名脇役として数多くの作品に登場したディラン・ベイカーの経歴まとめ

あなたはディラン・ベイカーという役者の名前を聞いたことはありますか?彼は多数の映画・ドラマで脇役として登場した、主役を引き立てる確かな腕を持つ名俳優です。

人気作品の『スパイダーマン2』や『ハイド・アンド・シーク 暗闇のかくれんぼ』にも出演していたので、顔を見れば「知ってる!」となる方も多いかもしれません。

ということで今回はディラン・ベイカーに注目して、彼の出演作品や俳優活動以外のエピソードを紹介していきます!

この記事を読めば、ディランの経歴について詳しくなれるので、どうぞ最後までお楽しみください!

(トップ画像出典:https://www.wallofcelebrities.com/celebrities/dylan-baker/biography.html)

ディラン・ベイカーの基本情報

  • 本名:Dylan Baker
  • 生年月日:1959年10月7日(201912月現在60歳)
  • 出身地:アメリカ合州国ニューヨーク州シラキュース
  • 職業:俳優
  • 活動期間:1986年〜
  • デビュー作:テレビ映画『デッドリー・フォース(1986)

ディラン・ベイカーはニューヨーク州にある商工業都市、シラキュース出身の俳優です。コネチカット州にある演劇学校『イェール・スクール・オブ・ドラマ』に通っていました。

数多くの映画・ドラマで脇役を務めるディラン・ベイカー

ディラン・ベイカーは、俳優デビューした1986年から現在に至るまで、数多くの映画・ドラマで脇役を務め、作品を支えた縁の下の力持ちです。

有名な作品を挙げますと、映画では『ザ・セル(2000)』や『ロード・トゥ・パーディション(2002)』、『ハイド・アンド・シーク 暗闇のかくれんぼ(2005)』などに出演しています。

テレビドラマでは『特捜刑事マイアミ・バイス』や『ロー&オーダー』、『CSI:科学捜査班』といった作品でゲスト出演しました。

次の項目から、彼の出演作品の中で特にオススメしたい映画を紹介していきます。

『ハピネス』で小児性愛者を演じ、話題に

まず紹介するのは、1998年に公開されたブラックコメディ映画『ハピネス』です。この映画での演技が話題になったディラン・ベイカーは、ゴッサム独立映画賞最優秀キャストなどにノミネートされています。

『ハピネス』はニュージャージー州に住む3姉妹を中心にした作品です。ディラン・ベイカーは主人公の女性、トリッシュの夫で精神科医のビルを演じました。

ビルはトリッシュとその間に出来た子供3人を支える良きパパですが、ペドフィリア(小児性愛者)という裏の顔も持ち、自分の息子が連れてきた友人ジョニーに手を出してしまいます。

人気作品『スパイダーマン』シリーズにも出演していた!

ディラン・ベイカーは世界的に人気となったスーパーヒーロー映画『スパイダーマン』シリーズにも出演していました。

『スパイダーマン』は2002年から2019年までに7本製作されていますが、ディランが出演していたのは初期三部作の内2本『スパイダーマン2(2004)』『スパイダーマン3(2007)』です。

ディラン・ベイカーは、スパイダーマンに変身する主人公ピーター・パーカーが通う大学の教授、カート・コナーズ博士を演じています。

数少ない主演作品『The Misogynists』を紹介

先述の通りディラン・ベイカーは出演作品のほとんどで脇役を務めており、主要キャストを務めている作品はかなり珍しいです。

今回はそんな数少ない主演作品、『The Misogynists』を紹介します。

2017年にハンプトンズ国際映画祭で公開された映画『The Misogynists』は、2016年の大統領選挙当日の夜、トランプ支持派の男性2人がトランプ大統領の当選を高級ホテルで祝うという話です。

ディラン・ベイカーはトランプ支持者のひとり、主人公のキャメロンを演じています。

ディラン・ベイカーの出演作品一覧

ディラン・ベイカーが出演している作品を一覧で紹介します。※数が多いので一部抜粋となっております。

映画
  • 1990年 ロング・ウォー・ホーム
  • 1994年 ディスクロージャー
  • 1998年 ハピネス
  • 1999年 バニラ・フォグ
  • 2000年 ザ・セル
  • 2000年 13デイズ
  • 2003年 ヒップホップ・プレジデント
  • 2004年 スパイダーマン2
  • 2005年 ハイド・アンド・シーク 暗闇のかくれんぼ
  • 2006年 ゾンビーノ
  • 2006年 プリズン・フリーク
  • 2007年 スパイダーマン3
  • 2008年 ブライアン・シンガーのトリック・オア・トリート
  • 2008年 レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで
  • 2013年 23 Blast 監督兼務
  • 2014年 Selma
  • 2017年 The Misogynists 主演
  • 2018年 Elizabeth Harvest
  • 2019年 Extremely Wicked, Shockingly Evil and Vile

テレビ
  • 1986年 デッドリー・フォース テレビ映画 デビュー作品
  • 1995年〜1996年 マーダー・ワン
  • 2009年 Kings
  • 2010年〜2015年 グッド・ワイフ
  • 2011年 ダメージ
  • 2016年 ジ・アメリカンズ
  • 2018年 HOMELAND
  • 2020年 HUNTERS

オーディオブックのナレーターとしても有名なディラン・ベイカー

ディラン・ベイカーはオーディオブックのナレーターとしても活動中です。

Amazon傘下の書籍朗読サービス、Audibleにはディランが朗読した書籍が39冊あります。(2019年12月現在)

ナレーションを務めた本は啓発本や伝記からエンタメ小説まで多岐に渡ります。Audibleを利用している方は、ディラン・ベイカーの名前を検索してその声で本を聴いてみてはいかがでしょうか。

火災から隣人女性を懸命に救おうとしたディラン。しかし…

ここでディラン・ベイカーの勇敢な一面を紹介。2015年9月1日、彼は自宅隣のマンションから出火しているのを発見しました。消防と救急に通報した後、自ら現場に飛び込んで中の女性を救おうとします。

そのマンションにはブロードウェイの舞台や映画で活躍していた、女優兼モデルのヴィヴィアン・エングが。ディランはヴィヴィアンの部屋まで行き、ドアを叩いて彼女の名前を叫んだそうです。

出典:https://variety.com/2015/legit/news/broadway-actress-vivien-eng-dead-apartment-fire-dylan-baker-1201586038/

ドアの向こうから返事はありません。ディランがドアを開けてみると、既に部屋中が炎に包まれていました。その上、彼の方にも煙が流れてきたので、身の危険を感じたディランはすぐにドアを閉めます。

その後消防隊が駆けつけ、ヴィヴィアンは意識不明の重体で緊急搬送されました。火災から2日後、ディランの勇気ある行動や医師の懸命な治療も虚しく、ヴィヴィアンは51歳という若さで亡くなっています。

(参考:https://variety.com/2015/legit/news/broadway-actress-vivien-eng-dead-apartment-fire-dylan-baker-1201586038/)

ディラン・ベイカーの家族について紹介

2019年現在、ディラン・ベイカーは女優のベッキー・アン・ベイカー(旧芸名ベッキー・ゲルケ)と夫婦関係にあります。

ディランとベッキーは1990年に結婚しました。2人の間には1993年に女の子が1人誕生しています。

家族関係は良好なようで、現在も表舞台に2人揃って登場することもあるみたいです。

ディラン・ベイカーの紹介まとめ

今回は主役を引き立たせる渋い演技で活躍する俳優、ディラン・ベイカーについてまとめてみました。

2020年にAmazon Videoで放送予定のドラマ『HUNTERS』に、ディランはメインキャストとして登場します。どんな演技を魅せるのか、今から楽しみですね。

ということで最後まで読んでいただきありがとうございました。この記事でディラン・ベイカーについて興味を持てましたか?今後映画を観る時は、脇役にも注目するとより作品を深く楽しめるようになりますよ。

映画をお得に見るなら、DVDショップでのレンタルもいいのですが、動画配信サイトを利用するのが非常にお得です。それぞれに特徴がありますので、まずは1度自分自身に合うサイトかどうかを確認してみてください。

無料体験期間を利用すれば、本登録時のサービスを使うことができます。

最新作を格安で楽しみたい人→無料トライアル実施中!<U-NEXT>

低価格無制限で映画を楽しみたい人→30日間の無料体験期間を試す<Amazon Prime>

ABOUTこの記事をかいた人

ごはん

ごはんと申します。桃屋・ドラゴンボールとは一切関係ございません。 理想の生き方実現に向け、生活環境改造計画進行中。忠犬のごとく「待つ」ことが得意です。webライターとしては主に旅行・映画関係の記事を執筆しております。何事もやり過ぎてしまう傾向があり、ブレーキの踏み加減を日々確かめています。座右の銘は“求めよさらば与えられん”。