『チューリップ・フィーバー』のあらすじや登場人物、テーマを紹介!

2017年にアメリカ、翌年に日本で公開された映画『チューリップ・フィーバー』は中世のオランダを舞台にした恋愛映画です。

今回は『チューリップ・フィーバー』を観たことがない方の為に、この映画のあらすじや登場人物、映画のテーマを紹介していきます!

(トップ画像出典:http://tulip-movie.com/)

『チューリップ・フィーバー』の概要

映画の概要
  • 正式タイトル:チューリップ・フィーバー 肖像画に秘めた愛
  • 公開日:アメリカ…2017年9月1日/日本…2018年10月6日
  • 主演:アリシア・ヴィキャンデル/デイン・デハーン
  • 監督:ジャスティン・チャドウィック
  • 脚本:デボラ・モガー/トム・ストッパード
  • 製作:アリソン・オーウェン
  • 配給:アメリカ…Worldview Entertainment/日本…ファントム・フィルム
  • 上映時間:107分

『チューリップ・フィーバー』は17世紀のオランダを舞台にした恋愛映画です。

脚本家のデボラ・モガーが執筆した小説『チューリップ熱 』を原作にしており、この小説はオランダの画家フェルメールの絵画からアイデアを得ました。

企画から完成までにかかった時間はなんと13年

『チューリップ・フィーバー』がアメリカで公開されたのは2017年ですが、実は企画自体は2004年に立ち上がっていました。

当時は主演にジュード・ロウやキーラ・ナイトレイを起用し、映画会社のドリームワークスが製作を担当。スタッフにジョン・マッデンやスティーヴン・スピルバーグを起用する予定でした。

しかし、イギリスの税制変更が撮影スケジュールに影響を及ぼし、2013年まで製作が休止します。

2013年から現在のスタッフ陣で製作が再開されてからも何度も公開が延期され、製作再開から4年経過した2017年に満を持して公開となりました。

17世紀オランダで巻き起こった『チューリップ・バブル』

『チューリップ・フィーバー』は17世紀のオランダで実際に起こった、チューリップ球根の異常な価格高騰『チューリップ・バブル』を物語の軸にしています。

17世紀当時のオランダではチューリップの球根1個で熟練の職人や労働者の年収の10倍以上にも匹敵する価格で取引されていたそうです。

オスマン帝国(現在のトルコ)から輸入されるチューリップは、オランダの貴族や裕福層に大人気で、特に花びらが縞模様になっている品種(ブレイカー)は大変貴重でした。

この映画はチューリップを巡って一喜一憂していた17世紀のオランダ人の世相を反映しています。

『チューリップ・フィーバー』のあらすじ

映画のあらすじ

孤児として聖ウルスラ修道院で育った美しい少女、ソフィア。彼女は成人し、富豪で有力者である商人、コルネリス・サンツフォールトに嫁ぐこととなる。しかしながら、いつまでたっても子どもを授からないソフィアとの生活にコルネリスは焦りを感じる。また、子どもが出来ないソフィアは、ソルフ医師に助けを求めるが、彼はいつも真面目に診察してくれず、はぐらかすばかり。一方、サンツフォールト家の女中、マリアは、魚売りのウィレムに恋をし、日々の逢瀬に幸せを感じていた。

日々の気晴らしとして、コルネリスは絵画商人マテウスに頼み、ソフィアとの肖像画を描いてもらうことを思いつく。そのマテウスが紹介したのが、将来を嘱望されている若手画家、ヤン・ファン・ロースであった。階段から降りてくるソフィアの姿を見た瞬間、恋に落ちたヤン。彼の横柄な態度に最初は嫌悪感を抱いていたソフィアだったが、絵を通じて向き合う時間の中で、徐々に彼に惹かれるようになっていく。時を同じくして、魚売りのウィレムは、愛するマリアとの結婚の為、一攫千金をかけてチューリップ売買の世界に飛び込み、球根の所有権証明書を手に入れる。それは一般的な白いチューリップの証明書のはずだった…。

チューリップへの熱と、愛する人への想いが交わる中、それぞれの人生が交錯していく。

(引用:http://tulip-movie.com/about.html)

『チューリップ・フィーバー』の登場人物

ソフィア・サンツフォールト (演:アリシア・ヴィキャンデル)

物語の主人公であるソフィアは、大富豪のコルネリスが金で買った若くて美人の奥さんです。孤児として街の修道院で育ちました。

そんなソフィアを演じた女優は、スウェーデン出身の女優、アリシア・ヴィキャンデル。『エクス・マキナ』や『リリーのすべて』で活躍しています。

ヤン・ファン・ロース  (演:デイン・デハーン)

ヤンは売れていない若手の画家で、コルネリスの依頼を受けてサンツフォールト夫妻の肖像画を描きました。

ヤンを演じたデイン・バハーンは『アメイジング・スパイダーマン2』や『ヴァレリアン 千の惑星の救世主』に出演していたアメリカ出身の俳優です。

ウィレム・ブロック (演:ジャック・オコンネル)

ウィレムは魚の行商として働いていて、コルネリスの屋敷の女中マリアと恋仲にあります。チューリップの球根のオークションに参加して大金を手にするのですが…。

ウィレムを演じたのは『300〈スリーハンドレッド〉〜帝国の進撃〜』『マネーモンスター』に出演したことで知られるイギリスの俳優ジャック・オコンネル。

マリア (演:ホリデイ・グレインジャー)

マリアはコルネリスの屋敷の女中で、ソフィアとヤンが浮気関係にあることを知っています。恋人ウィレムとの間に子供を授かりました。

マリアを演じた女優のホリデイ・グレインジャーは『シンデレラ』や『レイチェル』などに出演しています。

コルネリス・サンツフォールト (演:クリストフ・ヴァルツ)

コルネリスはソフィアを嫁に持つ大富豪で、香辛料の輸入販売でひと財産稼ぎました。ソフィアとの間になかなか子供が出来ないことに悩んでいます。

コルネリスを演じたのはオーストリア出身の俳優クリストフ・ヴァルツ。主な代表作に『イングロリアス・バスターズ』『ビッグ・アイズ』などがあります。

悲しい愛の物語…そこに救いはあるのか?

『チューリップ・フィーバー』の大きなテーマは『罪と愛、そして救い』です。

登場人物の誰もが、ただ幸せでありたいだけでした。自分が思う幸せな生き方をしたい。ただそれだけだったはずなのに、大勢の人を巻き込んで物語は取り返しのつかない所まで進んでいきます。

核心に迫るようなお話はここでは一切出来ませんが、この映画はとても辛く、切ないです。ほとんどの登場人物が悲しい結末を迎えてしまうハードな映画です。

『チューリップ・フィーバー』の評価

映画製作の企画から完成まで13年も要した力作の『チューリップ・フィーバー』ですが、海外からの評価はあまり良くないようです。

アメリカの映画評論サイト『Rotten Tomates』では支持率10%、10点満点中4.39点、『Metacritic』では100点満点中38点とかなりの低評価になっています。

ちなみにこの映画の制作費は2500万ドルなのに対し、興行収入は世界累計で840万ドルしか稼げず、大赤字となってしまいました。

日本の映画レビューサイト評価を見てみますと映画.comでは3.5、Filmarksでは3.5、Yahoo!映画では3.51と、海外と比べると概ね好評なようです。(いずれも最高5)

『チューリップ・フィーバー』の感想

実際に映画を見た人が、ツイッターに投稿した感想をいくつか掲載しますので、参考にどうぞ。

主人公のソフィアを演じたアリシア・ヴィキャンデルの美しさを評価する感想ですね。

こちらはシリアスだけでなく笑いもあり、ラストも好みという映画のストーリーを肯定する感想。

絵画から着想を得た映像美と、恋愛話にお金の話を絡ませるという大胆な構成を支持する感想になります。

感想をまとめると、役者・風景共に魅せる映像と、シナリオの斬新さや展開が日本の視聴者にはウケが良かったようです。

『チューリップ・フィーバー』をインターネットで視聴する方法

『チューリップ・フィーバー』は2019年10月現在、以下の配信サイトで視聴することができます。

  • TSUTAYA TV
  • amazon prime video
  • U-NEXT
  • dTV
  • iTunes Store

サイトによって作品ラインナップや受けられるサービスが異なりますので、自分の希望に沿った配信サイトを利用してください。

『チューリップ・フィーバー』紹介のまとめ

中世ヨーロッパの雰囲気と、儚く切ない恋愛ドラマが魅力の映画『チューリップ・フィーバー』。

個性的で、魅力溢れる登場人物ばかりが登場するこの映画、是非一度ご覧ください。

ということで最後まで読んでいただきありがとうございました。この記事を読んで『チューリップ・フィーバー』への興味が高まり、実際に映画を見て貰えるようになれば嬉しいです。

映画をお得に見るなら、DVDショップでのレンタルもいいのですが、動画配信サイトを利用するのが非常にお得です。それぞれに特徴がありますので、まずは1度自分自身に合うサイトかどうかを確認してみてください。

無料体験期間を利用すれば、本登録時のサービスを使うことができます。

最新作を格安で楽しみたい人→無料トライアル実施中!<U-NEXT>

低価格無制限で映画を楽しみたい人→30日間の無料体験期間を試す<Amazon Prime>

ABOUTこの記事をかいた人

ごはん

ごはんと申します。桃屋・ドラゴンボールとは一切関係ございません。 理想の生き方実現に向け、生活環境改造計画進行中。忠犬のごとく「待つ」ことが得意です。webライターとしては主に旅行・映画関係の記事を執筆しております。何事もやり過ぎてしまう傾向があり、ブレーキの踏み加減を日々確かめています。座右の銘は“求めよさらば与えられん”。