映画「光をくれた人」のあらすじや注目ポイントを口コミと共に紹介!

光をくれた人

映画「光をくれた人」は、マイケル・ファスベンダーさんと、アリシア・ヴィキャンデルさんのW主演の映画です。

ストーリーのメインは誰なのか、話のメインは何なのか、分からなくなるほどに、1人1人の置かれている状況が重く切なく描かれている作品です。

今回は、映画「光をくれた人光をくれた人」のあらすじや口コミ、その他作品情報をまとめましたので、どうぞご覧になってください。

(トップ画像出典:http://hikariwokuretahito.com/)

「光をくれた人」はどんな作品?

  • 製作年:2016
  • 製作国:アメリカ
  • 監督:デレク・シアンフランス
  • 脚本:デレク・シアンフランス
  • 原作:海を照らす光
  • 原題:The Light Between Oceans
  • 日本での公開年:2017

映画「光をくれた人」は、「ブルーバレンタイン」を手掛けたデレク・シアンフランスさんが監督と脚本を務めた、誰しもが期待に胸を膨らませ映画館に足を運んだ作品です。

デレク・シアンフランスさんは、不幸になっていく男女を描くのが非常に上手だと言われていますので、今回の作品も主演の2人が不幸になっていくのでしょうか。

原作は「海を照らす光」というオーストラリアの作家さんの作品です。映画を気にいった方、どうぞご覧ください。

「光をくれた人」のあらすじ

「ブルーバレンタイン」のデレク・シアンフランス監督が、孤島に流れ着いた赤ん坊を我が子として育てる灯台守夫婦の愛と葛藤を描いたM・L・ステッドマンの小説「海を照らす光」を映画化したヒューマンドラマ。第1次世界大戦後のオーストラリア。孤島ヤヌス・ロックに灯台守として赴任した帰還兵トムは、明るく美しい妻イザベルと幸せな日々を送りはじめる。やがてイザベルはトムの子を身ごもるが、立て続けに流産と死産に見舞われてしまう。そんな矢先、男性の死体と生後間もない赤ん坊を乗せたボートが島に流れ着く。赤ん坊に心を奪われたイザベルは本土に報告しようとするトムを説得し、赤ん坊にルーシーと名付けて我が子として育てはじめるが……。トム役を「それでも夜は明ける」のマイケル・ファスベンダー、イザベル役を「リリーのすべて」のアリシア・ビカンダーがそれぞれ演じる。

引用元:https://eiga.com/movie/85548/

「光をくれた人」のメインキャストを紹介!

映画「光をくれた人」に出演する、主要キャストをご紹介していきます。

マイケル・ファスベンダー (トム・シェアボーン)

マイケル・ファスベンダーさんは、1977年生まれで、アメリカで主に活動している俳優さんです。

X-MENシリーズなどにも出演していて、2013年に「それでも夜は明ける」で第86回アカデミー賞助演男優賞、英国アカデミー賞助演男優賞、ゴールデングローブ賞助演男優賞にノミネートされています。

イケメン俳優マイケル・ファスベンダーの出演作・交際歴に迫ります!

2019年8月27日

アリシア・ヴィキャンデル (イザベル)

アリシア・ヴィキャンデルさんは、1988年生まれで、スウェーデン出身の女優です。2008年スタートのスウェーデンの人気テレビドラマ「Andra Avenyn」で有名になりました。

2015年に映画「エクス・マキナ」で、英国アカデミー賞助演女優賞やゴールデングローブ賞助演女優賞にノミネートされています。

プライベートでは、今回紹介している映画「光をくれた人」で共演したマイケル・ファスベンダーさんと2017年に結婚しています。

アリシア・ビカンダーって?プロフィールや出演作、結婚歴まとめ。

2018年12月7日

レイチェル・ワイズ (ハナ)

レイチェル・ワイズさんは、1970年生まれのイギリスの女優です。映画「光をくれた人」に出演した当時、47歳ですが恐ろしく綺麗で見惚れてしまいます。

1993年に女優デビューを果たし、1999年には大ヒット作「ハムナプトラ/失われた砂漠の都」で一躍有名になります。

そして、2005年公開のイギリス映画『ナイロビの蜂』の演技が高く評価され、第78回アカデミー賞助演女優賞、第63回ゴールデングローブ賞助演女優賞を受賞しました。

「光をくれた人」の注目ポイントは?

映画「光をくれた人」の注目ポイントは、各々の感情の揺れ動きです。トムには正しくないと分かっていても責めることの出来ない優しさと切なさがあるんです。非常に深い映画となっています。

イザベルは、2度の流産を味わい絶望に暮れているところに現れた1人の赤ん坊を、罪だとわかっていながら自分たちの子供にしようとトムに頼みます。

トムのように心に傷を負った優し過ぎる人でなくても、誰が断れるのでしょう。そのお願いを聞いてしまったトムを誰が責められるのでしょうか?しかし、罪は罪です。

本当の母親ハナも大変悲しみます。複雑ですよね。こんな状況で、各々はどんな気持ちになり、どんな決断を下すのか、そんなところが非常に魅力的で必見の注目ポイントです。

本編予告映像はこちら

映画「光をくれた人」の本編予告映像を観ると分かるのですが、すごく映像が綺麗ですよね。監督がこれでもか、というぐらいこだわっているのが分かります。

ストーリーは、トム・イザベラ夫婦が子宝に恵まれない時に、子供を拾う所から急展開していきます。その子を育てようと頼むイザベラ。許してしまうトム。一時は幸せな家庭を築きます。

しかし、本当の母親に会い、どうすればいいのかとトムは苦悩します。そんな姿も非常に演技力が高く共感出来て、心が痛いです。最後の10分涙が止まらないとありますが、どんな結末になるのでしょう

育ての母親イザベラと産みの母親ハナのそれぞれの心情も、容易に想像出来て、本当に悲しいです。どっちの元に子供がいるのが正解なのか、難しすぎる問題ですね。

「光をくれた人」の評価コメントまとめ

  • Yahoo映画:3.73   (全633件)
  • filmarks映画:3.7  (全1596件)
  • 映画.com:3.5  (全72件)

全体の評価平均は、3.7です。やはり評価は高いですね。納得の数字です。

口コミ
  • どんだけ涙腺いじめるの!っていう演出が憎いわ〜音楽も映像のトーンもすごく良かった。
  • 難しい問題を題材としてるから、気軽に観れなくてなんだか疲れちゃった。母と子の愛情問題は、正解がなければ間違いすらない。永遠のテーマでしょう。

参照サイト:https://filmarks.com/movies/61735

口コミにあるように、内容が深く気軽に見れない作品であるので、涙必須の物語なのですが、それを際立たせてる演出がこの作品の最大の魅力の1つです。

「光をくれた人」の視聴者の感想・口コミまとめ

映画「光をくれた人」を実際に観に行った人の口コミや感想をTwitterから探してきました。参考にしてください。

斉藤由貴さんの不倫がきっかけで知ったという方が多くいました。罪とはわかっていながらも、女のエゴに挟まれ奮闘したトムは褒められていいかもしれません。

「深みのある作品で、読まれてほしい作品である」と言ってる方もいました。難しく重いテーマですので、最後までこの作品に対して、真剣に向き合う覚悟のある方のみ観てほしいと思います。

「光をくれた人」の視聴方法は?

映画「光をくれた人」が視聴出来るVOD(ビデオ・オンデマンドサービス)は以下の5つです。

「光をくれた人」が視聴可能なVOD
  • U-NEXT
  • Amazon
  • Video Market
  • dTV
  • TSUTAYA TV

VODは非常に手軽に映画などの色々な作品を観れるので、ぜひご登録ください。今なら、30日間無料などのお得なサービスもありますので、早いうちにどうぞ。

VOD料金(税別)取り扱いのある媒体・ジャンル特徴無料体験期間
U-NEXT月額¥1,990映画、ドラマ、アニメ、雑誌、マンガ、書籍、R-18etc...・最新作の配信がダントツで速い
・1契約で4アカウント作成可能
・映画チケットの割引サービス
31日間
Amazon Prime ビデオ月額¥500
年額¥4,900
映画、アニメ、ドラマ、バラエティetc...・Prime会員になれば、買い物やその他のサービスもお得に利用できる
・月額料金がダントツに安い
30日間
ビデオマーケット月額¥500
月額¥980
映画、アニメ、ドラマ、韓流ドラマetc...・民放各局の人気ドラマが見られる
・韓流ドラマの取り扱い数が豊富
・取り扱い作品本数が圧倒的に多い
初月
Hulu月額¥933映画、アニメ、ドラマ、バラエティ、ニュースetc...・フジテレビと日テレ系列のアニメ作品が多い
・リアルタイムのコンテンツが豊富
2週間
FOD月額¥888映画、アニメ、ドラマ、バラエティ、雑誌、マンガetc...・フジテレビ系列の映画やドラマが豊富
・見逃し配信の期間が限定されない
31日間
dTV月額¥500映画、アニメ、ドラマ、カラオケ音源、ニュース、バラエティetc...・カラオケ音源がある
・過去に放映された海外映画が多い
・キャッシュバックキャンペーンがあり
31日間
WOWOW月額¥2,300映画、ドラマ、アニメ、スポーツ、音楽番組etc...・アーティストのライブ映像やスポーツが観られる
・人気作品のリピート放送がある
・アカデミー賞、グラミー賞の中継もある
初月
TSUTAYA TV月額¥933映画、ドラマ、アニメ、R-18etc...・ダウンロード機能付き
・TSUTAYAの宅配レンタルがセットになったプランがある
30日間

マイケル・ファスベンダーさんの出演作品一覧

映画「光をくれた人」は、マイケル・ファスベンダーさんとアリシア・ヴィキャンデルさんのW主演の作品です。

しかし、自分は特にマイケル・ファスベンダーさんの演技に感銘を受けたので、他の出演作品も紹介しておきますね。

マイケル・ファスベンダーさんの出演映画
  • レジェンド・オブ・サンダー
  • 300(スリーハンドレッド)
  • エンジェル
  • ハンガー
  • フィッシュタンク
  • センチュリオン
  • ジェーン・エア
  • X-MEN:ファースト・ジェネレーション
  • プロメテウス
  • 悪の法則
  • X-MEN:フューチャー&パスト
  • スティーブ・ジョブズ
  • X-MEN:アポカリプス
  • エイリアン・コヴェナント
  • X-MEN:ダーク・フェニックス

終わりに

今回紹介した映画「光をくれた人」は、育ての親と産みの親、どちらが本当で、どちらが育てるべきなのか、という正解のない問題をメインに扱っている作品です。

しかし、自分はもう1つのメインになっているが部分があると思いました。それは、トムの心境の変化です。

最終的にイザベラのお願いを聞き罪を犯してしまうトムですが、絶望の淵にいるトムを救ったのは、紛れもなくイザベラなんです。トムにとっての「光」であったことに変わりはないでしょう。

この映画において、何が光だったのかはその人の感じ方次第です。あなたも映画「光をくれた人」を観て、自分ならではの解釈を見つけると楽しいですよ。ぜひ、ご覧ください。

映画をお得に見るなら、DVDショップでのレンタルもいいのですが、動画配信サイトを利用するのが非常にお得です。それぞれに特徴がありますので、まずは1度自分自身に合うサイトかどうかを確認してみてください。

無料体験期間を利用すれば、本登録時のサービスを使うことができます。

最新作を格安で楽しみたい人→無料トライアル実施中!<U-NEXT>

低価格無制限で映画を楽しみたい人→30日間の無料体験期間を試す<Amazon Prime>