【親子で楽しめる!】2018年公開のおすすめ特撮とアニメ映画3選

「子供が楽しめる映画ってないかなあ。比較的新しい2018年の映画で。できれば自分も楽しんでみたいな。」

  • 2018年という比較的新しい年代の映画を探している
  • 子供だけじゃなくて親も一緒に楽しみたい

お子さんと一緒に映画を見るときは、できれば自分も楽しみたいって思いますよね。この記事では2018年に公開した、親子で楽しめる日本の特撮とアニメおすすめ映画を3つ紹介します。

親子で一緒に映画を見て、同じ面白さや感動を分かち合って盛り上がりましょう。

アイキャッチ画像出典:http://www.dbmovie-20th.com/、http://gundam-nt.net/、http://www.movie-taisen.com/

おすすめ映画「ドラゴンボール 超 」(2018年12月)

http://www.dbmovie-20th.com/

鳥山 明原作の大人気作品「ドラゴンボール」シリーズの劇場作品「ドラゴンボール 超 ブロリー」を紹介します。

劇場版シリーズ20作品目記念の映画で、テレビアニメ「ドラゴンボール 超」シリーズの初劇場版作品です。

公開当時、ドラゴンボールシリーズでも人気の高いブロリーが劇場作品に出ることで、話題を呼んでいました。

ブロリーは20年以上前の劇場シリーズ3作のみに登場したキャラクターですが、子供から大人まで根強い人気を誇っています。

ドラゴンボール 超 ブロリーの作品情報
  • 【作品名】ドラゴンボール 超 ブロリー
  • 【上映時間】100分
  • 【キャスト】孫悟空/バータック(野沢雅子)、ベジータ(堀川りょう)、フリーザ(中川隆聖)、ブロリー(島田敏)、パラガス(宝亀克寿)
  • 【監督】長峯達也
  • 【原作、脚本】鳥山明
  • 【DVD&Blu-ray】2019年6月5日発売
  • 【映画.comの評価】☆☆☆☆☆(3.8点)

あらすじ

これは、新たな”サイヤ人”の物語。

「力の大会」後の平和な地球。宇宙にはまだまだ見た事のない強者がいるとわかった悟空は、更なる高みを目指して修行に明け暮れていた。

そんなある日、悟空とベジータの前に現れたのは、見たことがないサイヤ人”ブロリー”。惑星ベジータ消滅とともにほぼ全滅したはずの”サイヤ人”がなぜ地球に?

再び地獄から舞い戻ったフリーザも巻き込み、全く違う運命をたどってきた3人のサイヤ人の出会いは、壮絶な戦いへ――。

出典:http://www.dbmovie-20th.com/story/

「力の大会」とは、「ドラゴンボール 超」のストーリーで全宇宙の存亡をかけた戦いのことです。

「ドラゴンボール 超 ブロリー」の作中で悟空とベジータの髪が赤くなったり青くなったりする姿や、破壊神というキャラクターもいますが知らなくても問題ないです。

「ドラゴンボール 超」を見ておらず、「ドラゴンボール」シリーズを一部知っている人でも充分楽しめます。

2018年公開の「ドラゴンボール 超」の映画はおすすめ

https://www.pakutaso.com/20171058290post-13704.html

「ドラゴンボール 超 ブロリー」がなぜ、2018年のおすすめ映画として評価されているのか、口コミを集めてみました。

非常に見応えのある作品でした。今までのドラゴンボールの映画の中でも一番面白い。最近のドラゴンボールシリーズを見ていなくても大丈夫でした。

戦って!戦って!戦い抜く!といったど直球な内容になっていて、ワクワクさせられっぱなしでした。

映画本編はシンプルな内容で、過去のエピソードも描かれていて、それでいてバトル一辺倒なのはいっそ清々しさも感じました.

ブロリーとの対戦キャラを悟空とベジータとフリーザに絞ったので、丁寧に強さを描写できたので良かった。

アクションは大迫力の見ごたえあるシーンばかりだったが、この映画の魅力はそこだけじゃない。

ブロリーとパラガスやバータック、他の新登場キャラクターなどを限られた時間の中でしっかりと描写されていた。

中でもブロリーは、内面や過去の説明がほぼ完璧で、本来敵役なのに途中からはブロリーに感情移入してしまっていた。

口コミ出典:https://eiga.com/movie/88348/

ドラゴンボールの劇場作品の前々作「神と神」、前作「復活のF」よりもバトルシーンがたくさん盛り込まれていることや、ブロリーの内面や過去を掘り下げたことが高評価です。

私も「ドラゴンボール 超 ブロリー」の以下の点が気に入りました。「ドラゴンボール 超」は全く分かりませんでしたが、何も気にすることなく楽しめました。

私のおすすめポイント
  • 大迫力の戦闘シーンがたくさんあるので、子供が喜ぶ
  • ブロリーと父親であるパラガスとの親子愛を感じさせるので、親も楽しめる
  • ただバトルをするのではなく、ストーリーも過去の劇場作品よりもしっかりしていた

おすすめ映画「ガンダム ナラティブ」(2018年11月)

http://gundam-nt.net/

大人気ロボットアニメ作品「機動戦士ガンダム」シリーズの劇場作品「機動戦士ガンダム ナラティブ(NT)」を紹介します。

宇宙世紀を舞台にしたガンダムシリーズでは、27年ぶりの新作劇場作品です。OVAシリーズで展開された、「機動戦士ガンダムユニコーン(UC)」以降の物語を描く作品の第一弾として公開されました。

「機動戦士ガンダムユニコーン(UC)」以降の物語を描くシリーズとして、「UC Next 0100」第一弾に「機動戦士ガンダム ナラティブ(NT)」は公開されました。

第二弾は「機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ」2019年冬に公開予定で、劇場三部作の予定です。

27年前に公開された「機動戦士ガンダムF91」を知る親世代と、2010年から2014年にOVAシリーズとして展開された「機動戦士ガンダムユニコーン(UC)」を知る子供の世代と一緒に楽しめます。

ガンダム ナラティブの作品情報
  • 【作品名】機動戦士ガンダム ナラティブ(NT)
  • 【上映時間】90分
  • 【キャスト】ヨナ・バシュタ(榎木淳弥)、ミシェル・ミオ(村中知)、リタ・ベルナル(松浦愛弓)、ゾルタン・アッカネン(梅原裕一郎)、ミネバ・ラオ・ザビ(藤村歩)
  • 【監督】吉沢俊一
  • 【原作、脚本】矢立肇、富野由悠季
  • 【DVD&Blu-ray】2019年5月24日発売
  • 【映画.comの評価】☆☆☆☆☆(3.3点)

あらすじ

U.C.0097――
『ラプラスの箱』が開かれて一年。
ニュータイプの存在とその権利に言及した『宇宙世紀憲章』の存在が明かされても、世界の枠組みが大きく変化することはなかった。

のちに『ラプラス事変』と呼ばれる争乱は、ネオ・ジオン残党軍『袖付き』の瓦解で終結したかに見えた。
その最後の戦闘で、2機のフル・サイコフレーム仕様のモビルスーツが、人知を超えた力を示す。 白き一角獣と黒き獅子、2機の脅威は、封印されることで人々の意識から遠ざけられ、忘れ去られるはずだった……。

しかし、2年前に消息不明となっていたRX-0 ユニコーンガンダム3号機が、地球圏に再びその姿を見せ始めた。
金色の“不死鳥”……その名は、フェネクス――

出典:http://gundam-nt.net/story/

「ガンダム ナラティブ」は「ガンダム ユニコーン」の続きに当たる作品ですが、「ガンダム ユニコーン」を見ていなくても問題ないです。

宇宙世紀シリーズの設定や、「ニュータイプ」という概念も知っていればより楽しめますが、「ガンダム ナラティブ」という作品単発で楽しめるので、宇宙世紀シリーズの知識はなくて大丈夫です。

2018年公開映画の「ガンダム ナラティブ」はおすすめ

https://www.pakutaso.com/20140739199post-4370.html

「機動戦士ガンダム ナラティブ(NT)」がなぜ、2018年のおすすめ映画として評価されているのか、口コミを集めてみました。

今までのガンダム作品の中でトップ5には入るんじゃ無いかと言うほど面白かった。

ストーリーはオカルト要素の過剰さや中だるみが鼻に付き回想の繰り返しも目立ったが、それらを補って余りあるほどのキャラクターの魅力と演出が上手かった。

色々なレビューに惑わされて、なかなか見に行かなかったのですが、もうすぐ上映も終了しそうなので上野でみました。

宇宙世紀なので素直に楽しめましたし、強化人間やサイコフレームあたりも許容範囲ですね。

ナラティブの存在感が少し物足りないものの、フェニックスの活躍あたりはユニコーン好きには満足でした。

巷では作画がどうとかストーリーがどうとか言われてましたが、思いの外楽しめました。

UCの続編なのにUCの人物が絶妙なサポート役に徹してるのがいいよね。

口コミ出典:https://eiga.com/movie/89089/review/

「フェネクス」というガンダムの戦闘シーンや、ストーリーやキャラクターの描写がなかなか良いといった声が多かったです。

私も「ガンダム ナラティブ」は以下の点が気に入りました。作画や戦闘シーンがイマイチと言う声もありましたが、私には全くイマイチと感じませんでした。

私のおすすめポイント
  • ガンダムシリーズには珍しい、幼なじみの絆をテーマにした王道ストーリーが展開されるので、子供が楽しめる
  • 「フェネクス」との戦闘シーンが圧巻
  • 「ニュータイプ」の説明が作中で入るときに、過去のガンダム作品のシーンが流れるので、当時見ていた親世代にも楽しめる
  • 「ガンダム ユニコーン」の続編にあたるが、知らなくても楽しめるし、知っていたらより深く楽しめる作品の作り

おすすめ映画「平成仮面ライダー」(2018年12月)

http://www.movie-taisen.com/

仮面ライダーシリーズでおなじみの作品、劇場作品「平成仮面ライダー20作記念 仮面ライダー平成ジェネレーションズFOREVER 」を紹介します。

平成仮面ライダーの20作品目を記念した作品であり、新元号「令和」が始まる前に「平成」を総括した作品でもあります。

公開前の当時は、各平成仮面ライダーのポスターが街頭に張られるなどして、話題を呼んでいました。

2000年放送の「仮面ライダークウガ」を見ていた親世代と、2018年放送の「仮面ライダージオウ」や2017年放送の「仮面ライダービルド」を見ていた子供世代と一緒に楽しめる作品です。

平成ジェネレーションズ FOREVERの作品情報
  • 【作品名】平成仮面ライダー20作記念 仮面ライダー平成ジェネレーションズFOREVER
  • 【上映時間】100分
  • 【キャスト】仮面ライダージオウ/常磐ソウゴ(奥野壮)、仮面ライダービルド/桐生戦兎(犬飼貴丈)、仮面ライダーゲイツ/明光院ゲイツ(押田岳)、ツクヨミ(大幡しえり)、ウォズ(渡邊圭祐)、スーパータイムジャッカー・ティード(大東駿介)
  • 【監督】山口恭平
  • 【原作】石ノ森章太郎
  • 【脚本】下山健人
  • 【DVD&Blu-ray】2019年5月8日発売
  • 【映画.comの評価】☆☆☆☆☆(3.7点)

あらすじ

仮面ライダーを愛してくれたあなたへ

常磐ソウゴと桐生戦兎の世界に、異変が生じていた。まるで別人と入れ替わるように、仲間たちが次々と記憶を失っていくのだ。さらに、二人の前に現れたスーパータイムジャッカー・ティード。

彼はアナザー電王とアナザーWという強力な手先を差し向け、一人の少年・シンゴを追っていた。シンゴを守る戦いの中で、ソウガは仮面ライダー好きの青年アタルに出会う。

一方ティードに単身戦いを挑んだ戦兎は、洗脳され操られてしまい・・・。

「仮面ライダーは、現実の存在じゃない。」

彼は、謎のイマジン・フータロスと密かに契約を結んでいた。その言葉の真意とは一体・・・?

なぜ、いつから、仮面ライダーは虚構の存在となってしまったのか・・・?

謎が深まって行く中、ソウゴと戦兎が追うティードの姿は、初代平成仮面ライダー誕生の地・九郎ヶ岳遺跡にあった――

あなたの記憶に、彼らは生きているか。

出典:http://www.movie-taisen.com/

「平成仮面ライダー」を総括する劇場作品ですが、全シリーズを知らないと楽しめないワケではないです。各平成仮面ライダーの一部を知っていても楽しめます。

ただ、事前情報として「仮面ライダージオウ」と「仮面ライダービルド」は簡単なあらすじと設定をちょっと知っておいた方がおすすめです。

2018年公開映画の「平成仮面ライダー」はおすすめ

https://www.pakutaso.com/20160131026post-6694.html

平成ジェネレーションズFOREVER 」がなぜ、2018年のおすすめ映画として評価されているのか、口コミを集めてみました。

高校生になって、平成最後の仮面ライダー作品の映画、どうしても見たく兄に頼んで連れて行ってもらいました。

とてもではないですが昔の頃の記憶は曖昧で、恥ずかしながらにわかの私は兄に前説、重要事項、知っておいた方が楽しめる情報を全て聞いてからの鑑賞でした。

しかし、やはり仮面ライダーはかっこよかったです。

クウガをリアルタイムで見ていた世代です。

本当に感慨深いものがあり息子がいなかったらマジで泣いてました。

息子と並んで自分の世代のライダーであるクウガと息子の世代のビルド、ジオウが一緒にライダーキックをしているのを見るのは息子が二十歳になったら一緒に酒を呑みたいレベルで涙腺が崩壊しそうになります。

泣きそうみたいな事しか書いてませんがそれくらい泣きそうでした。

なんだかんだで観てしまったぜ!

というくらいにしか仮面ライダーを見ていなくても、ワクワクして童心に帰ったように楽しめる映画。

ちなみに個人的にはビルドは割りと好きでジオウもなんとなく観ている程度です。

出典:https://eiga.com/movie/88434/review/

クウガをリアルタイムで見ていた人や、あまり平成仮面ライダーを知らなくても楽しめるといった人からの高評価が多かったです。

私も「平成ジェネレーションズ FOREVER」も以下の点が気に入りました。平成仮面ライダーシリーズは一部を除いて全て見ましたので、かなり楽しめました。

私のおすすめポイント
  • クウガからジオウまでの平成仮面ライダーが全員出てきて、それぞれ戦闘シーンが用意されている。
  • 初代平成仮面ライダーを見てきた親世代、ジオウやビルトといった最近のライダーを見ている子供世代と一緒に見ることでより感動できる。
  • 映画のエンディングで「ああ、これで平成も終わるんだな・・・。」と感慨深く感じられる。

2018年公開映画のまとめ

https://pixabay.com/ja/illustrations/%E6%98%A0%E7%94%BB-%E5%86%99%E7%9C%9F-%E3%82%B9%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%89-%E3%82%B7%E3%83%8D%E3%83%9E-1668918/

ここまで、親子で楽しめる2018年に公開された特撮とアニメのおすすめ映画を3つ紹介していきました。

どれも親世代の人は、子供に戻ったときのような懐かしさと楽しさを思い出させてくれる作品です。子供世代には、親世代が見ていた作品を踏まえて、新たな楽しさを感じられるでしょう。

親子揃って、親も子供の頃に戻った気持ちで子供と一緒に作品の面白さと感動を味わって、盛り上がれると嬉しいです。

以下に、動画配信サービスの料金や特徴をまとめた表を掲載しますので、併せてご覧ください。

VOD料金(税別)取り扱いのある媒体・ジャンル特徴無料体験期間
U-NEXT月額¥1,990映画、ドラマ、アニメ、雑誌、マンガ、書籍、R-18etc...・最新作の配信がダントツで速い
・1契約で4アカウント作成可能
・映画チケットの割引サービス
31日間
Amazon Prime ビデオ月額¥500
年額¥4,900
映画、アニメ、ドラマ、バラエティetc...・Prime会員になれば、買い物やその他のサービスもお得に利用できる
・月額料金がダントツに安い
30日間
ビデオマーケット月額¥500
月額¥980
映画、アニメ、ドラマ、韓流ドラマetc...・民放各局の人気ドラマが見られる
・韓流ドラマの取り扱い数が豊富
・取り扱い作品本数が圧倒的に多い
初月
Hulu月額¥933映画、アニメ、ドラマ、バラエティ、ニュースetc...・フジテレビと日テレ系列のアニメ作品が多い
・リアルタイムのコンテンツが豊富
2週間
FOD月額¥888映画、アニメ、ドラマ、バラエティ、雑誌、マンガetc...・フジテレビ系列の映画やドラマが豊富
・見逃し配信の期間が限定されない
31日間
dTV月額¥500映画、アニメ、ドラマ、カラオケ音源、ニュース、バラエティetc...・カラオケ音源がある
・過去に放映された海外映画が多い
・キャッシュバックキャンペーンがあり
31日間
WOWOW月額¥2,300映画、ドラマ、アニメ、スポーツ、音楽番組etc...・アーティストのライブ映像やスポーツが観られる
・人気作品のリピート放送がある
・アカデミー賞、グラミー賞の中継もある
初月
TSUTAYA TV月額¥933映画、ドラマ、アニメ、R-18etc...・ダウンロード機能付き
・TSUTAYAの宅配レンタルがセットになったプランがある
30日間

映画をお得に見るなら、DVDショップでのレンタルもいいのですが、動画配信サイトを利用するのが非常にお得です。それぞれに特徴がありますので、まずは1度自分自身に合うサイトかどうかを確認してみてください。

無料体験期間を利用すれば、本登録時のサービスを使うことができます。

最新作を格安で楽しみたい人→無料トライアル実施中!<U-NEXT>

低価格無制限で映画を楽しみたい人→30日間の無料体験期間を試す<Amazon Prime>

ABOUTこの記事をかいた人

ふぉむ

介護職員(6年目)として、毎日奮闘しながらwebライティングをしています。 出勤前、帰宅後、休日の時間に月10記事から20記事をメドに(1記事あたり文字数平均3,000~4,000字)納品しています。得意なことは①SEOライティング②観光記事の執筆③納期厳守です。以下は記事を掲載しているメディアです。 ①Cuterest(芸能) ②やすたび(観光) ③DEBIT INSIDER(金融) ④ルアナ占い(占い) ⑤高級家具.com(インテリア) ⑥エグゼクティブナビ(転職) twitterにて、私の書いた記事を毎月3つ公開しています。 Google検索10位以内の実績、Google検索数1000万のキーワードでトップの実績あり。 水族館に関する情報サイト、「ふぉむすい」を運営してます。 水族館と1人旅を愛する、おさかなさん。