【池ももこ】料理家インフルエンサーとして活躍中の彼女の経歴とは

「池ももこか。ネットでよく見かける女性だけど、一体どんな人なんだろう…。」

池ももこは、「Instagram(インスタグラム)」や「Youtube(ユーチューブ)」などで、料理家のインフルエンサーとして注目を集めている女性です。

誰でも簡単に美味しい料理が作れる、「4stepレシピ」を編みだし、主に女性から人気があります。

そこでこの記事では、料理家インフルエンサーとして知られている、池ももこの経歴などについて解説していきますね。

cuterest編集部

この記事を読んで、池ももこの魅力について理解してもらえたら、うれしいです。

アイキャッチ画像出典:https://www.reservestock.jp/subscribe/44409

池ももこってどんな人?

池ももこは、ネット上で注目を集めているインフルエンサーです。1988年生まれの32歳です。

彼女は、フードスタイリストやイメージスタイリスト、料理家といった様々な肩書きを持つ女性でもあります。

主に料理家として活動していて、彼女が作ったレシピは、美味しく食べてきれいになれると、女性から高評価を得ています。

また、ネット上だけでなく、フジテレビの料理番組にレギュラー出演するなど、テレビでの出演も果たしていますよ。

池ももこの出身地や学歴について

https://pixabay.com/ja/photos/%E6%99%82%E9%96%93-%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%9E%E3%83%BC-%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%83%83%E3%82%AF-%E6%99%82%E8%A8%88-371226/

次に、池ももこの出身地や学歴について紹介していきます。彼女の出身地は、七夕祭りで有名な、神奈川県平塚市です。現在は、東京都豊島区に住んでいるとのことです。

高校は、神奈川県藤沢市の亀井野にある、日本大学藤沢高等学校に通っていました。高校卒業後は、東京都渋谷区にある青山学院大学経営学部に在籍し、卒業しています。

出身地や学歴だけを見てみると、この時点では特別、料理と深い縁があるわけではないようです。

池ももこが料理に興味を持ったきっかけ

https://pixabay.com/ja/photos/%E9%A3%9F%E4%BA%8B-%E9%A3%9F%E5%93%81-%E5%A4%95%E9%A3%9F-%E6%98%BC%E9%A3%9F-918639/

元々、池ももこは料理と深い縁がありませんでした。では、なぜフードスタイリストとして活動するようになったのか、気になる人もいるかと思います。

彼女は、某アパレル商社の販売職で働いた経歴があります。販売職で働くうちに生活が不規則になってしまい、10kg以上の激太りを経験することになってしまうのです。

激太りを解消するために、彼女は独学で料理について勉強し、彼女が編み出した独自の料理方法で、ダイエットに成功を果たしました。

その後、池ももこは料理でダイエットに成功した経験を活かし、初心者でも見栄えのする家庭料理教室を開催します。さらに企業の食品開発にも携わり、フードスタイリストとして活動するようになったのです。

池ももこは、どんな活動をしているの?

池ももこは、料理家をメインにした活動を行っています。2020年2月時点、具体的な活動内容を3つ挙げると、以下の通りです。

3つの活動
  • 【cooking school】池ももこが独学で編み出した、「簡単4step レシピ」の料理教室
  • 【styling work】企業のイメージアップを図るための、スタイリングやディスプレイを提案
  • 【brand produce】イベントブースのディスプレイ装飾に携わる独自ブランド、「Thanks Birthday」をプロデュース

個人向けだけでなく、企業に向けた活動も行っていて、幅広い分野で活躍していることが分かりますね。

池ももこの大切にしていること「きれいとおいしいはつくれる」

池ももこが行っている活動のコンセプトは、「きれいとおいしいはつくれる」ということです。元々、彼女は料理が苦手で、お米を自分で炊くことすらできませんでした。

そんな彼女が、独学で料理について勉強し、どんなに料理が苦手な人でも簡単にできる、「簡単4step レシピ」を編み出しました。

どんなに料理が下手な人でもごはんを美味しく食べて、美しいスタイルになり、仕事もプライベートも充実させて欲しいという思いが、池ももこの願いです。

池ももこのブログで「cooking school」の情報発信

https://ameblo.jp/momokoike0302/

池ももこは、「アメブロ」にてブログを公開しています。ブログでは、彼女が行っている「cooking school」の情報や、企業の商品開発に携わった商品情報などを発信中です。

ちなみに、2020年2月には「そのままギフティング♡簡単4step!グルテンフリーのお豆腐オレンジチョコブラウニーレッスン」が開催されました。

料理だけでなく、料理の写真撮影のコツや、季節やレッスンのテーマに合せたデーブルコーティネートの方法も伝授してくれます。

池ももこの料理教室が気になる人は、ぜひ以下のリンクをクリックして、最新情報を確認してみてください。

池ももこのインスタ。数々のレシピを公開中。

池ももこは、「Instagram(インスタグラム)」をしています。彼女のインスタでは、彼女が手がけたレシピの数々が公開されています。

またレシピ以外にも、彼女の日常においての顔が垣間見える画像もあり、レシピだけでなく、池ももこという人物に興味がある人でも楽しめますよ。

「Instagram」では、リアルタイムで彼女のアップした画像が見られるので、ぜひチェックしてみてください。

ちなみに、池ももこのインスタは、フォロワー数1.4万人もの影響力があります。インスタ画像のコメントでは、彼女のテーブルコーディネートに関する評判がありましたので、2つ紹介しますね。

花瓶とお花に目が行きました💕

出典:https://www.instagram.com/p/B6zHWuegs0G/?utm_source=ig_web_button_share_sheet

素敵なテーブルコーディネートありがとうございました😍✨

出典:https://www.instagram.com/p/B6zHWuegs0G/?utm_source=ig_web_button_share_sheet

料理だけでなく、デーブルコーディネートに関してもセンス抜群の彼女です。また、1つの画像につき、100~200「いいね!」数が付いているものがほとんどです。

池ももこの人気レシピ「シナモンコーヒーゼリー」

池ももこが手がけた料理の中でも、特に人気のあるレシピが「シナモンコーヒーゼリー」です。

こちらのゼリーは、混ぜて・型に入れて・固めて・盛り付けるだけでできる、誰でも簡単にできるレシピです。

市販のコーヒーゼリーが苦くて食べられない人にも、安心して食べられるように考えられたレシピなので、美味しく食べられますよ。

ぜひ、動画を参考にして「シナモンコーヒーゼリー」の料理に挑戦してみてはいかがでしょうか。

池ももこは「BAILA(バイラ)」にも掲載されている

https://baila.hpplus.jp/

池ももこは、30代女性向けファッション雑誌、「BAILA(バイラ)」に掲載されたことがあります。

「バイラーズ」と呼ばれる読者モデルの中でも、「スーパーバイラーズ」として認定されています。

「BAILA(バイラ)」では、彼女が企業の商品開発で手がけた、「4stepレシピ◎コンビニ板チョコで簡単バレンタインスイーツ」が紹介されました。

https://baila.hpplus.jp/34849

見栄えのある手作りチョコを作りたいんだけど、時間がなくてできないという人に向けた、バレンタインチョコです。

料理が苦手な人でも、切って・溶かして・混ぜて・固めるだけでできる簡単なレシピですよ。

こちらのバレンタインチョコのレシピが気になる人は、「BAILA(バイラ)」公式サイトでも公開中なので、ぜひチェックしてみてください。

まとめ

ここまで、料理家インフルエンサーとして知られている、池ももこの経歴などについて解説していきました。

池ももこは、ダイエットに成功した経験を活かして、料理家をメインに活動しています。

2019年秋以降、料理家としての活動が減ってしまいましたが、2020年2月から、再び活動を再開しています。

料理教室やその他の活動の情報に関しては随時、ブログや「Instagram(インスタグラム)」で発信中なので、ぜひチェックしてみてくださいね。

cuterest編集部

池ももこは、今後の活躍に期待されている料理家です。ぜひ、ブログや「Instagram(インスタグラム)」などで、彼女の活動内容をチェックしてみてはいかがでしょうか。

映画をお得に見るなら、DVDショップでのレンタルもいいのですが、動画配信サイトを利用するのが非常にお得です。それぞれに特徴がありますので、まずは1度自分自身に合うサイトかどうかを確認してみてください。

無料体験期間を利用すれば、本登録時のサービスを使うことができます。

最新作を格安で楽しみたい人→無料トライアル実施中!<U-NEXT>

低価格無制限で映画を楽しみたい人→30日間の無料体験期間を試す<Amazon Prime>

ABOUTこの記事をかいた人

ふぉむ

介護職員(6年目)兼、「ふぉむウェブメディア」の個人事業主として活動中です。 出勤前、帰宅後、休日の時間に月10記事から20記事をメドに(1記事あたり文字数平均3,000~4,000字)納品しています。得意なことは①SEOライティング②納期厳守③ジャンルに合わせた記事執筆です。以下は記事を掲載しているメディアです。 ①Cuterest(芸能) ②やすたび(観光) ③DEBIT INSIDER(金融) ④ルアナ占い(占い) ⑤高級家具.com(インテリア) ⑥エグゼクティブナビ(転職) 水族館の情報サイト「ふぉむすい」を運営中です。 Google検索上位表示の記事多数。 水族館とwebライティングをこよなく愛するお魚さん。