映画「フッド:ザ・ビギニング」あらすじ・キャストまとめ

”タロン・エガートン”主演の映画『フッド:ザ・ビギニング』。本作は爽快感MAXのアクション映画となっておりますので、日頃のストレス解消になること間違いなしです!

ここでは映画『フッド:ザ・ビギニング』の作品情報、概要、視聴方法などご紹介していきます!

アクション映画が好きな方はぜひこの記事を最後まで読んでみてください!

(出典:https://eiga.com/movie/90312/special/)

フッド:ザ・ビギニングの作品情報

  • 制作年:2018年
  • 制作国:アメリカ合衆国
  • 監督:オットー・バサースト
  • 脚本:ベン・チャンドラー、デヴィッド・ジェイムズ・ケリー
  • 音楽:ジョセフ・トラパニーズ
  • 撮影:ジョージ・スティール
  • 編集:ジョー・ハッシング、クリス・バーウェル

映画『フッド:ザ・ビギニング』は2018年にアメリカ合衆国で公開されたアクションアドベンチャー映画です。本作はロビン・フッドの伝説を映画化した作品となっております。

フッド:ザ・ビギニングのあらすじは?

『フッド:ザ・ビギニング』のあらすじは以下の通りとなっております。

イングランド。 ノッティンガムの広大な屋敷に暮らす若き領主ロビン・ロクスリーは、子供の頃から何の苦労も知らずに生きてきた。一通の徴兵通知で、十字軍として遠い異国で厳しい戦いを経験するまでは。4年後、上官に反抗したことから帰国することになったロビンは、自分が戦死したことにされて領地も財産もすべて没収され、恋人も領民も鉱山へと追放されていたことを知る。 どん底に落ちたロビンだが、戦地では敵だった最強戦士ジョンに導かれ、腐敗した政府に対し、たった2人で反逆を開始する。頭巾=フッドで顔を隠したロビンは、政府から金を盗み、それを領主として献上し権力のトップに潜入していく。やがて、貧しき者にも金を配ったロビンは、民衆の代弁者〈フッド〉として、人々の心をつかんでいくのだが──。

出典:https://filmarks.com/movies/65348

フッド:ザ・ビギニングに出演するキャスト紹介!

『フッド:ザ・ビギニング』に登場する主要キャストのそれぞれの役どころの紹介をしていきます。

ロビン・ロクスリー(演:タロン・エガートン)

ロビンはイングランドの若き領主ですが、裏では盗賊として税金を奪い弱者のために配る活動を行っています。ジョンの指導の元、戦闘能力を磨いていきます。

タロンはイングランド出身の俳優です。主な出演作品は『キングスマン』シリーズ『ロケットマン』『SING/シング』などが挙げられています。

ヤキヤ/ジョン(演:ジェイミー・フォックス)

ヤキヤは最強の強さを誇る戦士です。戦地ではロビンの敵兵士でしたが、戦争を終わらせるためにロビンと共に戦うことを決意します。

フォックスはアメリカ合衆国テキサス州出身の俳優・ミュージシャンです。

2004年の映画『Ray/レイ』では、アカデミー主演男優賞を受賞しています。

ウィル(演:ジェイミー・ドーナン)

ウィルは政治家を志しているマリアンの恋人です。マリアンと共に市民を助ける活動をしています。

ドーナンはイギリスで俳優業だけでなく、ミュージシャンやファッションモデルなど幅広く活動しております。

マリアン(演:イブ・ヒューソン)

マリアンは政府に反感を抱いている弱者のために行動する心優しい女性です。ウィルと恋人関係になりますが、以前はロビンと付き合っていました。

イブはU2のフロントマン”ボノ”の娘で、17歳の時に長編映画デビューを果たしました。

フッド:ザ・ビギニングの注目すべきポイントはここ!

映画『フッド:ザ・ビギニング』の注目ポイントはスピード感あふれるアーチェリーアクションシーンです!

本作撮影にあたって、主演を務めるタロン・エガートンは現代最強と評される”ラーズ・アンダーソン”から直接指導を受け撮影に臨んでおり、彼の弓捌きは完璧なものへと仕上がっております。

また、徹底的に考え抜かれた弓矢の扱い方や、馬を使ったチェイスシーンはスピード感があり、その迫力に圧倒されることでしょう。

本編予告映像

『フット:ザ・ビギニング』の予告映像は1分30秒の映像となっており、主人公の”ロビン”が出征してからイングランドでは良くない事が色々あったと男性が語り始めるところから映像は始まります。

ロビンは愛する者のために表では領主、裏では税金を盗む盗賊になり、”この世の全てを欺く”決意をします。盗んだ税金を領民へと配り、やがて彼はイングランドの民たちの希望へとなるのです。

映像終盤では多彩なアクションシーンが繰り広げられ、予告映像だけでも本作の面白さが伝わってくるものとなっております。

フッド:ザ・ビギニングの評価コメント

  • 映画.com:3.5(全80件)
  • yahoo!映画:3.6(全350件)
  • Filmarks:3.5(全1086件)

『フット:ザ・ビギニング』の平均評価は3.5点と、評価の高い作品となっております。

  • ストーリーが単純明快で気楽に見れて面白い。
  • スカッとしたい時におすすめの映画!

参考:https://movies.yahoo.co.jp/movie/368788/review/(一部抜粋)

以上のようなコメントが多く見受けられ、予備知識なしでも気軽に視聴できる作品となっております。

フッド:ザ・ビギニングを鑑賞したSNSの反応は?

『フット:ザ・ビギニング』って面白いの?と思っている方のために、『フット:ザ・ビギニング』を鑑賞した人たちがSNSに投稿した感想をまとめました!

弓を使った作品が好きな方にはたまらない作品となっています!
アクションシーンはアクション映画の中でも群を抜いてカッコいい!
アクションシーンは爽快感MAXで日頃のストレスが吹っ飛びます!

タロン・エガートンの出演作品一覧

本作の主役を演じる”タロン・エガートン”の出演作品は以下の通りとなっています。

  • 2012年 Pop
  • 2013年 Hereafter
  • 2014年 戦場からのラブレター
  • 2015年 キングスマン
  • 2015年 レジェンド 狂気の美学
  • 2016年 イーグル・ジャンプ
  • 2016年 SING/シング
  • 2017年 キングスマン: ゴールデン・サークル
  • 2018年 ビリオネア・ボーイズ・クラブ
  • 2018年 フッド: ザ・ビギニング
  • 2019年 ロケットマン
  • 2019年 Sing 2

フッド:ザ・ビギニングを視聴できる動画配信サービスは?

映画『フット:ザ・ビギニング』を視聴することのできるVOD(ビデオ・オンデマンドサービス)は2019年12月現在ではありませんでした。

最新の映画のため、配信されるまでにもうしばらく時間がかかることが予想されます。

VODの最大のメリットは、会員登録さえすれば動画が見放題という点ですので、「フット:ザ・ビギニング」が配信されるまで他の作品を視聴してみてはいかがでしょうか?

(注:配信されている作品には”配信期間”がありますのでご注意ください。)

終わりに

映画『フット:ザ・ビギニング』の作品情報や概要、視聴方法をご紹介させていただきました。

本作の主演を務めるタロン・エガートンは、大人気作品の『キングスマン』シリーズに出演しており、今話題の若手人気俳優の1人です。

今後は更に出演作品も増えることが予想できますので、彼の活躍に要注目ですね!

この記事を読んで少しでも『フット:ザ・ビギニング』が面白そうだと感じましたら、ぜひ視聴してみてください!

映画をお得に見るなら、DVDショップでのレンタルもいいのですが、動画配信サイトを利用するのが非常にお得です。それぞれに特徴がありますので、まずは1度自分自身に合うサイトかどうかを確認してみてください。

無料体験期間を利用すれば、本登録時のサービスを使うことができます。

最新作を格安で楽しみたい人→無料トライアル実施中!<U-NEXT>

低価格無制限で映画を楽しみたい人→30日間の無料体験期間を試す<Amazon Prime>