【洋画からアニメまで】2019年に公開されるおすすめ映画10選!

世界的人気シリーズの続編、アニメ映画の歴史を塗り替えたあの監督の最新作、3600万部超え、超人気コミックスの実写映画化・・・。2019年も話題になること間違いなしの映画が盛りだくさんです。

この記事では2019年に公開予定の話題作を紹介していきます。気になった作品があればぜひ劇場に足を運んでみてください。

(トップ画像出典:https://pixabay.com/images/id-1155437/)

2019年おすすめ映画①「IT2/イット チャプターツー」

ホラー映画史上ナンバーワン3億ドルの興行収入を記録した「IT~“それ”が見えたら終わり~」の続編がついに登場します。

前作で殺人ピエロ・ペニーワイズを封印した子供たちが27年後、復活したペニーワイズと再び戦います。

「ホラー映画史上最も血みどろな場面」があるとも言われている今作は、前作に増して更なる恐怖が我々を襲うことでしょう。

全米公開日は9月6日が予定されていますが、日本公開日は未定のようです。すぐに日本でも公開されると良いですね!

2019年おすすめ映画②「トイストーリー4」

前作で完結したかに思われた超人気シリーズの続編が、いよいよ公開されます。度重なる公開延期を経て、6月21日に全米、7月12日に日本での公開が決定しました。

前作ではおもちゃたち長年の持ち主であり、親友でもあったアンディのもとを離れたウッディ達。新たな持ち主・ボニー、新キャラクターのフォーキー達とどのように関わっていくのでしょうか?

前作だけでなんと10億ドルを超える興行収入を叩き出した大作シリーズですから、今回も相当話題に上がることでしょう。更なる続編も期待できそうですね。

2019年おすすめ映画③「天気の子」

「君の名は。」新海誠監督最新作も、2019年に公開されます。公開日は7月19日です。

詳しいあらすじは2019年5月現在ではあまり公開されていませんが、「君の名は。」と同じようにメインキャラは若い男女。さらに音楽を手掛けるのは前作同様RADWIMPSだということが明らかになっています。

「君の名は。」で初めて新海作品を知ったという方は間違いなく楽しめる作品になりそうですね。天候を描写するということで、「君の名は。」と同じくイラスト面にも注目です。

2019年おすすめ映画④「MIB インターナショナル」

大ヒットSFコメディシリーズ、「MIB(メン・イン・ブラック)」の新作がついに登場です。6月14日に日米同時公開されるようです。

本作の特徴は、新キャラクターが多数登場するスピンオフ作品となっているところでしょう。そのため、前作を知らない方でも本作から「メン・イン・ブラック」の世界に入り込むこともできそうです。

前作までを観てきたファンとして気になるのは、J(ウィル・スミス)K(トミー・リー・ジョーンズ)は出演するのか?というところですよね。

予告編でそれらしきシルエットがちらっとは確認できるのですが、どうなのでしょう?・・・早く自分の目で確かめたいところですね。

2019年おすすめ映画⑤「ミュウツーの逆襲」

劇場版ポケットモンスターの中でも最高傑作との呼び声が高い、「ミュウツーの逆襲」がリメイクされて帰ってきます。公開は7月12日

ポケモンに詳しくなくても、ピカチュウと並んで「ミュウツー」の名をちらっとでも聞いたことのある方はいらっしゃるのではないでしょうか?

人工的に作られたポケモン・ミュウツーの「誰が生めと頼んだ」というセリフに象徴されるように、子供向けアニメでありながら「生命の存在理由」をテーマにした大作です。

本作のオリジナル版が公開されたころに子供だった、今の大人たちこそ楽しめる作品になるでしょう。

2019年おすすめ映画⑥「シャザム!」

続いては4月19日公開の「シャザム!」。スーパーヒーロー・シャザムに変身できるようになった14歳の少年・ビリーが主人公の物語。

「見た目はオトナ、中身はコドモ」というキャッチコピーからうかがえるように、単なるヒーローものではなく中身が14歳の少年であることを生かしたコメディ作品です。

吹き替え版でシャザムの声を担当するのは菅田将暉。他にも吹き替えを担当する声優さんには緒方恵美子安武人杉田智和阪口大助平野綾櫻井孝宏と声優界の超実力者たちが夢の共演を果たします。

ストーリーは大衆向けに作られているようですし、声優ファンの方は吹き替え版で観れば声だけで楽しめてしまうことでしょう。

2019年おすすめ映画⑦「愛がなんだ」

落ち着いた雰囲気で映画を鑑賞したい、という方はミニシアターで「愛がなんだ」を鑑賞してみてはいかがでしょうか?

岸井ゆきの成田凌主演のラブストーリーです。自分の愛は押し付けなのか?本当に相手を思ってのことなのか?が問われている作品です。

主人公のテルコ(岸井ゆきの)は、片思いのマモル(成田凌)のことで頭がいっぱいです。テルコはマモルに呼び出されれば会社も早退してしまうほどで、やがてクビになってしまいます。

自分の何もかもを捧げるような愛情表現は、男女の関係にどのような結末をもたらすのでしょうか?公開は4月19日です。

2019年おすすめ映画⑧「ゴジラ キングオブモンスターズ」

ハリウッド版「GODZIILA ゴジラ」の最新作が5年ぶりに登場!前作の興行収入は530億を超える大ヒットを記録しました。5月31日に全世界同時公開予定です。

今回の見どころは「キング・オブ・モンスターズ」というタイトル通り、ゴジラ、モスラ、ラドン、キングギドラと怪獣たちが一堂に会するところでしょう。

また、2016年には「シン・ゴジラ」として日本がゴジラを新たな形に定義し直しました。「シン・ゴジラ」を観た上で今作を鑑賞するとどう感じるでしょうか?ファンの方は必見です。

2019年おすすめ映画⑨「キングダム」

今年も実写化映画に注目です。2019年に公開される実写化映画の中での話題作といえば、「キングダム」ではないでしょうか。公開は4月19日です。

実写化に当たり、無理にストーリーを改変することなく、原作に忠実な脚本になっていると話題です。

主演の山崎賢人はこれまで、どちらかといえばさわやかな役柄を演じることが多かった印象ですが、今回演じるのは奴隷の役です。しかし、むしろ「はまり役」だとの声も上がっています。

原作ファンはもちろん、山崎賢人の新たな一面もご覧になってみてはいかがでしょうか?

2019年おすすめ映画⑩「Dinner ダイナー」

藤原竜也主演、「殺し屋専用食堂」という前代未聞の設定で物語が進行する「Dinner ダイナー」。公開は7月5日です。

ある日、「ダイナー」のウエイトレスとして雇われる羽目になった、玉城ティナ演じる大場加奈子(おおばかなこ)。作中唯一の一般人である彼女と次々に登場する殺し屋たちがどのように関わっていくのでしょうか?

「ダイナー」のように作中のほとんどの人間が異常人物である場合、大場加奈子のような一般人を1人だけ混ぜることで異常人物たちの特殊さがより際立ちます。

大場加奈子=玉城ティナの立ち回りと、宙づり水浸しなど身体を張った演技に注目です。

おわりに&公開日まとめ

以上、2019年に公開される注目映画を紹介してきました。気になった作品はありましたか?

以下、2019年に公開される映画を公開日順にまとめました。気になった作品がありましたら、劇場に足を運んでみてはいかがでしょうか?

  1. 「シャザム!」(4月19日公開)
  2. 「愛がなんだ」(4月19日公開)
  3. 「キングダム」(4月19日公開)
  4. 「ゴジラ キングオブモンスターズ」(5月31日公開)
  5. 「MIB(メン・イン・ブラック) インターナショナル」(6月14日公開)
  6. 「Dinner ダイナー」(7月5日公開)
  7. 「トイストーリー4」(7月12日公開)
  8. 劇場版ポケットモンスター「ミュウツーの逆襲 EVOLUTION」(7月12日公開)
  9. 「天気の子」(7月19日公開)
  10. 「IT2/イット チャプターツー」(9月6日全米公開)

場合によっては劇場公開が終了している作品もありますので、動画配信サービスVODをご利用ください。

以下に、動画配信サービスの料金や特徴をまとめた表を掲載しますので、併せてご覧ください。

VOD料金(税別)取り扱いのある媒体・ジャンル特徴無料体験期間
U-NEXT月額¥1,990映画、ドラマ、アニメ、雑誌、マンガ、書籍、R-18etc...・最新作の配信がダントツで速い
・1契約で4アカウント作成可能
・映画チケットの割引サービス
31日間
Amazon Prime ビデオ月額¥500
年額¥4,900
映画、アニメ、ドラマ、バラエティetc...・Prime会員になれば、買い物やその他のサービスもお得に利用できる
・月額料金がダントツに安い
30日間
ビデオマーケット月額¥500
月額¥980
映画、アニメ、ドラマ、韓流ドラマetc...・民放各局の人気ドラマが見られる
・韓流ドラマの取り扱い数が豊富
・取り扱い作品本数が圧倒的に多い
初月
Hulu月額¥933映画、アニメ、ドラマ、バラエティ、ニュースetc...・フジテレビと日テレ系列のアニメ作品が多い
・リアルタイムのコンテンツが豊富
2週間
FOD月額¥888映画、アニメ、ドラマ、バラエティ、雑誌、マンガetc...・フジテレビ系列の映画やドラマが豊富
・見逃し配信の期間が限定されない
31日間
dTV月額¥500映画、アニメ、ドラマ、カラオケ音源、ニュース、バラエティetc...・カラオケ音源がある
・過去に放映された海外映画が多い
・キャッシュバックキャンペーンがあり
31日間
WOWOW月額¥2,300映画、ドラマ、アニメ、スポーツ、音楽番組etc...・アーティストのライブ映像やスポーツが観られる
・人気作品のリピート放送がある
・アカデミー賞、グラミー賞の中継もある
初月
TSUTAYA TV月額¥933映画、ドラマ、アニメ、R-18etc...・ダウンロード機能付き
・TSUTAYAの宅配レンタルがセットになったプランがある
30日間

映画をお得に見るなら、DVDショップでのレンタルもいいのですが、動画配信サイトを利用するのが非常にお得です。それぞれに特徴がありますので、まずは1度自分自身に合うサイトかどうかを確認してみてください。

無料体験期間を利用すれば、本登録時のサービスを使うことができます。

最新作を格安で楽しみたい人→無料トライアル実施中!<U-NEXT>

低価格無制限で映画を楽しみたい人→30日間の無料体験期間を試す<Amazon Prime>

ABOUTこの記事をかいた人

とっくん

webライターの23歳。(主な担当ジャンルは映画や芸能、金融など)ブログ初心者の方向けに「とっくんの最速!ブログ収益」というアプリを運営しています。(下の「website」から↓)最近ハマっているものはめぞん一刻とスマブラ。