『タロン・エガートン』キングスマンで大ブレイクしたその実力とは!

2015年に公開された映画『キングスマン』シリーズのエグジー役を務めた世界的人気を誇るあのイケメン俳優をご存知ですか?

そのイケメン俳優こそ、タロン・エガートンさんです。今回はそんな彼のプロフィールや気にになる魅力など細かくみていきます!

(トップ画像出典:https://www.instagram.com/p/BwVBANvFmPE/)

タロン・エガートンのプロフィール

  • 【名前】タロン・エガートン(Taron Egerton)
  • 【生年月日】1989年11月10日
  • 【出身地】イギリス マージーサイド・バーケンヘッド
  • 【身長】176cm
  • 【職業】俳優

タロンというあまり聞き慣れない名前ですが、実は母親のスペルミスが原因だったそうです。本来は「Taran」という名前をつけたかったところ、スペルミスで「Taron」という名前になってしまったみたいです。

タロン・エガートンの経歴

2011年にテレビシリーズ『オックスフォードミステリー ルイス警部』に端役として出演し、俳優としてのキャリアをスタート。

2015年に『ビリオネア・クラブ』のリメイク作品に出演することが決まり、同年にはGQ JAPANの「50 best-dressed British mem」の一人に選ばれ翌年も連続で選ばれました。

2017年にエルトン・ジョンの伝記ミュージカル映画『ロケットマン』で主演を勤めることになったりして順調に俳優としての人生を歩んでいきました。

タロン・エガートンの出演作品

タロン・エガートさんが今まで出演してきた作品などをざっくりみていきましょう。

テレビドラマ
  • 2013年 – オックスフォードミステリー ルイス警部
  • 2014年 – The Smoke
  • 2018年 – ウォーターシップ・ダウンのうさぎたち
  • 2019年 – ムーミン谷のなかまたち
  • 2019年 – ダーククリスタル:エイジ・オブ・レジスタンス
映画
  • 2012年 – ポップ
  • 2013年 – Hereafter
  • 2014年 – 戦場からのラブレター
  • 2015年 – キングスマン
  • 2016年 – イーグル・ジャンプ
  • 2017年 – キングスマン:ゴールデン・サークル
  • 2018年 – ビリオネア・ボーイズ・クラブ
  • 2018年 – ロビン・フット
  • 2019年 – ロケットマン

本当に観るべきタロン・エガートンの映画

タロン・エガートンさんにはたくさんの出演作品があり、正直どれがおすすめ分からないですよね。そんな方に私が思う観るべき2作品をご紹介します。

戦場からのラブレター

1つ目は、20世紀初頭のイギリスを舞台背景に描いた映画『戦場からのラブレター』です。

第一次大戦を生き抜いた従軍看護師ヴェラ・ブリテンの自叙伝を大御所デヴィッド・ハイマンが映画化した戦争ドラマになっています。

辛くて切なくて、戦争なんて当たり前に起こることですが、二度と起こってはいけないことだなと思わせてくれる内容になっているので気になった方はぜひご覧ください。

レジェンド 狂気の美学

2つ目は、2015年に公開されたクライム映画の作品『レジェンド 狂気の美学』です。

この映画ではトム・ハーディーさんが一人二役で演じていた主人公の一人、ロン・クレイの恋人であるエドワード・スミスを、タロン・エガートンさんが演じていました。

脚本はいたってフラットでなんとも言えない感じで終わりますが、主人公の一人二役のキャラクターがとても魅力的で惹き込まれるのでどんな方にもオススメしたい作品です。

タロン・エガートンが大ブレイクした映画

もう中にはお分かりの方もいると思いますが、タロン・エガートンさんと言えば『キングスマン』を忘れてはいけません。

当時のタロン・エガートンさんは、イギリスのフォートフィルム作品集『ポップ』とドラマ『ルイス警部』の2つのエピソードに出演しただけの駆け出しの新人でした。

そんな新人が、まさかの主役に大抜擢!周りにはコリン・ファースやマーク・ストロングなどのベテランが勢ぞろいしています。

緊張とプレッシャーで押しつぶされそうなメンツですが、本格主演デビューとは思えない豊かな表情、アクションの切れ味、緩急をつけた演技は必見です!

「キングスマン3」には出演しない!?

YahooMoviesUKは2018年11月、「タロン・エガートン、エグジーとして『キングスマン3』に出演しないことを認める」というインタビュー記事と動画を掲載しましたが、果たしてどうなのでしょうか?

実は『キングスマン』シリーズの原作者で製作総指揮で有名なマーク・ミラーが、タロン・エガートンさんは「キングスマン3」に出演しないと報道は誤解であると説明しています。

インタビュー内では「今後一切『キングスマン』に出演しないと言う意味ではないんです』と明かしていて、『キングスマン3』には引き続きエグジーとして出演することになりそうですね。

知る人ぞ知るタロン・エガートンの美声

タロン・エガートンさんは俳優になる前、ロンドンの王立演劇学校に通っていましたが、そこでは演技だけでなく歌もとても評価されていました。

2011年には、スティーブン・ソンドハイム協会が主催する”Student Performer of the Year”というコンテストに出場して、見事に優勝しているのです。

動物が「歌のオーディオション」に参加する様子を描いたアニメーション映画『SING/シング』では、ゴリラのジョニー役として出演しているので、甘い美声を聴けるので気になった方はチェックしてみてください!

タロン・エガートンの意外な一面とは

そんなイケメンなタロン・エガートンさんですが、自身のプライベートのことについてあるインタビューで以下のように答えています。

「たまに街でサインなんか求められるけれど、まだまだそれほど有名じゃないし、僕は感謝の気持ちを込めてサインなり自撮りをしてあげる。

今でも両親の家に帰ると台所の皿洗いとか手伝うし、母は僕に自分の出身を忘れないように、いばるんじゃないですよってよく注意してくる。

1年ほど交換しているガールフレンドは同じ業界だけれど、女優ではなくて助監督だから、張り合ったりする必要もないし、僕の太刀を理解してくれるからとっても楽なんだ。」

引用:https://screenonline.jp/_ct/17156415

超多忙な人気者のタロン・エガートンさんですが、母親の忠告に従うとびきり親切で優しい一面があったなんてあたらめて惚れてしまいますね。

タロン・エガートンのインスタグラムは必見!

タロン・エガートンさんのリアルタイムが知りたい人は、ぜひ彼女のインスタグラムもチェックされてみてはいかがでしょうか。

インスタグラムにて出演するテレビやドラマについてのお知らせをしてくれるので、公式サイトなどを見る暇がない人は、インスタグラムでチェックすることをおすすめします。

テレビ番組や映画では見ることができない彼女の素顔も見られるので、タロン・エガートンファンの方はフォローしておいたほうがいいですよ!

まとめ

今回は映画『キングスマン』で大ブレイクをした若手イケメン俳優のタロン・エガートンさんについてご紹介していきましたがいかがでしたか?

映画やドラマなどで演技力の高さが評価され、現在でも映画などのメディアに登場している期待の俳優です。

人気映画『X-MEN』で長年ウルヴァリン役を演じてきたヒュー・ジャックマンさんから、次期ウルヴァリン候補に名前を挙げられていて、今後の活躍が楽しみですね。ぜひこれからも彼のことを応援していきましょう!

映画をお得に見るなら、DVDショップでのレンタルもいいのですが、動画配信サイトを利用するのが非常にお得です。それぞれに特徴がありますので、まずは1度自分自身に合うサイトかどうかを確認してみてください。

無料体験期間を利用すれば、本登録時のサービスを使うことができます。

最新作を格安で楽しみたい人→無料トライアル実施中!<U-NEXT>

低価格無制限で映画を楽しみたい人→30日間の無料体験期間を試す<Amazon Prime>