【ジム・パーソンズ】ビッグバン★セオリーでシェリドン役を演じた俳優

今回は全米で人気のコメディドラマ『ビッグバン★セオリー』に出演してるジム・パーソンズについて紹介していきます。

大人気コメディドラマに出演し続けたジムは一体どういった人物なんでしょうか。そんな気になるジムの情報をたくさん集めたのでぜひ最後まで読んでみてください!

この記事を読めばジムの人物像がはっきりと見えてくるはずです!

(トップ画像出典:https://www.tvgroove.com/?p=1569)

ジム・パーソンズのプロフィール

  • 本名:ジェームズ・ジョセフ・パーソンズ
  • 生年月日:1973年3月24日(2019年12月現在46歳)
  • 出生地:アメリカ合衆国テキサス州ヒューストン
  • 身長:186㎝
  • 職業:俳優
  • 俳優としての活動期間:1994年~

ジムは配管会社の社長である父親と、小学校の教師をしている母親の間に生まれました。父親は自動車事故で2001年に亡くなってしまいました。

ジムには一人の妹がおり、妹のジュリーアンも母親と同じ小学校の教師をしているそうです。

ジム・パーソンズの経歴

幼少期から演劇に興味があったジムは、高校時代から校内で行われた演劇に出演し続け、進学先のヒューストン大学で演技を学び、学士を取得しています。

その後はサンディエゴ大学院に進学し、古典演劇を学び修士号を取得しました。2001年に卒業したジムはニューヨークに渡り、オフブロードウェイで活躍します。

ジムが一躍有名になったきっかけは、ドラマ『ビックバン★セオリー』の出演です。このドラマでジムはメインキャストのシェリドン役を演じ、4年連続エミー賞・主演男優賞を受賞する偉業を成し遂げました。

ジムは『ビッグバン★セオリー』のシーズン12まで出演を続け、降板後はブロードウェイの舞台や多くの映画、ドラマなど幅広い分野で活躍する俳優として活動しています。

ジム・パーソンズの出演作

ドラマ『ビッグバン★セオリー』の出演で有名になったジム・パーソンズは今までどのような作品に出演してきたのでしょうか。一覧で見ていきましょう。

映画
  • 2004年 終わりで始まりの4日間
  • 2006年 素敵な人生のはじめ方
  • 2006年 恋愛ルーキーズ
  • 2011年 ビッグ・ボーイズ しあわせの鳥を探して
  • 2011年 ザ・マペッツ
  • 2014年 WISH I WAS HERE 僕らのいる場所
  • 2015年 ホーム 宇宙人ブーヴのゆかいな大冒険
  • 2015年 ヴィジョン/暗闇の来訪者
  • 2016年 ドリーム
テレビシリーズ
  • 2002年 エド
  • 2007~2019年 ビッグバン★セオリー/ギークなボクらの恋愛法則
  • 2009年 ファミリー・ガイ
  • 2011年 アイ・カーリー
  • 2011年 ユーリカ~事件です!カーター保安官~
  • 2014年 サタデーナイトクラブ
  • 2014年 ノーマル・ハート
  • 2017~2019年 ヤング・シェルドン

ジム・パーソンズが出演したお薦め作品①:ビッグバン★セオリー

『ビッグバン★セオリー』は、アメリカの放送局CBSで、2007年9月~2019年5月まで放送されたコメディドラマシリーズです。

観客の笑い声を入れるシットコムの形式を取った本ドラマは、オタクの科学者4人組と隣人のブロンド髪女性との生活や恋愛模様を描いた作品になっています。

本ドラマでジムは、4人組の科学者の一人シェルドン役を演じています。ジムはこの役を演じたことで2010年~2014年に渡って4度連続でエミー賞・主演男優賞を受賞しました。

1話完結の本ドラマは登場人物がほぼ固定なので見やすく、誰でも笑ってしまうような展開を毎話楽しむことができます。少し下ネタが多めなので苦手な方は用心です。

ジム・パーソンズが出演したお薦め作品②:ドリーム

『ドリーム』は、人種差別が横行していた1960年代初頭のアメリカで、初の有人宇宙飛行計画に携わったNASAの黒人女性スタッフの知られざる功績を描いた伝記映画です。

世間的には黒人女性の社会進出が認められているものの、まだ環境に馴染めておらず黒人差別が残っている時代のNASAで三人の黒人女性が奮闘し、活躍するというのがこの作品の物語です。

この作品でジムは、女性社員にきつくあたる宇宙任務グループの主任エンジニアのパウル・スタフォード役を演じています。

人種差別、男女差別が横行していた時代のNASAに大きく貢献した黒人女性3人の実話を基に製作された本作は、差別や偏見に捕らわれてはいけないこと、間違いを正せる人の素晴らしさを教えてくれます。

ジム・パーソンズの今後の出演作

ジムの今後出演が決まっている作品は、映画『テッド・バンディ』です。本作はザック・エフロンが、30人以上の女性を殺害した実在の凶悪犯”テッド・バンディ”を演じた犯罪ドラマです。

この作品でジムは、1979年のマイアミ裁判でバンディを有罪へと導いた検察官ラリー・シンプソン役を演じています。

本作は2019年12月20日に公開予定です。検察官を演じているジムの姿、そして世紀の殺人鬼を主人公に据えたストーリーが気になる方はぜひ劇場に行きましょう!R15指定なのでグロ要素が苦手な方は注意です。

「世界で最も稼ぐテレビ男優ランキング」にランクイン!

経済誌フォーブスが毎年行っている「世界で最も稼ぐテレビ男優ランキング」の2016年度で、ジムはなんと一位にランクインしました。

その頃、ドラマ『ビッグバン★セオリー』で活躍していたジムの2015年6月1日~2016年6月1日までの収入は2,550万ドル(約25億9,000万円)だったそうです。

現在は年収は不明ですが、『ビッグバン★セオリー』で活躍していたジムの年収は凄まじいものでした。年収が億超えする理由には、ジムの演技力の高さが関係しているでしょう。

(参考サイト:https://forbesjapan.com/articles/detail/13669)

なぜジムは『ビッグバン★セオリー』の出演を終えたのか

コメディドラマ『ビッグバン★セオリー』の放送は、2019年5月16日をもって幕を閉じました。シーズン12で最終話を迎えましたが、シーズン13の更新の可能性も十分にあったそうです。

ではなぜジムはシーズン13以降の契約を結ぼうとしなかったのでしょうか。ジムは情報サイトSCREEN RANTのインタビューでこのように語っています。

「特に理由があるわけでもなく、十分に感じたわけでもない。悟ったというべきかな。人生において、突然考え方が変わるときがあるんだ」

引用元:https://www.excite.co.jp/news/article/KaigaiDramaBoard_20081/?p=2

コメントを見る限りジムは本ドラマの出演に飽きを感じ、辞めたかったわけでもなく単に新たな挑戦をしたかったのだと考えられます。新たな門出を切ったジムの活躍はどうなっていくのか気になりますね。

ジム・パーソンズはゲイ?交際相手は?

ジムは自身がゲイだということを公表しており、2017年5月13日にアートディレクターのトッド・スパイワックと結婚しています。

ジムとトッドは2002年から交際しており、2012年まで交際していることを世間に隠していました。

二人の結婚式はニューヨークにある「Rainbow Room」という高級レストランで行われたそうです。

15年もの長い間交際していた二人の関係はとても良好だと言えるでしょう。これからも二人の関係を応援していきたいですね。

まとめ

今回は『ビッグバン★セオリー』のメインキャストとして活躍し続け、現在は舞台や映画、ドラマなど出演の幅を広めているジム・パーソンズについて紹介しました。

『ビッグバン★セオリー』のシーズンの更新が出来たにも関わらず、自ら新たな道に進みことを選んだジムのこれからにも期待が高まりますね。

この記事を通して少しでもジム・パーソンズについて興味を持っていただけたのなら、彼の出演作にも触れてみてくだい。この記事で紹介したおすすめの2作品は優先的に観てみてください!

映画をお得に見るなら、DVDショップでのレンタルもいいのですが、動画配信サイトを利用するのが非常にお得です。それぞれに特徴がありますので、まずは1度自分自身に合うサイトかどうかを確認してみてください。

無料体験期間を利用すれば、本登録時のサービスを使うことができます。

最新作を格安で楽しみたい人→無料トライアル実施中!<U-NEXT>

低価格無制限で映画を楽しみたい人→30日間の無料体験期間を試す<Amazon Prime>