出演作品増大中の俳優ルーク・エバンスの活動経歴に迫ってみました。

ルーク・エバンスといえば『ワイルド・スピード』シリーズや『ホビット』シリーズに出演したことで知られる、イギリス出身のイケメン俳優ですね。

彼は最近出演作品が増大中で、今後の活動に注目が集まっています。ということで今回はそんなクリス・エバンスの代表的な作品や、その他の活動について紹介していきます!

この記事には、クリスの経歴が分かりやすく書いてあります。彼の情報が知りたい方は、ぜひ最後までお楽しみください!

(トップ画像出典:http://www.bhmpics.com/view-luke_evans_tiff_2015-1920×1080.html)

ルーク・エバンスの基本情報

  • 本名:Luke George Evans
  • 生年月日:1979年4月15日(201912月現在40歳)
  • 出身地:ウェールズのアバーバルゴイド
  • 職業:俳優・歌手
  • 活動期間:2000年〜
  • デビュー作:『タイタンの戦い(2010)

ルーク・エバンスはウェールズにある小さな町、アバーバルゴイド(Aberbargod)出身の俳優、歌手です。

彼は一人っ子で、キリスト系の新宗教『エホバの証人』のメンバーとして育てられました。しかし、16歳の時に宗教を辞めています。

舞台俳優として活躍後『タイタンの戦い』でハリウッドデビュー

2000年にロンドンの演劇学校『The London Studio Centre』を卒業したルーク・エバンスは、しばらくのあいだ舞台俳優としてロンドンのウエスト・エンドで活躍します。

ウエスト・エンドでは『La Cava』『レント』『アベニューQ』といった演劇に出演。俳優デビューから10年を経て、アメリカ映画『タイタンの戦い』でハリウッドデビューを果たしました。

『タイタンの戦い』はギリシャ神話をモチーフとしたファンタジー映画です。ルーク・エバンスは芸能・芸術の神、アポロ役を担当しました。

『NO ONE LIVES ノー・ワン・リヴズ』で初主演の座に

2012年に公開されたスリラー映画『NO ONE LIVES ノー・ワン・リヴズ』で、ルーク・エバンスは初主演の座を掴みました。

『NO ONE LIVES ノー・ワン・リヴズ』は、日本人映画監督の北村龍平がメガホンを取ったバイオレンスホラー映画。日本では2013年に公開されましたが、内容が過激だった為R18+に指定されました。

ルーク・エバンスは強盗に襲われたカップルの男、ドライバーを演じています。ドライバーは善良な一般市民かと思いきや、その正体は狂気の連続殺人犯です。

人気シリーズ『ワイルド・スピード』の悪役を演じる

『NO ONE LIVES ノー・ワン・リヴズ』で恐ろしいキャラクターを演じたルーク・エバンス。レースアクション映画の『ワイルド・スピード EURO MISSION』でも悪役を担当しています。

『ワイルド・スピード EURO MISSION』は、2001年から始まった『ワイルド・スピード』シリーズの6作目に当たる作品です。

ルーク・エバンスはロンドンで暗躍する犯罪組織のボス、 オーウェン・ショウとして登場します。ちなみにオーウェンは続編の『SKY MISSION』や『ICE BREAK』にも出演しますよ。

弓の扱いに長けた青年バルド役を務めた『ホビット』シリーズ

ルーク・エバンスといえば、ファンタジー映画『ホビット』シリーズで弓使いの青年バルドを演じたことでも知られています。

『ホビット』シリーズは2012年〜2014年に3作品公開された作品で、児童小説の『ホビットの冒険』を原作としています。

ルーク・エバンス演じるバルトは3作全てに登場するのですが、第1作目の『ホビット 思いがけない冒険』の劇場公開時には未公開シーンになってしまいました。

『ホビット 思いがけない冒険』が映像ソフト化された際に『エクステンデッド・エディション』と銘打って未公開シーンも全て収録されたので、安心してバルトの活躍を観ることが出来ますよ!

ルーク・エバンスの最新出演作品『ミッドウェー』を紹介!

2019年11月8日にアメリカで公開された、ルーク・エバンスの最新出演作品『ミッドウェー』。

『ミッドウェー』は、太平洋戦争真っ只中の1942年に発生した、ミッドウェー海戦を基に製作された戦争映画です。

ルーク・エバンスはクラレンス・マクラスキー少佐として主要キャストを務めます。クラレンス少佐は実在した人物で、日本軍の作戦を失敗に追い込み、米軍を勝利に導きました。

ルーク・エバンスの出演作品一覧

ルーク・エバンスが出演している作品を一覧で紹介します。※一部抜粋。

映画
  • 2010年 タイタンの戦い デビュー作品
  • 2011年 三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船
  • 2011年 インモータルズ -神々の戦い-
  • 2012年 推理作家ポー 最期の5日間
  • 2012年 NO ONE LIVES ノー・ワン・リヴズ 主演
  • 2012年 ホビット 思いがけない冒険
  • 2013年 大列車強盗 テレビミニシリーズ 主演
  • 2013年 ワイルド・スピード EURO MISSION
  • 2013年 ホビット 竜に奪われた王国
  • 2014年 ドラキュラZERO
  • 2014年 ホビット 決戦のゆくえ
  • 2015年 ハイ・ライズ
  • 2015年 ワイルド・スピード SKY MISSION
  • 2016年 キングのメッセージ
  • 2016年 ガール・オン・ザ・トレイン
  • 2017年 美女と野獣
  • 2017年 ワイルド・スピード ICE BREAK
  • 2017年 ワンダー・マーストン教授の秘密 主演
  • 2018年 10×10 テン・バイ・テン
  • 2018年 エイリアニスト テレビドラマ
  • 2019年 Ma
  • 2019年 マーダー・ミステリー
  • 2019年 Anna
  • 2019年 Angel of Mine
  • 2019年 ミッドウェー
  • 公開時期未定 Dreamland

ルーク・エバンスは2019年から歌手としても活動開始

2019年10月に“Love Is a Battlefield”“Changing”という2枚のシングルをリリースし、ルーク・エバンスは歌手としても活動を開始しました。

翌月にはファーストアルバムの“At Last”を発売。下の動画はアルバム収録曲でデビューシングルの“Love Is a Battlefield”のミュージックビデオです。

ルーク・エバンスの歌手活動は始まったばかりです。これからどんな曲を聴かせてくれるのか、楽しみですね!

若いうちからゲイを公言していたルーク・エバンス

ルーク・エバンスは俳優業が始まって間もない頃から、ゲイであることを公言しています。早めに宣言したからか、ルークには恋の噂は全く浮上していません。

2002年に受けた雑誌のインタビューで、ルークは「自分がゲイなのはみんな知ってるし、隠すつもりもない」と発言しています。

(参考:https://www.advocate.com/arts-entertainment/theater/2011/08/09/breaking-taboo)

また、恋の噂以外もルーク・エバンスはプライベートをほとんど明かしていません。私生活は俳優業とは何の関係もないので、自分の発言で身内に迷惑をかけるのは避けたいのだとか。

(参考:https://www.thejackalmagazine.com/luke-evans-interview)

ルーク・エバンスの紹介まとめ

近年出演作品が増大中な、ルーク・エバンスを紹介させていただきました。

2019年は5本も映画に出演した上、歌手デビューも果たしたので彼にとっては飛躍の年だったのではないでしょうか。

来年以降も1本の映画出演が決まっています。これからどんな映画に登場するのか、今後の活躍に期待したいですね!

ということで最後まで読んでいただきありがとうございました。この記事を読んでルーク・エバンスへの関心が高まったら、出演作品に触れてみて貰えると嬉しいです。

映画をお得に見るなら、DVDショップでのレンタルもいいのですが、動画配信サイトを利用するのが非常にお得です。それぞれに特徴がありますので、まずは1度自分自身に合うサイトかどうかを確認してみてください。

無料体験期間を利用すれば、本登録時のサービスを使うことができます。

最新作を格安で楽しみたい人→無料トライアル実施中!<U-NEXT>

低価格無制限で映画を楽しみたい人→30日間の無料体験期間を試す<Amazon Prime>

ABOUTこの記事をかいた人

ごはん

ごはんと申します。桃屋・ドラゴンボールとは一切関係ございません。 理想の生き方実現に向け、生活環境改造計画進行中。忠犬のごとく「待つ」ことが得意です。webライターとしては主に旅行・映画関係の記事を執筆しております。何事もやり過ぎてしまう傾向があり、ブレーキの踏み加減を日々確かめています。座右の銘は“求めよさらば与えられん”。