プラダのモデルも!アンセル・エルゴートの魅力・高校からの恋人とは?

”完璧すぎるイケメン俳優”、アンセル・エルゴートをあなたはご存知ですか?

アンセルは2013年に俳優としてデビューしたばかりなので、もしかすると、彼のことを知らない人も多いかもしれませんね。

実は、彼は俳優以外にも、高級ブランド”プラダ”のファッションモデルを経験していたり、DJとして音楽活動を行っている多彩な一面があるんです。

そんなアンセル・エルゴートの出演作品、プライベート、そして彼の恋人について、今回は詳しくご紹介していきます。

(トップ画像出典:https://screenonline.jp/_ct/17102976)

”奇跡の新人”アンセル・エルゴートのプロフィール

アンセル・エルゴートが”奇跡の新人”と呼ばれる理由は、初主演作品で300億円超え、デビューからわずか6年で出演作品の総収益が1300億円という数字を見れば納得です。

アンセルはアメリカ・ニューヨーク生まれの俳優で、2019年現在は25歳。芸術一家に生まれ、父はファッション雑誌Vogueのカメラマン、母は舞台のオペラディレクターを務めています。

子供の頃にはニューヨークにあるバレエの名門校に通っていて、演劇を学び始めたのは12歳のときから。その後、高校の演劇や、ニューヨーク・ブロードウェイにある小さな劇場で演じていました。

アンセルのデビュー作品は2013年公開のホラー映画『キャリー』です。俳優としてのキャリアはまだまだですが、きっと彼の実力がずば抜けているため、こんなに短期間で有名になれたのでしょうね。

アンセル・エルゴートの出演作品

2013年のデビューから6年間の間に出演した、アンセル・エルゴートの作品をご紹介します。映画の本数は10本と、かなり頻繁に出演していますね。

  • キャリー(2013年)
  • ダイバージェント(2014年)
  • きっと、星のせいじゃない。(2014年)
  • ステイ・コネクテッド〜つながりたい僕らの世界(2014年)
  • ダイバージェントNEO(2015年)
  • ペーパータウン(2015年)
  • ダイバージェントFINAL(2016年)
  • ベイビー・ドライバー(2017年)
  • クリミナル・タウン(2017年)
  • ビリオネア・ボーイズ・クラブ(2018年)
Cuterest編集部

2015年の作品『ペーパータウン』は、”カメオ出演”作品です。

クロエ・グレース・モレッツ主演『クリミナル・タウン』について解説

2019年8月17日

アンセル・エルゴートは『ベイビー・ドライバー』で魅力が爆発!

アンセル・エルゴートの出演作品のなかでも、彼を一躍有名にしたのが『ベイビー・ドライバー』でした。

『ベイビー・ドライバー』は先に脚本を書いて、後から音楽を合わせるのではなく、約30曲のロックやポップスの曲を元に音に合わせて脚本を書いている、一風変わった映画です。

予告を見るだけでも、映画内でのリズム感が伝わってくると思います。

”ベイビー”とは、主演を務めるアンセルの名前です。チームで強盗をするために”逃がし屋”のアンセルが車を派手に運転して、次々と追ってくる警察から仲間を逃がす役柄を演じています。

アンセルの役、ベイビーは口数が少ないキャラクターですが、セクシーな彼の演技に人気が大爆発!

さらに、劇中では彼がデビューするまでに経験していた舞台やミュージカルの動きが現れているので、アンセルのことを知りたいあなたは要チェック作品です!

Cuterest編集部

映画の冒頭で運転しているスバルWRXは、撮影終了後にアンセルへプレゼントされたそうですよ。

プラダのモデルもこなす!イケメン俳優アンセル・エルゴート

出典:http://www.prada.com/ja/collections/advertising-campaign/archive/man-ss-2015.html

出演映画で様々な顔を見せるアンセル・エルゴートですが、過去に高級ファッションブランドで有名なプラダのモデルもこなしていたんです。

2015年ということは、アンセル・エルゴートは当時21歳。オレンジの皮をむくだけでさまになるなんて、アンセル君さすがです…!

Cuterest編集部

プラダの2015年春夏シーズンは、アンセル・エルゴート以外にもイーサン・ホーク、ジャック・オコンネル、マイルズ・テラーの豪華な俳優陣がモデルに起用されました!

さらにDJでも活躍。アンセル・エルゴートは多彩な才能の持ち主

アンセルは俳優やモデル以外にも、ミュージシャンとして音楽活動を行っています。現時点で5枚のアルバムを出しているほど本格的なんです。

2015年には日本で大人気の音楽フェス「ULTRA JAPAN」にDJ Ansolo(アンソロ)としても出演しています。

現在、来日予定はありませんが、iTunesやSpotifyで音楽配信を行っており、”ansel elgort”で検索すると彼の歌声をたっぷりと聴くことができますよ。

Cuterest編集部

「普段は古い曲も新しい曲も、なんでも聴くよ!」と彼は話しています。

アンセル・エルゴートはBTS(防弾少年団)の大ファン!

そんな彼が聴く曲のなかでも大好きなアーティストが、BTS(防弾少年団)なんです。

過去に、アンセルのツイッターのプロフィール画像をBTSのメンバー、テテにしてしまったり、ベイビードライバーの来韓試写会にBTS(防弾少年団)を招待してしまうほど。

BTSのファンからは、K-POPにどっぷりとハマってしまったアンセルについて、このような投稿がありました。

別垢の洋画沼とBTS沼が、アンセルくんによって繋がりそうなんですけど😂

アンセル
自分がインタビューされてるのに
『BTS~~❤️』と叫ぶ。笑

いやアンセルくん個人別でファン垢フォローしてんの?!!全然知らんかったて!いやもうarmyすぎて泣いた!同士!!!

残念ながら彼女持ち。でも彼女一筋だから許せちゃう?

アンセルには現在彼女がいます。お相手はダンサーのヴァイオレット・コミシャンで、2人は高校のときに出会い、現在までお付き合いをしているそうです。一途な男性なんですね。

一時期破局をした過去はありますが、現在の2人は仲直り。アンセルが彼女の写真を撮影したり、映画のプロモーションに彼女が同行したり、2人はとってもラブラブです!

Cuterest編集部

ちなみに、アンセル君の初体験は「14歳の頃」だそう♡

気軽に会えちゃう!?ファンとの繋がりを大切にするアンセル

実は、アンセル・エルゴートは”ハリウッド一近づきやすい俳優”としても有名なんです。

彼の公式ツイッターでは、2014年にこのような投稿がありました。

Hey if any of you meet me in real life just come up and speak to me like a NORMAL person. Please. I beg of you!!!

(出典:https://twitter.com/AnselElgort/status/424640267468406784)

訳すると、「もし、君たちがプライベートで僕に会ったら、ただ近寄って、普通の人と接するように話しかけて。本当に、お願いだから!!!」という意味。

さらに、アンセルから現在位置を発信して、ファン達と直接会う活動も行っているようです。

Cuterest編集部

彼に会いたい人は、SNSのフォロー必須です!!

彼の可愛い一面が見れるインスタグラムは必見!

こちらは、2017年に彼が来日したときの画像です。ピカチュウのコスプレをして秋葉原でお買い物を楽しんでいたようです。とってもキュートですよね!

インスタグラムをチェックしてみると、どうやらアンセル君はポケモン好きのよう。例えば、ガールフレンドと一緒に”ロケット団のコスプレ”をした画像を見つけることができました。

その他にも、ファッションにこだわっているアンセルや、彼女との私生活など、「ファンと繋がっていたい」と話すアンセルの日常を、インスタグラムから楽しむことができます。

まとめ

今回は、デビューしてわずかで一躍有名になったアンセル・エルゴートについてご紹介しました。

子供の頃はアーティストになることが夢だったアンセル・エルゴートは、これからも多方面で活躍していきそうで、今後も注目の俳優ですね。

もしもあなたが音楽好きであれば、彼の作品のなかでも『ベイビー・ドライバー』から観るのがおすすめです。

恐らく、アンセル・エルゴートの過去作品も一気に観たくなると思いますので、普段から映画をよく観るのであれば、試しに動画配信サイトで無料視聴してみるといいかもしれません。

映画をお得に見るなら、DVDショップでのレンタルもいいのですが、動画配信サイトを利用するのが非常にお得です。それぞれに特徴がありますので、まずは1度自分自身に合うサイトかどうかを確認してみてください。

無料体験期間を利用すれば、本登録時のサービスを使うことができます。

最新作を格安で楽しみたい人→無料トライアル実施中!<U-NEXT>

低価格無制限で映画を楽しみたい人→30日間の無料体験期間を試す<Amazon Prime>

ABOUTこの記事をかいた人

もえ

女一人で音楽フェス「フジロック」へ参加するのが生きがい。ブログ『moedayo.com』を運営し、フジロックへの”愛”を日々綴っては生きています。 検索インデックス800万件のキーワードで、SEO1位を獲得&フジロック公式から記事を紹介していただきました。 フェス好きをこじらせ、2019年ついに九州から関東に上京。 引っ越しにより会場までの交通費が浮くため、惜しげもなくグッズを買い、フェスごはんを食べている”ダメな大人”です。 口ぐせは「苗場に帰りたい!」