多方面で成功したお金持ち、ショーン・コムズの経歴や交際歴を紹介!

ショーン・コムズといえば、音楽プロデューサーや歌手、俳優など多方面で精力的に活躍中の男性ですね。

今回はそんなシェーン・コムズがこれまでどんな活躍をしてきたのか、マルチな仕事ぶりや交際歴について紹介していきます。

この記事を読めば、シェーン・コムズの経歴について知ることが出来るので、ぜひ最後まで読んでみてください!

(トップ画像出典:https://www.etonline.com/sean-diddy-combs-reveals-hes-bringing-back-making-the-band-on-mtv-128577)

ショーン・コムズの基本情報

  • 本名:Sean John Combs
  • 生年月日:1969年11月4日(201912月現在50歳)
  • 出身地:アメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨーク
  • 職業:音楽プロデューサー・作詞家・編曲家・デザイナー・俳優・経営者
  • 活動期間:1990年〜

ショーン・コムズはアメリカ合衆国ニューヨーク出身の男性で、多数のビジネスで結果を残した人物です。

多数のアーティストを手がけた敏腕プロデューサー

1990年にアメリカ人ラッパー、ファーザーMCがリリースした楽曲“ファーザーズ・デイ”をプロデュースしたことを皮切りに、ショーン・コムズは数多くのアーティストをプロデュースしてきました。

ショーンがプロデュースした主なアーティストには、マライア・キャリーやボーイズIIメン、アレサ・フランクリン等がいます。

また、ショーンは1993年に音楽レーベル『バッド・ボーイ・エンタテインメント』を立ち上げました。レーベルにはヒップホップやR&B系のアーティストが多数在籍しています。

アメリカのラップ業界を東西に分断し、悲劇が起こる

音楽プロデューサーとして若い頃から才能を発揮していたショーン・コムズ。しかし、その才能を快く思わない人もいました。

アメリカ西海岸を拠点にしていた音楽レーベル『デス・ロウ・レコード(以下D.R.R)』の関係者は、東海岸側で勢いを増している『バッド・ボーイ・エンタテインメント(以下B.B.E)』を目の敵にしたのです。

敵対関係はアーティストやファンにも影響を及ぼし、お互いに所属アーティストや事務所を批判するような曲を発表するなど、1990年代中盤のアメリカラップ業界は非常にピリピリとした空気が漂っていました。

そして、1996年9月にD.R.Rのトップアーティスト、2パック(画像左)が射殺され、半年後にB.B.Eの稼ぎ頭ノトーリアスB.I.G.(画像右)も射殺されました。どちらの未解決事件となっております。

1997年にラッパーデビューし、最初のアルバムが大ヒット!

音楽プロデューサーとして成功を収めたショーン・コムズは、1997年に“パフ・ダディ”名義でラッパーデビューします。

ショーンの曲はサンプリング(音源の引用)を多用しており、特に2枚目のシングル『I’ll Be Missing You』はイギリスのバンド、ザ・ポリスの『見つめていたい』の音源をほぼ丸々使用しています。

聴き比べてみましょう。上の動画が『I’ll Be Missing You』、下の動画が『見つめていたい』です。

『I’ll Be Missing You』はファンの間でも賛否両論となりましたが、この曲を収録したアルバム『No Way Out』は全米で700万枚以上を売り上げる大ヒットを記録しました。

ラッパーとして多数の名義を持つショーン・コムズ

ショーン・コムズはラッパーとして活動する際に、名義を頻繁に変更することで有名です。

先述した“パフ・ダディ”の他、“ショーン・パフィ・コムズ”、“ディディ”などの名義を使用しています。

名義を“ディディ”に変更した際に、イギリスの音楽プロデューサー、リチャード・ディアラヴが“ディディ”名義を既に使用しており、リチャードは「自分の仕事に支障が出た」とショーンを訴訟しました。

裁判に負けたショーン・コムズは、リチャードが活動しているイギリス国内では“ディディ”を名乗れなくなっています。

(参考:https://www.barks.jp/news/?id=1000026778)

ゴーストライターを利用していたことを認める

2006年にショーン・コムズは、それまでに発表した楽曲のほとんどをゴーストライターに作らせていたことを発表しました。

ショーンはデビュー初期から『バッド・ボーイ・エンタテインメント』所属のアーティストにゴーストライターを任せていたようです。

ちなみにショーン・コムズは作曲出来ない上、楽器も扱えません。ゴーストライターのカミングアウト後は、ショーン自ら作詞を手がけた曲も増えています。

(参考:https://www.cyzowoman.com/2013/06/post_8441_3.html)

ショーン・コムズは映画俳優としても活躍していた

ショーン・コムズは俳優としても活躍していました。あくまでもメインは音楽業界なので出演本数は少ないです。

ショーン・コムズが出演している作品を一覧で紹介します。どんな作品に出演していたかすぐにわかりますよ!

映画
  • 1995年 THE SHOW
  • 1997年 Rhyme & Reason
  • 2001年 Made メインキャスト
  • 2001年 チョコレート
  • 2005年 Seamless
  • 2005年 カリートの道 暗黒街の抗争 メインキャスト
  • 2010年 I’m Still Here
  • 2010年 伝説のロックスター再生計画!
  • 2014年 ドラフト・デイ

様々な事業で成功を収めたショーン・コムズ

音楽プロデュースや俳優業以外にも、ショーン・コムズは様々な事業に手を伸ばして成功を収めてきました。

ショーンが手がけた事業として、レストランのチェーン展開やファッションブランド『ショーン・ジョン』の経営、映画プロデューサーなどがあります。

アメリカの経済誌『フォーブス』が2018年に掲載した記事によると、ショーン・コムズはおよそ2億2500万ドルもの純資産を保有しているそうです。これは日本円に換算すると約250億円にもなります!

(参考:https://www.forbes.com/pictures/5a8f3a6b31358e79a28a0433/2-diddy-825-million/#3620286150f5)

ショーン・コムズの交際関係は?

お金持ちのショーン・コムズは、多数の女性との交際歴があります。

デザイナーのミサ・ヒルトン=ブリムやサラ・チャップマン(職業不明)、女優兼モデルのキム・ポーターに大物女優のジェニファー・ロペス。歌手のキャシー・ベンチュラといった女性たちと交際してきました。

ショーンは複数の女性と関係を持っていたので、彼には現在6人の子供がいます。

2019年12月現在の交際相手は22歳の若手モデル、ロリ・ハーヴェイ。ショーン・コムズとロリは2019年7月にニューヨークでデートしている姿が目撃されました。

ショーン・コムズの紹介まとめ

多方面で活躍し、その全てで成功を掴んできたショーン・コムズについてまとめてみました。

音源を流用したり、ゴーストライターに頼るなど少々情けない経歴もある彼ですが、音楽プロデューサーとしてはカリスマの塊です。彼のセンスのおかげで売れたアーティストも大勢います。

これからショーンがどんな活躍を見せるのか、これからの動きに注目したいですね!

ということで最後まで読んでいただきありがとうございました。この記事を読んでショーン・コムズについて興味が湧いたら、関連作品にぜひ触れてみてください。

映画をお得に見るなら、DVDショップでのレンタルもいいのですが、動画配信サイトを利用するのが非常にお得です。それぞれに特徴がありますので、まずは1度自分自身に合うサイトかどうかを確認してみてください。

無料体験期間を利用すれば、本登録時のサービスを使うことができます。

最新作を格安で楽しみたい人→無料トライアル実施中!<U-NEXT>

低価格無制限で映画を楽しみたい人→30日間の無料体験期間を試す<Amazon Prime>

ABOUTこの記事をかいた人

ごはん

ごはんと申します。桃屋・ドラゴンボールとは一切関係ございません。 理想の生き方実現に向け、生活環境改造計画進行中。忠犬のごとく「待つ」ことが得意です。webライターとしては主に旅行・映画関係の記事を執筆しております。何事もやり過ぎてしまう傾向があり、ブレーキの踏み加減を日々確かめています。座右の銘は“求めよさらば与えられん”。