デニス・リアリーの様々な活動からプライベートな情報まで丸わかり!

コメディアンとして、アメリカのバラエティ番組などで活躍中のデニス・リアリー。

彼はコメディの他にも、俳優や声優といった役者業から脚本・製作といった裏方まで多方面で活動しています。

今回はそんなデニス・リアリーの関連作品や趣味、家族について紹介していきます!

この記事を読めば、デニスの経歴について詳しくなれるので、最後までお楽しみください!

(トップ画像出典:https://www.architecturaldigest.com/story/denis-leary-on-tom-brady-antique-furniture-and-netflix-obsessions)

デニス・リアリーの基本情報

  • 本名:Denis Colin Leary
  • 生年月日:1957年8月18日(201912月現在62歳)
  • 出身地:アメリカ合衆国マサチューセッツ州ウースター
  • 職業:俳優、コメディアン、脚本家、映画監督
  • 活動期間:1987年〜
  • デビュー作:短編映画『Long Walk to Forever(1987)

デニス・リアリーはマサチューセッツ州の都市ウースター出身の俳優です。父は自動車整備士、母はメイドとして働いていました。

ボストンにあるクラブでコメディアンデビュー

地元の高校を卒業したデニス・リアリーは、ボストンにあるエマーソン大学へ進学しました。

エマーソン大学在学中から芸能関係の仕事に就きたいと考えていたようで、脚本の書き方やコメディについて学んでいきます。

その後、デニスはボストンにあるクラブ『Play It Again Sam’s』でコメディアンデビューしました。

1990年からはお笑い番組などにも出演するようになり、世間に広く知られるようになります。

マルチに活躍するデニス・リアリー

デニス・リアリーは先述したコメディアンとしての仕事の他、俳優や脚本、製作に声優などマルチに活躍していることで知られています。

彼が関わった主な作品を挙げますと、2001年〜2002年に放送されたシチュエーションコメディー番組『The Job』では主演と製作総指揮と脚本を兼務しました。

2004年〜2011年放送のコメディドラマ『レスキュー・ミー NYの英雄たち』でも主演と製作総指揮、脚本を担当。

更に、2015年〜2016年に放送されたコメディ番組『Sex & Drugs & Rock & Roll』は、デニスが原案を考えると共に、主演・製作・脚本を務めています。

CGアニメ映画『アイス・エイジ』シリーズに毎回出演

声優としても活躍しているデニス・リアリーは、日本でも大人気のCGアニメ映画『アイス・エイジ』シリーズにメインキャストとして毎回出演しています。

『アイス・エイジ』は、氷河期の地球を舞台に人間の赤ん坊ロシャンと、マンモスのマニーとナマケモノのシド、サーベルタイガーのディエゴが旅をするという物語です。

2002年に1作目が公開され、2019年現在まで5本の映画と2本のテレビスペシャルが製作されています。

デニス・リアリーはサーベルタイガー、ディエゴの声優を担当しました。ディエゴはワルぶっているけど情に熱く、実はコミカルという憎めないキャラクターです。

デニス・リアリーの出演作品一覧

デニス・リアリーが出演している作品を一覧で紹介します。※一部抜粋です。

映画
  • 1987年 Long Walk to Forever 短編映画 デビュー作品
  • 1993年 ガンメン
  • 1993年 デモリションマン
  • 1993年 ジャッジメント・ナイト
  • 1995年 ダンボドロップ大作戦
  • 1996年 サンドラ・ブロックの恋する泥棒 脚本兼務
  • 1997年 ラブ・ウォーク・イン 製作兼務
  • 1997年 ウワサの真相/ワグ・ザ・ドッグ
  • 1998年 翼のない天使
  • 1999年 トゥルー・クライム
  • 1999年 トーマス・クラウン・アフェアー
  • 1999年 小さな目撃者
  • 2002年 アイス・エイジ CGアニメ
  • 2006年 アイス・エイジ2 CGアニメ
  • 2009年 アイス・エイジ3/ティラノのおとしもの CGアニメ
  • 2012年 アメイジング・スパイダーマン
  • 2012年 アイス・エイジ4/パイレーツ大冒険 CGアニメ
  • 2016年 アイス・エイジ5/止めろ!惑星大衝突 CGアニメ

テレビ
  • 1987年 Remote Control TVゲームショー
  • 2001年〜2002年 The Job 主演 一部エピソード製作総指揮・脚本兼務
  • 2004年〜2011年 レスキュー・ミー NYの英雄たち 主演 脚本兼務 一部エピソード製作総指揮兼務
  • 2011年 Ice Age: A Mammoth Christmas CGアニメ
  • 2015年 Benders 製作兼務
  • 2015年〜2016年 Sex & Drugs & Rock & Roll 主演 原案・製作・脚本兼務
  • 2016年 Ice Age: The Great Egg-Scapade CGアニメ
  • 2018年〜2019年 Animal Kingdom
  • 2019年 The Moodys 主演

コメディアルバムの盗作疑惑で友情が破綻

コメディアンとして大活躍しているデニス・リアリーは、コメディソングのアルバムを何枚か発売しています。

その中の1枚、1993年発売の『No Cure for Cancer』をコメディアン仲間だったビル・ヒックスが聴いたときに、自分の作風やネタを盗作していると感じ、デニスを批判しました。

これによってデニスとビルの友情関係は破綻してしまい、ビルが1994年にすい臓ガンで亡くなってしまったため、関係を修復することは叶わなくなりました。

なおこの件について、デニス・リアリーは盗作行為を否定しています。

(参考:https://web.archive.org/web/20061019105912/http://www.gavinsblog.com/probill.htm)

デニス・リアリーの趣味はアイスホッケー

ここからはデニス・リアリーの芸能活動以外の情報に触れていきましょう。

デニスの趣味はアイスホッケーで、自宅の裏庭にホッケーリンクを作り、氷の下に冷却用のパイプを通して年中プレイできるようにするほど凝っています。

ちなみに彼はアイスホッケーのプロチーム、ボストン・ブルーインズのファンです。

デニスはスポーツ好きなのか、他にもメジャーリーグ(野球)のボストン・レッドソックスや、NFL(アメフト)のグリーンベイ・パッカーズのファンを公言しています。

財団を設立し災害救助の支援活動を行う

デニス・リアリーは2000年に地元ウースターやボストン、ニューヨークといった街の災害対策費を支援する団体『リアリー消防士財団』を設立しました。

財団を立ち上げたきっかけは、リアリーのいとこと友人の消防士が大規模火災の消火活動中に亡くなってしまったためです。

また『リアリー消防士財団』は『New York’s Bravest』という別の基金も運営しています。

『New York’s Bravest』では、アメリカ同時多発テロやハリケーン・カトリーナで被害に遭われた方々に金銭・物資共に積極的な支援活動を行なっています。

(参考:https://www.learyfirefighters.org/news/videos/rebirth-the-new-orleans-firehouse-restoration-project/)

デニス・リアリーの素敵な家族を紹介

多方面で活動するデニス・リアリーには、いったいどんな家族がいるのでしょうか?この項目ではデニスの素敵な家族を紹介します。

デニスは2019年現在、作家のアン・レンベックと夫婦関係にあります。

2人はエマーソン大学で知り合い、1989年に結婚。1990年に男の子が生まれ、ジョンと名付けます。その2年後には女の子が誕生し、こちらはデビンと名付けました。

仲睦まじくて素敵な夫婦関係は2019年に30周年を迎えています。子供達は無事独り立ちしたので、デニスとアンは2人仲良く過ごしているようです。

デニス・リアリーの紹介まとめ

コメディアンから始まった、デニス・リアリーの経歴について紹介しました。

デニスが主役を務めるコメディードラマ『The Moodys』が2019年12月4日からアメリカで放送中です。ドラマも良いですが、いつかまた映画館でも彼の活躍を観たいものですね。

ということで最後まで読んでいただきありがとうございました。この記事を読んでデニス・リアリーについて知っていただけたら、出演作品にも触れて貰えると嬉しいです。

映画をお得に見るなら、DVDショップでのレンタルもいいのですが、動画配信サイトを利用するのが非常にお得です。それぞれに特徴がありますので、まずは1度自分自身に合うサイトかどうかを確認してみてください。

無料体験期間を利用すれば、本登録時のサービスを使うことができます。

最新作を格安で楽しみたい人→無料トライアル実施中!<U-NEXT>

低価格無制限で映画を楽しみたい人→30日間の無料体験期間を試す<Amazon Prime>

ABOUTこの記事をかいた人

ごはん

ごはんと申します。桃屋・ドラゴンボールとは一切関係ございません。 理想の生き方実現に向け、生活環境改造計画進行中。忠犬のごとく「待つ」ことが得意です。webライターとしては主に旅行・映画関係の記事を執筆しております。何事もやり過ぎてしまう傾向があり、ブレーキの踏み加減を日々確かめています。座右の銘は“求めよさらば与えられん”。