日本を代表するファッショニスタ高田朋佳。そのオシャレすぎる魅力とは!

みなさんはこのスーツの良く似合う男性、高田朋佳(たかだともよし)さんという方を知っていますか?

高田朋佳さんはずば抜けたファッションセンスで、アパレル業界でも憧れる人がいるほどのインフルエンサーなんです。

ぴったりと分けられた髪型、ピンと清潔なスーツにかっこいい!と思った方は多いはず。

もちろん、ファッションセンスだけが魅力なのではありません!今回は、そんな彼の出身地や経歴、素顔など、彼の魅力の理由にせまっていきたいと思います。

(画像出典:https://therakejapan.com/tokyo/japan/20180825/783/)

高田朋佳はあのジーンズ会社で働いていた!

(画像出典:https://shop.evisu.jp/)

高田朋佳さんは、東京の服飾専門学校を卒業した後、日本の高級ジーンズブランドEVISU JEANS(エヴィスジーンズ)に入社します。そこから高田さんの販売員としての道のりがスタートしました。

しかし、当時のエヴィスジーンズはそんなに華やかなものではありませんでした。

高田さんが入社した当時のエヴィスジーンズではなんと全員丸坊主、ジーンズをなじませるため寝るときも上下ジーンズと相当厳しかったようです。

それが理由かはわかりませんが、すぐにエヴィスジーンズを退職。高田さんは当時の状況をまるで寺修行だったと振り返っています。そこで、高田さんが次の職場に選んだのがビームスでした。

ビームス入社後、高田朋佳についた愛称は”ミスターギンザ”

ビームスに入社

高田さんはエヴィスジーンズを退社後、ビームスにアルバイトとして入社し、間も無く中途採用での正社員試験を受けます。

結果は、一発合格。当時は、中途採用試験が年に一度しかなかったので、合格するのに数年かかる人も多かったそうです。高田さんの実力がいかにすごかったかが伺えますよね。

“ミスターギンザ”と呼ばれるように

その後、ビームスでの勤続年数を重ねるたび、高田さんは頭角を現していきます。いつしか呼ばれた愛称は”ミスターギンザ“!

ビームス銀座店での店歴が長かったことも理由の一つですが、ずば抜けたファッションセンスや存在感、まさに高田さんのカリスマ性が如実に出た愛称だと言えます。

写真を見てもミスターギンザと言われるのにも納得のいく風格ですよね。

現在はビームスを退職し、シンガポールで活動中

転機が訪れたのは2019年、高田さんがビームスに勤続13年目の時でした。高田さんはシンガポールのコロニークルージングというお店で新たな挑戦をするべく、ビームスを退社。

コロニークロージングはビームス時代に高田さんが最もお世話になった河村浩三さんの立ち上げたお店で、2014年にスタートして以来、シンガポールのファッションシーンで確かな地位を築き上げています。

高田さんはシンガポールという発展途上の地で、新たな市場の可能性を見出し、転職を決めたと言います。

「新しいことをするなら今!」という高田さんの判断は、常に自分の成長のためにチャレンジしてきた高田さんの信念とも言えます。

河村さんとのエピソード

河村さんはその知識の広さとアクティブなライフワークからビームス社内でも信奉者は多く、高田さんもその一人でした。河村さんの住む湘南に、高田さんが引っ越したことも…!

インスタグラマーとしての高田朋佳

現在、高田朋佳さんのインスタグラムのフォロワー数はなんと8.6万人。行動の拠点をシンガポールに移した後も、登録者数は伸び続けています。

最近の投稿の中心は、高田さんの所属するコロニークロージングのアパレルを用いたコーディネートが多いです。

高田さんはご覧の通りイケメンですので、その投稿のどれもに目を奪われます。コーディネートは一つとして同じものがなく、過去の投稿を戻って見ても、非常に楽しいです。

あなたも高田さんをフォローして、お気に入りのコーディネートを見つけてみてはいかがでしょうか?

高田朋佳はソックスを履かない

高田さんの代名詞とも呼ぶべきスタイル、「ソックスを履かない」スタイリング。

しかし、嫌味な感じに見えないのは他の品のあるアイテムや、落ち着いたカラー選びですっきりとまとめているからなんです。

また、足元がすっきり見えるよう、パンツを短く仕立てることも高田さんの特徴で、カッチリした雰囲気もどこかリラックスした印象になっています。

品をもたせつつ、遊び心を忘れない。そんな高田さんの信念が現れた形とも言えるでしょう。

オシャレすぎる!高田朋佳のスタイリング3選

ここまで高田さんの経歴やいろんな一面について触れてきましたが、ここで高田さんのベストコーディネートをインスタグラムから3つ、Cuterest編集部がご紹介。

高田さんのカッコ良さはさることながら、しっかりコーディネートの参考にもなります。それでは早速見ていきましょう!

爽やかなスーツカジュアルスタイル

こちらは、ネイビーのスイーツに白のパンツが爽やかなスタイリング。

パンツカラーを白でチョイスしたり、くるぶしを見せるなど、上品な中にもカジュアルなポイントが散りばめられています。

黒×茶でまとめたカジュアルセットアップ

また、高田さんのスタイリングでは、色づかいにも注目すべきでしょう。全体は茶色のジャケット、パンツのセットアップ、インナーと足元は黒色でまとめています。

黒と茶色の2色でまとめることでメリハリがつき、全体がまとまった印象になります。

休日の大人ラフスタイル

スーツのスタイリングが多い高田さんですが、ラフなスタイリングも必見です。

白いシャツジャケットにカラーのショートパンツが映えており、ラフかつ大人の色気を際立たせる技ありなスタイリングです。

高田朋佳の子供が超かわいい!

高田さんには、奥さんと2人のお子さんがいます。高田さんは行動の拠点をシンガポールに移しているため、家族全員でシンガポールで暮らしています。

こちらはシンガポールでの家族写真。はっきりとしたお顔立ち、お子さんも高田朋佳さん似でしょうか?

将来は高田さんのセンスを引き継ぎ、ビッグなインフルエンサーになっているかもしれませんね。これからの成長も非常に楽しみです。

高田さんのインスタグラムの投稿でもちょくちょくお子さんとの写真の投稿が見られます。ファッションだけでなく、家族と過ごす暖かい表情の高田さんもぜひチェックしてみてくださいね。

高田朋佳はサーフィン好き

高田朋佳さんはサーフィン好きとしても知られています。黒く焼けた肌に、引き締まった体、サーフィン好きというのも見た目からも納得できます。

インスタグラムでもちらほらサーフィンの投稿が見られますので、相当好きなようですね。

高田さんは普段はかっちりとしたスーツスタイルが多いですが、サーフィンや海に出かける時のラフなスタイルもスーツ姿の時とのギャップがあり、やはりカッコいいです。

ちなみに高田朋佳さんがサーフィンを始めるきっかけになったのは、やはり高田さんが尊敬している河村さんからの影響が大きいようです。

仕事上でもお互いに信頼の厚い関係ですが、プライベートからも二人の仲の良さが見てとれますね。

オシャレさん好きはこの人たちもチェック?!

ここまで読んで、高田朋佳さんのスタイリングがかっこいい!と思った方はきっと「オシャレかつダンディなスタイル」が好きなのではないでしょうか?

今回、Cuterest編集部が「オシャレかつダンディなスタイル」のインスタグラマーをピックアップ。

あなたのお気に入りのインスタグラマーが見つかると嬉しいです。ぜひ、コーディネートの参考にしてみてはいかがでしょうか?

福島雄介

福島さんは、クールさとセクシーさを持ち合わせた大人のスタイリングが特徴。

福島さんはメンズブランド、ナノユニバースのバイヤーを務めながら、Youtubeチャンネル「Tiamo La moda(ティアモ・ラ・モーダ)」のMCを務めているインフルエンサーなんです!

西口修平

西口さんは、ビームスFのディレクターを務めており、高田さんとも過去に仕事を一緒にされていました。

トレンドを逃さないスタイリングに定評があり、その高感度は業界随一とも言われています。西口さんをフォローしておけばトレンド対策はバッチリではないでしょうか。

まとめ

今回は、高田朋佳さんの出身地や経歴、素顔など、彼の魅力について紹介しました。

今回の記事を通して少しでも高田さんを知り、より興味を持っていただけたのなら非常に嬉しいです。

とってもおしゃれなインフルエンサーなので、ぜひ今日から好きなファッションインフルエンサーとして自慢してみてください!

これまでにも、幾多の挑戦を成功に変えてきた高田さん。これからも進化が止まらない高田さんのコーディネート、活動にも注目していきましょう!

映画をお得に見るなら、DVDショップでのレンタルもいいのですが、動画配信サイトを利用するのが非常にお得です。それぞれに特徴がありますので、まずは1度自分自身に合うサイトかどうかを確認してみてください。

無料体験期間を利用すれば、本登録時のサービスを使うことができます。

最新作を格安で楽しみたい人→無料トライアル実施中!<U-NEXT>

低価格無制限で映画を楽しみたい人→30日間の無料体験期間を試す<Amazon Prime>

ABOUTこの記事をかいた人

kanta

【私の好きなもの】キャンプ、旅行、買い物(とにかくじっとしてられません) 【私のモットー】地道・愚直・徹底的 【私の肩書き】会社員 【私はどんな人か】合理的ではあるが、たまに情に厚い時もある。 【私の好きな人】考え方が柔軟な人、他人に何かを与えられる人 【最近の自虐ネタ】同じ忘れ物を三連続したこと 【私の理想】ライターとしての収益を軸にする