偉大な父を持つスコット・イーストウッドの経歴・出演作などを紹介!

ハリウッドの大スター、クリント・イーストウッド。日本でも知らない人はほとんどいないと思われる伝説の名優、名監督ですが、その息子スコット・イーストウッドのことはご存知でしょうか?

偉大な父に負けじと、彼も俳優として様々な作品に出演しています。

今回は二世俳優、スコット・イーストウッドに焦点を当て、出演作品や交際関係を紹介していきますよ!

(トップ画像出典:https://stmed.net/wallpaper-142912)

スコット・イーストウッドの基本情報

  • 本名:スコット・クリストン・リーブス
  • 生年月日:1986年3月21日
  • 出身地:アメリカ合衆国カリフォルニア州モントレー生まれハワイ州育ち
  • 活動期間:2006年〜
  • 職業:俳優
  • デビュー作:2006年『父親たちの星条旗(原題:Flags of Our Fathers)』
  • 身長:180cm

スコット・イーストウッドは前述の通り伝説の俳優クリント・イーストウッドと客室乗務員であるジョセリン・リーブスを両親に持つアメリカの俳優です。

父クリント・イーストウッドは複数の女性と関係があり、スコットには6人の異母兄妹がいます。

ハワイで育ったため、サーフィン等のマリンスポーツを趣味にしているようです。

芸能活動初期はスコット・リーブスという芸名で活動

スコット・イーストウッドが俳優活動を始めたばかりの頃の名義は本名とほぼ同じ名前の『スコット・リーブス』でした。

リーブスは母親の姓ですが、なぜ『イーストウッド』を名乗らなかったのでしょうか?

その理由は偉大すぎる父をあてにしたくなかった為です。建設作業員やバーテンダーを兼業しながら地道にオーディションを受け、デビューから数年はスポットの当たらない俳優生活を送っていました。

2006年『父親たちの星条旗』でデビュー

20歳頃、クリント・イーストウッドが監督を手がけた映画『父親たちの星条旗(原題:Flags of Our Fathers)』で俳優デビューを飾ります。

父親が関わる作品のことはかなり意識しているようで、クリント・イーストウッドが手掛けた映画のオーディションの殆どを受けたそうです。

父親が関係する映画では『グラン・トリノ(2008年)』や『インビクタス/負けざる者たち(2009)』に出演しています。

『インビクタス』からスコット・イーストウッド名義に

2009年に公開されたクリント・イーストウッド監督作品『インビクタス/負けざる者たち』から名義をスコット・イーストウッドに改名します。

やはり父親の名前を頼った方が仕事がしやすかったのでしょうか?いいえ、違います。実はスコット・リーブスという名前には同姓同名の俳優が既にいたんです。

別人の方のスコット・リーブスは80年代から活躍しており、俳優業以外にもカントリーミュージックの歌手として活動しています。

スコット・イーストウッド初主演『Enter Nowhere』

デビューから5年間、地道な俳優活動を続けていたスコット・イーストウッドですが、2011年ついに主役の座を勝ち取ります。

それがこの映画『トランス・ワールド(原題:Enter Nowhere)』です。森に迷い込んだ3人の見知らぬ男女に迫るスリルをえがいたサスペンスミステリーです。

映画自体の知名度はあまりありませんが、広げた風呂敷をしっかり畳んでくれるシナリオで低予算感はありつつも一つの作品としてはしっかりまとまっている良作です。

親の力を頼ることなく地道な努力で得た主役の味はさぞ格別だったことでしょうね。

2014年以降、数々の作品で主役を飾っていく

2014年公開の映画『フューリー』で主要メンバーの1人として活躍して以降『パーフェクト・タイム 100億分の1の奇跡』『ロンゲスト・ライド』など主役を飾る作品が増えました。

2016年にカーアクションの傑作『ワイルド・スピード ICE BREAK』、2018年にSF怪獣映画『パシフィック・リム:アップライジング』など有名作品にも続々登場し順調にキャリアを伸ばしています。

スコット・イーストウッドの出演作品一覧

スコット・イーストウッドが出演している主な作品を一覧で紹介します。彼の作品を観たい時の参考にどうぞ。

  • 2006年 『父親たちの星条旗』 デビュー作品
  • 2011年 『トランス・ワールド』 初主演作品
  • 2014年 『フューリー』
  • 2014年 『パーフェクト・タイム 100億分の1の奇跡』 主演
  • 2015年 『ロンゲスト・ライド』 主演
  • 2015年 『The Bachelor with Dogs and Scott Eastwood』 主演(本人役)
  • 2015年 『デンジャラス・プラン 裏切りの国境線』 主演
  • 2015年 『Diablo』 主演
  • 2016年 『スーサイド・スクワッド
  • 2017年 『ワイルド・スピード ICE BREAK』
  • 2017年 『スクランブル』 主演
  • 2018年 『パシフィック・リム:アップライジング』

不思議な実話『パーフェクト・タイム 100億分の1の奇跡』を紹介

2019年8月5日

ここで紹介した以外にも出演作品がありますが、有名な作品や主演作品をメインにあげてみました。2014年以降の活躍が本当にめざましく、2015年に至っては出演した4本全ての作品で主役を演じています。

ちなみに2015年にシンガーのテイラー・スウィフトの楽曲『Wildest Dreams』のミュージックビデオにも出演していました。

鍛え抜かれた肉体を持つスコット・イーストウッド

冒頭でサーフィンなどのマリンスポーツについて触れましたが、そのほかにもキックボクシングなどで体を鍛えている様子がインスタグラムに投稿されています。

引き締まった肉体美が自慢のようで、上半身裸の画像が多数存在します。身長は180cmで、父親よりも13cm低いのですが、筋肉のおかげで実際の数字より大きく見えるかもしれません。

男ならこの身体は誰でも憧れますし、女性なら思わずドキドキしてしまうのも頷ける素晴らしい筋肉ですね!

スコット・イーストウッドの交際歴について

父親似のイケメンで肉体もムキムキなスコット・イーストウッドですが、交際関係はどうなっているのでしょうか?

彼はかつてジュエル・ブラングマンという美人モデルとお付き合いしていました。

しかし、彼女は2014年に自動車接触事故により亡くなってしまったそうです。その時の悲しみが大きく、事故以降スコット・イーストウッドは未だ誰とも付き合えていないようです。

辛いエピソードに心が痛くなりますが、いつか立ち直って天国のジュエル・ブラングマンに笑顔を見せられると良いですね。

二世俳優、スコット・イーストウッドについての情報まとめ

ハリウッドのレジェンド、クリント・イーストウッドの息子として生まれ、自身も俳優の道を目指しながらも決して父親の助けは借りようとしないストイックさが魅力のスコット・イーストウッド。

長い下積みや哀恋を経験して、彼は少しづつ俳優として大成しつつあります。自分の目標に真っ直ぐ突き進む誠実な姿勢を、今後も応援していきたいですね。

ということで、最後まで読んでいただきありがとうございました。この記事でスコット・イーストウッドへの興味が高まって出演作品に触れていただけると嬉しいです。

映画をお得に見るなら、DVDショップでのレンタルもいいのですが、動画配信サイトを利用するのが非常にお得です。それぞれに特徴がありますので、まずは1度自分自身に合うサイトかどうかを確認してみてください。

無料体験期間を利用すれば、本登録時のサービスを使うことができます。

最新作を格安で楽しみたい人→無料トライアル実施中!<U-NEXT>

低価格無制限で映画を楽しみたい人→30日間の無料体験期間を試す<Amazon Prime>

ABOUTこの記事をかいた人

ごはん

ごはんと申します。桃屋・ドラゴンボールとは一切関係ございません。 理想の生き方実現に向け、生活環境改造計画進行中。忠犬のごとく「待つ」ことが得意です。webライターとしては主に旅行・映画関係の記事を執筆しております。何事もやり過ぎてしまう傾向があり、ブレーキの踏み加減を日々確かめています。座右の銘は“求めよさらば与えられん”。