監督としても有名な俳優、ケネス・ブラナーの経歴や交際関係について

舞台『十二夜』、映画『ハムレット』など数多くのシェイクスピア作品に出演したケネス・ブラナー。

彼は映画監督や脚本家としても有名ですが、活動期間が30年を超える大ベテランなので今までどんな作品に関わってきたのか知らない方も多いのではないでしょうか。

今回はケネス・ブラナーの経歴や交際関係、趣味の話などを紹介していきます!

(トップ画像出典:http://wall.kabegami.com/editorial/%E3%82%B1%E3%83%8D%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%8A%E3%83%BC?page=17)

ケネス・ブラナーの基本情報

  • 本名:Kenneth Charles Branagh
  • 生年月日:1960年12月10日(20198月現在58歳)
  • 出身地:北アイルランド・ベルファスト(国籍はイギリス)
  • 職業:俳優・映画監督・脚本家・プロデューサー
  • 活動期間:1981年〜
  • デビュー作:『炎のランナー(1981)

ケネス・ブラナーは北アイルランドで生まれたイギリスの俳優で、9歳の時にイングランド・レディングに引っ越しました。

高い演技力を誇り、その実力は20世紀のイギリスを代表する名優、ローレンス・オリヴィエの再来と言われています。

役者人生のはじまり

王立演劇学校(RADA)を首席で卒業し、イングランドの劇団『ロイヤル・シェイクスピア・カンパニー(通称:RSC)』に入団して舞台役者として活躍しました。

何本かの演劇に出演し実力をつけていったケネス・ブラナーは、演劇に更なる可能性を求めて独立。RSCで出来た仲間と一緒に『ルネサンス・シアター・カンパニー(通称:RTC)』を設立。

RTCにはチャールズ皇太子がパトロン(資金援助者)として関わっており、その繋がりでケネス・ブラナーは皇太子が2005年に再婚した際の結婚式に招かれています。

ケネス・ブラナーの映画デビュー作品『炎のランナー』

ケネス・ブラナーはRADAに在学中だった21歳の頃、映画『炎のランナー(1981)』に出演して映画俳優デビューします。

1900年代前半のイギリスを舞台に、イギリス人になりたいユダヤ人と、高い信仰心で神の為に身を捧げるスコットランド人という2人の男性ランナーの関係に焦点を当てた映画です。

ケネス・ブラナーはエンドロールのクレジットにも表記されないちょい役でしたが、学生時代から映画に出演出来るということは確かな才能があったんですね。

『ヘンリー五世』で映画監督に初挑戦、初主演も

1989年公開の映画『ヘンリー五世』でケネス・ブラナーは映画監督に初挑戦し、自分で主演も務めました。


シェイクスピアの戯曲『ヘンリー五世』を原作としたこの映画は好評を博し、ケネス・ブラナーはアカデミー監督賞と主演男優賞にノミネートされました。

また演劇時代には『お気に召すまま』『夏の夜の夢』など数多くのシェイクスピア作品を披露し「ケネス・ブラナーといえばシェイクスピア」というイメージが定着しています。

他にも多数の賞や勲章を獲得したケネス・ブラナー

ケネス・ブラナーは『ヘンリー五世』以外の作品でも多数の栄誉ある賞や勲章を獲得しています。

例えば2001年公開のテレビ映画『謀議』でエミー賞主演男優賞を受賞したり、2011年には『マリリン 7日間の恋』でアカデミー助演男優賞にノミネートされました。

また、1990年にクイーンズ大学・ベルファスト校から名誉文学博士号を授与され、1994年にはイギリスから大英帝国勲章として“コマンダー”の称号が与えられました。

ケネス・ブラナーの出演作品一覧

ケネス・ブラナーが出演している作品を一覧で紹介します。映画を視聴したい時の参考にしてください。

映画
  • 1981年 炎のランナー デビュー作品
  • 1987年 ハイシーズン
  • 1987年 ひと月の夏
  • 1989年 ヘンリー五世 初監督作品初主演
  • 1991年 愛と死の間で 監督主演
  • 1992年 ピーターズ・フレンズ 監督・脚本
  • 1993年 スウィング・キッズ
  • 1993年 から騒ぎ 監督主演
  • 1994年 フランケンシュタイン 監督主演
  • 1995年 世にも憂鬱なハムレットたち 監督・脚本
  • 1995年 オセロ
  • 1996年 ハムレット 監督・脚本・主演
  • 1996年 リチャードを探して
  • 1998年 相続人
  • 1998年 セレブリティ
  • 1998年 ヴァージン・フライト
  • 1998年 ボストン/愛の炎
  • 1999年 ワイルド・ワイルド・ウエスト
  • 2000年 恋の骨折り損 監督・脚本
  • 2000年 舞台よりすてきな生活
  • 2002年 裸足の1500マイル
  • 2002年 ハリー・ポッターと秘密の部屋
  • 2004年 ジム・ヘンソンの不思議の国の物語
  • 2006年 お気に召すまま
  • 2006年 魔笛 監督・脚本
  • 2007年 スルース 監督・製作
  • 2008年 ワルキューレ
  • 2009年 パイレーツ・ロック
  • 2011年 マイティ・ソー 監督
  • 2011年 マリリン 7日間の恋
  • 2014年 エージェント:ライアン 監督
  • 2015年 シンデレラ 監督
  • 2017年 ダンケルク
  • 2017年 オリエント急行殺人事件 監督主演
  • 2019年 アルテミスと妖精の身代金 監督

【ネタバレ有】名探偵ポワロが降臨!オリエント急行殺人事件の魅力!

2019年5月4日
テレビ
  • 1987年 戦火燃ゆる時 映画
  • 2001年 謀議 映画
  • 2002年 シャクルトン 南極海からの脱出
  • 2008年 イラク戦争へのカウントダウン 〜英メディアが描いた10日間〜
  • 2009〜2012年 刑事ヴァランダー 製作総指揮主演

90年代前半は監督と主演を同時に務める作品が多く、90年代後半から2000年代前半は役者に専念し、2000年代後半から現代は監督として参加している作品が多くなっているのが特徴的ですね。

ケネス・ブラナーの趣味はサッカー観戦

ケネス・ブラナーの趣味はサッカー観戦で、プロチームではイングランドの『トッテナム・ホットスパーFC』や北アイルランドの『リンフィールド』、スコットランドの『レンジャーズ』のファンだそうです。

『トッテナム』のサポーターを公言している有名人は数多くいて、作家のJ・K・ローリングや水泳選手のイアン・ソープ、俳優のジュード・ロウなどが応援しています。

トッテナムのホームスタジアム『トッテナム・ホットスパースタジアム』で試合を観戦していたら、ケネス・ブラナーと偶然会ってしまうかもしれませんね。

1993年に自伝を出版

1993年、ケネス・ブラナーは33歳の時に『私のはじまり ケネス・ブラナー自伝』を発表、出版しました。

生い立ちからヘンリー五世を撮影した29歳頃までのことを振り返っており、幼少期や俳優学校時代や俳優デビュー時など、あらゆる時期でケネスが感じた素直な気持ちがユーモラスに記されています。

わずか30年弱の人生で自伝を出版出来るというのは凄いですね。それだけ若い内から活動的で濃い人生を送ってきたということでしょうか。

ケネス・ブラナーの交際歴を紹介

俳優・監督・脚本家とマルチに活躍するケネス・ブラナーですが、果たして結婚はしているのでしょうか?

1989年、ケネス・ブラナーは29歳のときに女優のエマ・トンプソンと結婚しました。

しかし、6年後の1995年に離婚し、その後しばらく女優のヘレナ・ボナム=カーターとの同棲生活を送ります。

ヘレナ・ボナム=カーターとの同棲を経たのち、2003年にアートディレクターのリンゼイ・ブラノックと再婚しました。2019年8月現在もリンゼイ・ブラノックとの結婚生活は続いているようです。

ケネス・ブラナーについての紹介まとめ

舞台役者から始まり、映画監督としても俳優としても数多くの名作を世に出し、国から称号を与えられるほどの活躍をしてきたケネス・ブラナー。

2020年12月には還暦を迎える彼ですが、まだまだその才能と経験を発揮して見応えある作品を創り続けて欲しいですね!

ということで最後まで読んでいただきありがとうございました。この記事を読んでケネス・ブラナーへの興味が高まり、出演作品を見て貰えたら嬉しいです。

映画をお得に見るなら、DVDショップでのレンタルもいいのですが、動画配信サイトを利用するのが非常にお得です。それぞれに特徴がありますので、まずは1度自分自身に合うサイトかどうかを確認してみてください。

無料体験期間を利用すれば、本登録時のサービスを使うことができます。

最新作を格安で楽しみたい人→無料トライアル実施中!<U-NEXT>

低価格無制限で映画を楽しみたい人→30日間の無料体験期間を試す<Amazon Prime>

ABOUTこの記事をかいた人

ごはん

ごはんと申します。桃屋・ドラゴンボールとは一切関係ございません。 理想の生き方実現に向け、生活環境改造計画進行中。忠犬のごとく「待つ」ことが得意です。webライターとしては主に旅行・映画関係の記事を執筆しております。何事もやり過ぎてしまう傾向があり、ブレーキの踏み加減を日々確かめています。座右の銘は“求めよさらば与えられん”。