南米出身俳優、エドガー・ラミレスの出演作品や慈善活動について紹介

エドガー・ラミレスといえば『CARLOS』や『X-ミッション』といった映画作品で悪役を務めたことで知られる俳優ですね。

南米出身で独特な色気が魅力的なエドガー。そんな彼について、あなたはどこまで知っていますか?

今回はエドガー・ラミレスのことが知りたい方の為に、出演作品や彼の人間性に触れていきます。

この記事を読めば、エドガーの経歴を詳しく知ることが出来ます。ぜひ最後までお楽しみください!

(トップ画像出典:https://vailenespanol.com/el-proximo-proyecto-de-edgar-ramirez-lo-lleva-a-disney/)

エドガー・ラミレスの基本情報

  • 本名:Édgar Ramírez Arellano
  • 生年月日:1977年3月25日(201912月現在42歳)
  • 出身地:ベネズエラのタチラ州サン・クリストバル
  • 職業:俳優
  • 活動期間:2003年〜
  • デビュー作:『Yotama se va volando(2003)

エドガー・ラミレスはベネズエラにあるタチラ州の州都、サン・クリストバル出身の俳優です。

エドガーの父は駐在武官(外交で軍事情報を取り扱う仕事)で、父の仕事の都合から引越しを繰り返す少年時代を送ったそうです。

駆け出しの頃はベネズエラ国内で活躍

大学時代のエドガー・ラミレスは、ジャーナリストを目指していました。しかし、在学中に舞台芸術や映画のキャンペーンに関わっていく内、演技への興味が湧いてきます。

学校で開催していた短編映画祭で、エドガーは脚本家のギジェルモ・アリアガと出会いました。ギジェルモは自身が脚本を担当した映画『アモーレス・ペロス』のオーディションに彼を誘います。

残念ながら『アモーレス・ペロス』への出演は叶いませんでしたが、その3年後に映画『Yotama se va volando』でエドガーは俳優デビューを果たしました。

その後テレビ小説『Cosita Rica』や映画『Punto y Raya』といった作品に出演したエドガー。俳優として駆け出しの頃は、ベネズエラ国内だけで活動していました。

2005年の映画『ドミノ』でハリウッドデビュー

母国ベネズエラでしっかりと役者経験を積んだエドガー・ラミレスは、2005年にアメリカで公開された映画『ドミノ』でハリウッドデビューを飾ります。

『ドミノ』は実在した女性バウンティ・ハンター(賞金稼ぎ)、ドミノ・ハーヴェイの自伝映画です。

ある事件の容疑者としてFBIに拘束されたドミノが、取り調べで自身の半生を語っていくというストーリー。

エドガー・ラミレスは、チョコという怪しい雰囲気の男を演じています。チョコはドミノの仲間として活躍しました。

伝記作品『CARLOS』で、多数の映画賞にノミネートされる

2010年に製作された長編映画『CARLOS』で、エドガー・ラミレスは主人公のカルロスを演じました。

『CARLOS』はベネズエラのテロリスト、カルロスの伝記映画です。本編の長さが5時間38分もあるせいか、3時間前後に短縮されたバージョンも存在します。

カルロスは1970年代〜80年代にテロ行為で数多くの人々を死傷させ、国際指名手配されていました。1994年に逮捕され終身刑判決を受けた現在、彼は刑務所の中で暮らしています。

この作品での演技が評価されたエドガー・ラミレスは、ゴールデングローブ賞やロンドン映画批評家賞など、多数の映画賞にノミネートされました。

エドガー・ラミレスの代表作『X-ミッション』を紹介

『CARLOS』でテロリスト役を演じたエドガー・ラミレスは、2015年公開のアクション映画『X-ミッション』でも犯罪グループのリーダーとして活躍します。

『X-ミッション』は、人並み外れた方法で金品を盗み出し、盗品を貧困層に横流しにする犯罪者集団と、それを捜査する新人FBI捜査官ジョニー・ユタの物語です。

エドガー・ラミレスは犯行グループのリーダー、ボーディを演じています。事件捜査中、ジョニーは命に関わる事故に会うのですが、ボーディが助けたことで2人の間に奇妙な友情が芽生えました。

ドラマ『アメリカン・クライム・ストーリー』で主要キャストに

エドガー・ラミレスはテレビドラマの世界でも活躍しており、アメリカで人気のホラードラマ『アメリカン・クライム・ストーリー』にレギュラー出演していたこともあります。

2016年に放送された『アメリカン・クライム・ストーリー』は、実際の事件をモデルにした犯罪ドラマです。

エドガー・ラミレスは第2シーズンの『アメリカン・クライム・ストーリー/ヴェルサーチ暗殺(2018)』に出演。ファッションデザイナーのジャンニ・ヴェルサーチを演じました。

ジャンニ・ヴェルサーチは実在の人物で、イタリアの高級ブランド“ヴェルサーチ”の創始者です。

エドガー・ラミレスの出演作品一覧

ここまで紹介した作品の他にも、エドガー・ラミレスはたくさんの作品に出演しました。

そこでこの項目では、彼が出演している作品を一覧で見てみましょう。※一部抜粋。

出演作品一覧
  • 2003年 Yotama se va volando デビュー作品
  • 2003年 Cosita Rica テレビドラマ
  • 2005年 ドミノ
  • 2008年 バンテージ・ポイント
  • 2010年 CARLOS 主演
  • 2012年 タイタンの逆襲
  • 2013年 リベレイター 南米一の英雄 シモン・ボリバル 主演
  • 2014年 NY心霊捜査官
  • 2015年 X-ミッション 主演
  • 2015年 ジョイ
  • 2016年 ハンズ・オブ・ストーン 主演
  • 2016年 ゴールド/金塊の行方
  • 2017年 ブライト
  • 2018年 アメリカン・クライム・ストーリー/ヴェルサーチ暗殺 テレビドラマ
  • 2018年 Furlough
  • 2018年 La Quietud
  • 2019年 Wasp Network
  • 2020年 ジャングル・クルーズ
  • 2021年 355
  • 公開時期未定 Resistance
  • 公開時期未定 The Last Days of American Crime 主演
  • 公開時期未定 Yes Day

慈善活動にも積極的なエドガー・ラミレス

エドガー・ラミレスは熱心な慈善活動家としても知られています。彼は国際人権団体の『アムネスティ・インターナショナル』の“No Dispares”という活動を支援しました。

“No Dispares”はスペイン語で“引き金を引くな”という意味で、銃による事故や事件を無くそうという活動です。

(参考:https://everythingaboutedgarramirez.wordpress.com/2007/12/19/edgar-ramirez-nueva-imagen-de-amnistia-internacional/)

エドガーは他にも、聴覚や視覚に障がいを抱える子供達を支援する『5 Senses in Action』という活動に参加したり、国立児童基金の親善大使に任命された事もあります。

エドガー・ラミレスの交際関係は?

ラテン系特有の大人っぽい色気が魅力的なエドガー・ラミレスですが、交際関係についてはほとんど明らかになっていません。

エドガーが主演を務めた映画『ハンズ・オブ・ストーン(2016)』で共演したキューバ出身の女優、アナ・デ・アルマスと一時期交際が噂されたことはあります。

しかし、アナはエドガーとの関係を「ただの仲が良い友達」とコメント。それ以上の仲については否定しました。

(参考:https://www.vogue.co.jp/celebrity/risingstar/2017-11-09)

エドガー・ラミレスの紹介まとめ

南米からハリウッド映画に進出した俳優、エドガー・ラミレスについて紹介させていただきました。

2020年7月公開予定のディズニー映画『ジャングル・クルーズ』への出演が決まっている彼。本作でもエドガーは悪役を務めるそうです。どんな活躍を見せるのか、公開が楽しみですね!

ということで最後まで読んでいただきありがとうございました。この記事を読んでエドガー・ラミレスについて興味が高まったら、出演作品を視聴してみて貰えると嬉しいです。

映画をお得に見るなら、DVDショップでのレンタルもいいのですが、動画配信サイトを利用するのが非常にお得です。それぞれに特徴がありますので、まずは1度自分自身に合うサイトかどうかを確認してみてください。

無料体験期間を利用すれば、本登録時のサービスを使うことができます。

最新作を格安で楽しみたい人→無料トライアル実施中!<U-NEXT>

低価格無制限で映画を楽しみたい人→30日間の無料体験期間を試す<Amazon Prime>

ABOUTこの記事をかいた人

ごはん

ごはんと申します。桃屋・ドラゴンボールとは一切関係ございません。 理想の生き方実現に向け、生活環境改造計画進行中。忠犬のごとく「待つ」ことが得意です。webライターとしては主に旅行・映画関係の記事を執筆しております。何事もやり過ぎてしまう傾向があり、ブレーキの踏み加減を日々確かめています。座右の銘は“求めよさらば与えられん”。