・ミラーはニューヨークでフォークロック・バンド『Sons of an Illustrious Father』のドラマー兼ボーカルとして活動しています。

下の動画は『Sons of an Illustrious Father』の公式チャンネルに投稿されている楽曲『Extraordinary Rendition』のミュージックビデオです。

マリファナ所持で逮捕されたことがあるエズラ・ミラー

エズラ・ミラーはマリファナを所持していたところを警察に見つかり、逮捕されてしまった経験があります。

それは2011年6月、映画『ウォールフラワー』の撮影中に起こりました。撮影の合間に車内でタバコを吸っていたエズラは、警察に声をかけられます。

持ち物を検査され、20gのマリファナを所持していたことがバレて逮捕に。後に裁判所から免訴となりましたが、街の治安を乱す行為として裁判所はエズラに600ドルの罰金を科しました。

この件について振り返った時、エズラ・ミラーは「僕は大麻を堂々と吸うよ。アレは自分の感性を高めてくれる安全な薬だからね。」とコメントしています。

(参考:http://nymag.com/movies/features/ezra-miller-2012-1/index1.html)

エズラ・ミラーの恋愛観、交際歴について

エズラ・ミラーは2012年8月、インタビューで自分の恋愛観について“クィア”と表現しました。『クィア』とは元々セクシャルマイノリティを侮蔑する言葉として使われ、“風変わり”などの意味があります。

エズラはインタビューで「自分はクィアだ。」とコメントした後、続けて下記のように発言しました。

「多様な性やジェンダーの素晴らしい友人がたくさんいます。特定の誰かと恋をしているわけではありませんが、ずっとそういう関係について理解しようとしてきました」

(引用:https://gladxx.jp/news/2012/08/2591.html)

特殊な恋愛観を持っているエズラ・ミラーは青年期の最初の頃に、ゲイ的な経験をしたこともあるそうです。

女性との交際歴はというと、2010年に女優のゾーイ・クラヴィッツとお付き合いしていましたが、すぐに自然消滅しました

ゾーイと別れた翌年、今度は写真家のローレンス・ノルティング(写真なし)という女性と関係が深まりました。しかしこちらも長くは持たず、2012年には別れています。

2013年からは女優でモデルのエリン・アーブと交際開始。翌年には婚約まで話が進んでいましたが、結婚には至らず2016年に破局を迎えました。

2019年11月現在、エズラ・ミラーに恋人はいないようです。今後の彼のゴシップに注目ですね!

エズラ・ミラーの紹介まとめ

役者やミュージシャンとしてその才能を輝かせているイケメン俳優、エズラ・ミラー。

2020年には『Dali Land』という映画に出演します。『ザ・フラッシュ』も楽しみですが、まずは『Dali Land』が公開される日を首を長くして待ちましょう!

ということで最後まで読んでいただきありがとうございました。この記事を読んでエズラ・ミラーについて理解が深まったら、出演作品も視聴してみてください。

映画をお得に見るなら、DVDショップでのレンタルもいいのですが、動画配信サイトを利用するのが非常にお得です。それぞれに特徴がありますので、まずは1度自分自身に合うサイトかどうかを確認してみてください。

無料体験期間を利用すれば、本登録時のサービスを使うことができます。

最新作を格安で楽しみたい人→無料トライアル実施中!<U-NEXT>

低価格無制限で映画を楽しみたい人→30日間の無料体験期間を試す<Amazon Prime>

ABOUTこの記事をかいた人

ごはん

ごはんと申します。桃屋・ドラゴンボールとは一切関係ございません。 理想の生き方実現に向け、生活環境改造計画進行中。忠犬のごとく「待つ」ことが得意です。webライターとしては主に旅行・映画関係の記事を執筆しております。何事もやり過ぎてしまう傾向があり、ブレーキの踏み加減を日々確かめています。座右の銘は“求めよさらば与えられん”。