舞台問わず活躍するリリー・レーブの出演作やインスタ、恋人を紹介!

アメリカの人気ホラードラマ『アメリカン・ホラー・ストーリー』に長年出演している女優リリー・レーブ。

彼女は役者として高い実力を備えており、映画にドラマ、舞台と場所を選ばず活躍中です。今回はそんなリリー・レーブの出演作品やインスタグラム、素敵な恋人を紹介していきます!

この記事を読めば、リリー・レーブの経歴について詳しくなれるので、ぜひとも最後までお楽しみください!

(トップ画像出典:https://www.pinterest.jp/pin/346425396308148434/)

リリー・レーブの基本情報

  • 本名:Lily Rabe
  • 生年月日:1982年6月29日(201911月現在37歳)
  • 出身地:アメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨーク市
  • 職業:女優
  • 活動期間:2001年〜
  • デビュー作:『Never Again(2001)

リリー・レーブはアメリカ合衆国、ニューヨーク出身の女優です。母のジル・クレイバーグも女優で、アカデミー主演女優賞にノミネート経験もある名役者でした。

リリー・レーブが女優を目指すようになったきっかけ

幼い頃からバレエを習っていたリリー・レーブはある時、バレエ教室の先生から「今度の舞台で独白をしましょう」と言われました。

独白とは演技の途中、1人でセリフを言う役割のことです。そしてリリーは舞台本番、劇作家ベス・ヘンリーが手がけた劇『Crimes of the Heart』のセリフを独白します。

この経験を終えた時、リリーは「これが私がしたいことかもしれない」と思ったそうです。役者の世界に興味が出た彼女は、高校卒業後ノースウェスタン大学に進学し、演技について学び始めました。

(参考:https://web.archive.org/web/20140228223025/http://www.tdf.org/TDF_Article.aspx?id=135)

そして大学1年生の時に母ジル・クレイバーグが主演を務めた映画『Never Again』に出演し、女優デビューを果たしました。リリー・レーブが担当した役は“テス”という名前の端役です。

『アメリカン・ホラー・ストーリー』で様々な役柄に挑戦

リリー・レーブは非常に高い演技力を有しており、その実力がいかんなく発揮されている作品が、ホラードラマシリーズの『アメリカン・ホラー・ストーリー』です。

『アメリカン・ホラー・ストーリー』は、2011年から2019年までで9シーズン放映されているホラードラマで、シーズン毎に異なる世界観で展開される恐ろしいシナリオが人気の作品です。

リリー・レーブは2017年のシーズン6以外全てのシリーズに出演しており、世界観が変わるたびに全く異なるキャラクターを演じてます。

 代表作はテレビドラマ『見えない訪問者 〜ザ・ウィスパーズ〜』

リリー・レーブの代表作は2015年放送のテレビドラマ『見えない訪問者 〜ザ・ウィスパーズ〜』です。

『見えない訪問者 〜ザ・ウィスパーズ〜』は、子供だけに見える謎の存在『ドリル』の力で、子供たちの周りで次々と怪事件が起きるというサスペンスドラマです。

先が読めない展開で「続きが気になる!」と視聴した人からの評価は高かったのですが、放送中は視聴率が低く、残念ながらシーズン1の13話で打ち切り終了してしまいました。

リリー・レーブは怪事件に挑むFBI特別捜査官のクレア・ベニガンを演じています。

主演映画『マイ・ビューティフル・デイズ』を紹介!

ここまでは主にリリー・レーブが出演したドラマ作品を紹介しましたが、この項目では彼女が主演した映画マイ・ビューティフル・デイズ』について触れていきます。

『マイ・ビューティフル・デイズ』は、演劇大会に出場する3人の男子高校生と、それを受け持つことになった29歳の女性英語教師、レイチェル・スティーヴンスのお話です。

リリー・レーブが演じているレイチェルは、男子高校生のビリーと急速に距離を縮めていきます。ちなみにビリーは今をときめくイケメン俳優、ティモシー・シャラメが担当しました。

この映画でリリー・レーブは、サウス・バイ・サウスウエスト映画祭特別審査員主演女優賞を受賞しています。

リリー・レーブの出演作品一覧

リリー・レーブが出演している作品を一覧で紹介します。映画を視聴する際は参考にどうぞ!

映画
  • 2001年 Never Again デビュー作品
  • 2003年 モナリザ・スマイル
  • 2006年 ボディスクラム 誘惑する女
  • 2007年 幸せのレシピ
  • 2008年 The Toe Tactic
  • 2008年 トラブル・イン・ハリウッド
  • 2010年 Weakness
  • 2010年 幸せの行方… メインキャスト
  • 2011年 Letters from the Big Man
  • 2012年 Redemption Trail
  • 2013年 Aftermath
  • 2014年 完全なるチェックメイト
  • 2016年 ヘブンズ・ベール 死のバイブル
  • 2016年 マイ・ビューティフル・デイズ 主演
  • 2017年 Golden Exits メインキャスト
  • 2017年 A Midsummer Night’s Dream 主演
  • 2017年 The Phantom Menace 短編映画
  • 2018年 Vice
  • 2019年 Sgt. Will Gardner メインキャスト
  • 2019年 Finding Steve McQueen メインキャスト
  • 2019年 フラクチャード メインキャスト

テレビ
  • 2011年 アメリカン・ホラー・ストーリー: 呪いの館
  • 2012年〜2013年 アメリカン・ホラー・ストーリー: 精神科病棟
  • 2013年〜2014年 アメリカン・ホラー・ストーリー: 魔女団
  • 2015年 見えない訪問者 〜ザ・ウィスパーズ〜 主演
  • 2017年 アメリカン・ホラー・ストーリー: 体験談
  • 2017年 Voltron: Legendary Defender アニメ
  • 2019年 Tell Me Your Secrets 主演

舞台女優としても大活躍したリリー・レーブ

リリー・レーブは2001年に女優デビューした翌年、マサチューセッツ州にある『グロスターステージカンパニー』で舞台女優としてもデビューしました。

いくつかの劇に出演後、ブロードウェイにも進出し往年の名作『人形の家』や『お気に召すまま』などの舞台を経験。

2005年に公演された『マグノリアの花たち』ではドラマ・デスク・アワードにノミネートされました。

さらに、シェイクスピアの戯曲『ヴェニスの商人』で、リリーは貴婦人のポーシャを演じています。同劇で共演者の俳優アル・パチーノからその演技力を評価された上、トニー賞にもノミネートされました。

リリー・レーブのインスタからオススメ写真をピックアップ

リリー・レーブはフォロワー数が53万人もいる(2019年11月現在)インスタグラムのアカウントを所有しており、素敵な写真が不定期投稿されています。

今回はその中から、筆者が『イイね!』と思ったオススメ写真を何枚かピックアップしました。

この他にも、彼女のインスタグラムには650件以上の画像が掲載されています。リリーの日常が気になる方は、ぜひアカウントをフォローしてお気に入りの1枚を見つけてみては?

リリー・レーブの交際相手、子供を紹介!

リリー・レーブの交際関係を調査したところ、1人だけ情報が出てきました。俳優のハミッシュ・リンクレイターという男性で、2人は2013年ごろからお付き合いしているようです。

2017年3月にリリーはハミッシュとの間に第一子となる女の子を出産しました。インスタにも赤ん坊を抱きかかえて嬉しそうにしている写真が!

2019年現在もリリーとハミッシュの関係は続いているようですが、どうやら婚約・結婚はしていないようです。今後2人の中がどのように進展していくのか、注目が集まります。

リリー・レーブの紹介まとめ

高い演技力で映画・ドラマ・舞台と場所を選ばず大活躍中の、リリー・レーブについて紹介させていただきました。

2019年は3本の映画で主要キャストとして登場しています。その中の一つ『フラクチャード』はNetflixにて配信されているので、日本でも簡単に視聴出来ますよ!

ということで最後まで読んでいただきありがとうございました。この記事を読んでリリー・レーブについてより興味が出てきたら、出演作品を手にとって彼女の活躍を実際に観てみてくださいね。

映画をお得に見るなら、DVDショップでのレンタルもいいのですが、動画配信サイトを利用するのが非常にお得です。それぞれに特徴がありますので、まずは1度自分自身に合うサイトかどうかを確認してみてください。

無料体験期間を利用すれば、本登録時のサービスを使うことができます。

最新作を格安で楽しみたい人→無料トライアル実施中!<U-NEXT>

低価格無制限で映画を楽しみたい人→30日間の無料体験期間を試す<Amazon Prime>

ABOUTこの記事をかいた人

ごはん

ごはんと申します。桃屋・ドラゴンボールとは一切関係ございません。 理想の生き方実現に向け、生活環境改造計画進行中。忠犬のごとく「待つ」ことが得意です。webライターとしては主に旅行・映画関係の記事を執筆しております。何事もやり過ぎてしまう傾向があり、ブレーキの踏み加減を日々確かめています。座右の銘は“求めよさらば与えられん”。