スケートボーダーから役者に転身した、ジェイソン・リーの情報まとめ

あなたは、ジェイソン・リーという俳優の名前を知っていますか?彼はスケートボードのプロ選手から役者へと転身し、成功を収めた人物です。

今回はそんなジェイソンについて知りたい方のために、彼の出演作品やプライベートな情報についてまとめてみました。

この記事を読めば、ジェイソン・リーの経歴について詳しくなれます。ぜひ最後まで読んでみてください!

(トップ画像出典:http://www.fanpop.com/clubs/jason-lee/images/1424453/title/jason-wallpaper)

ジェイソン・リーの基本情報

  • 本名:Jason Michael Lee
  • 生年月日:1970年4月25日(20201月現在49歳)
  • 出身地:アメリカ合衆国カリフォルニア州オレンジ郡オレンジ市
  • 職業:俳優、元プロスケートボーダー
  • 活動期間:1988年〜1996年(スケートボーダーとして)/1993年〜(俳優として)
  • デビュー作:『Mi Vida Loca(1993)

ジェイソン・リーは、カリフォルニア州にあるオレンジという都市出身の俳優です。彼の父グレッグはカーディーラー、母キャロルは専業主婦でした。

プロスケートボーダーから俳優へ転身した異色の経歴

ジェイソン・リーは子供の頃、スケートボードに夢中になっていました。彼はスケートボードに関して確かな才能を持っていたようで、18歳で早くもプロスケートボーダーとしてデビューします。

そんなジェイソンが、どうして俳優に転身したのでしょうか。それは映画監督のスパイク・ジョーンズが手がけた映像作品に出演したことがきっかけでした。

スパイク・ジョーンズ監督はアメリカのロックバンド“ソニック・ユース”が1992年にリリースしたアルバム『ダーティ』の収録曲『100%』のミュージックビデオを製作します。

下の動画は『100%』のMVです。映像中にスケボーでアクションをするシーンがあり、ジェイソン・リーはプロスケートボーダーとしてパフォーマンスする1人として出演しました。

1995年公開の映画『モール・ラッツ』で初主演の座に

『100%』のミュージックビデオに出演したことがきっかけで、俳優の仕事が舞い込んでくるようになったジェイソン・リーは、1994年までは映画の端役をこなして実績を積んでいました。

そして1995年公開の映画『モール・ラッツ』で待望の初主演を担当します。

『モール・ラッツ』は漫画オタクのフリーター、ブロディ・ブルース(演:ジェイソン)とTS・クイントの物語です。

この映画で監督を務めたケヴィン・スミスから気に入られたのか、その後ジェイソン・リーはケヴィンが監督を務める作品に何度も起用されることになります。

ケヴィン・スミス監督の作品に数多く出演

『モール・ラッツ』以降、ジェイソン・リーはケヴィン・スミス監督作品の常連となりました。

ジェイソン・リーが出演したケヴィン・スミス監督作品
  • 1995年 モール・ラッツ
  • 1997年 チェイシング・エイミー
  • 1999年 ドグマ
  • 2001年 ジェイ&サイレント・ボブ 帝国への逆襲
  • 2004年 世界で一番パパが好き!
  • 2006年 クラークス2/バーガーショップ戦記
  • 2010年 コップ・アウト 〜刑事した奴ら〜

これらの中でも『チェイシング・エイミー』は、ジェイソン・リーがインデペンデント・スピリット賞の助演男優賞を受賞した作品なので、オススメです!

代表作はテレビドラマ『マイネーム・イズ・アール』

ジェイソン・リーの代表作は、2005年から2009年まで放送されていたテレビドラマ『マイネーム・イズ・アール』です。

『マイネーム・イズ・アール』は、小悪党アール J. ヒッキー(演:ジェイソン・リー)を主人公にしたコメディ作品です。

事故にあったり、妻から離婚を切り出されたりと不幸な出来事が続いたアールは、それまでの行いを反省し善い事をしようと奮闘します。

この作品はプライム・タイムエミー賞を2年連続で受賞するなど、高く評価されています。またジェイソン・リーはこの作品の製作も兼務しました。

アニメ映画でも活躍しているジェイソン・リー

 ジェイソン・リーは、テレビ・映画でアニメの声優を務めていることでも知られています。

主な作品に『Mr.インクレディブル(2004)』や『モンスター・ハウス(2006)』、『鉄ワン・アンダードッグ(2007)』などがあります。

2015年から放送されているテレビアニメ『We BARE BEARS』では、ビッグフットのチャーリーの声優として準レギュラー出演しています。

下の動画は『We BARE BEARS』の予告動画になります。主役のクマ、しろくま、パンダの3頭がとっても可愛いので、今後日本でもブームになるかも知れませんよ!

ジェイソン・リーの出演作品一覧

ここまで紹介した作品の他にも、ジェイソン・リーは様々な作品に出演しました。

そこで、こちらの項目では彼が出演した作品を一覧で紹介します。※一部抜粋。

映画
  • 1993年 Mi Vida Loca デビュー作品
  • 1995年 モール・ラッツ 主演
  • 1997年 チェイシング・エイミー
  • 1999年 ドグマ
  • 1999年 マムフォード先生
  • 2000年 あの頃ペニー・レインと
  • 2001年 ハートブレイカー
  • 2001年 バニラ・スカイ
  • 2003年 ドリームキャッチャー
  • 2004年 Mr.インクレディブル アニメ映画
  • 2007年 鉄ワン・アンダードッグ アニメ映画
  • 2007年 アルビン/歌うシマリス3兄弟  主演
  • 2009年 アルビン2 シマリス3兄弟 vs. 3姉妹
  • 2011年 アルビン3 シマリスたちの大冒険 主演
  • 2014年 Behaving Badly
  • 2015年 アルビン4 それいけ!シマリス大作戦 主演
  • 2017年 Growing Up Smith 主演
  • 2019年 Jay and Silent Bob Reboot
  • 公開時期未定 Diamond 製作・脚本兼務

テレビ
  • 2005年〜2009年 マイネーム・イズ・アール 主演 製作兼務
  • 2010年 Memphis Beat
  • 2011年 Up All Night
  • 2015年〜 We BARE BEARS アニメ

ジェイソン・リーの趣味はインスタントカメラ

ここからは、ジェイソン・リーのプライベートな情報について紹介していきましょう。

ジェイソンの趣味はインスタントカメラで写真撮影することで、2000年ごろからハマっているそうです。

下の画像は、ジェイソン・リーのインスタに投稿されている、彼が撮影した写真の一部です。

2016年には、ジェイソンがインスタントカメラやポラロイドカメラで撮影した写真集を発売。500部の限定版でしたが、予約時点で完売するほどの人気ぶりでした。

ジェイソン・リーの交際関係を紹介

ジェイソン・リーは1995年に写真家のカルメン・ルウェリンと結婚しました。カルメンは女優としても活動しています。

2人の関係は6年ほど続きましたが、ジェイソンが新興宗教“サイエントロジー”にハマってしまったことが原因で離婚しました。

(参考:https://web.archive.org/web/20120911121200/http://technorati.com/entertainment/celebrity/article/obsession-with-scientology-ruined-actor-jason/)

カルメンと別れた後、ジェイソンは女優のベス・リースグラフ交際を開始します。ベスはジェイソンとの婚約中に男の子を出産しました。

そのまま結婚するのかと思いきや、2007年に破局してしまいます。ベスと別れた翌年、ジェイソンはファッションモデルで女優のセレン・アルカックと結婚。

ジェイソンとセレンの間には3人の子供が生まれています。2020年現在、ジェイソン・リーの家族はテキサス州デントンで幸せに暮らしているようです。

ジェイソン・リーの紹介まとめ

スケートボーダーから俳優に転身し、大成功を収めたジェイソン・リー。

現在製作中の映画『Diamond』で、ジェイソンは脚本・製作を担当しています。まだあまり情報が解禁されていないので、どんな作品に仕上がるのか、楽しみに待ちましょう!

ということで最後まで読んでいただきありがとうございました。この記事を読んでジェイソン・リーについて更に知りたくなったら、出演作品をぜひ手に取ってみてください。

映画をお得に見るなら、DVDショップでのレンタルもいいのですが、動画配信サイトを利用するのが非常にお得です。それぞれに特徴がありますので、まずは1度自分自身に合うサイトかどうかを確認してみてください。

無料体験期間を利用すれば、本登録時のサービスを使うことができます。

最新作を格安で楽しみたい人→無料トライアル実施中!<U-NEXT>

低価格無制限で映画を楽しみたい人→30日間の無料体験期間を試す<Amazon Prime>

ABOUTこの記事をかいた人

ごはん

ごはんと申します。桃屋・ドラゴンボールとは一切関係ございません。 理想の生き方実現に向け、生活環境改造計画進行中。忠犬のごとく「待つ」ことが得意です。webライターとしては主に旅行・映画関係の記事を執筆しております。何事もやり過ぎてしまう傾向があり、ブレーキの踏み加減を日々確かめています。座右の銘は“求めよさらば与えられん”。