カメレオン俳優、スティーブ・カレルの経歴・出演作まとめ

様々な役柄を演じ分けられるカメレオン俳優として活躍する俳優、スティーブ・カレル。

実は彼の経歴には『うだつの上がらない一般人から役者に転向したら超絶お金持ちになった』という羨ましすぎるサクセスストーリーがあったことをご存知ですか?

ということで今回はスティーブ・カレルがお金持ちになるまでの経歴や出演作品をまとめてみました!

(トップ画像出典:http://wall.kabegami.com/editorial/%E3%82%B9%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%B4%E3%83%BB%E3%82%AB%E3%83%AC%E3%83%AB?page=1)

スティーブ・カレルの基本情報

  • 本名:Steven Carell
  • 生年月日:1962年8月16日(2019年9月現在57歳)
  • 出身地:アメリカ合衆国マサチューセッツ州コンコード
  • 職業:俳優・コメディアン・脚本家・映画プロデューサー
  • 活動期間:1989年〜
  • 映画デビュー作:『カーリー・スー(1991)

スティーブ・カレルは電気エンジニアの父、エドウィン・A・カレルと精神科看護師の母、ハリエット・テレサを両親に持つ俳優で、4人兄弟の末っ子です。

学生時代はコメディ劇団に所属しており、コメディアンとして活躍していたこともありました。また、脚本やプロデューサーとして裏方の仕事もこなしています。

スティーブ・カレルの学生時代

スティーブ・カレルは高校時代、即興劇団に所属すると同時に、アイスホッケーとラクロスをプレイするスポーツマンでした。

スポーツだけでなくファイフという横笛を演奏しており、家族でリンカーンの歩兵連隊を再現したグループで演奏したこともあります。

オハイオ州グランヴィルにあるデニソン大学を卒業後、リトルトンという町で郵便配達員として働いていましたが、上手く仕事をこなせず7ヶ月で退職しました。

退職後にシカゴで活動しているコメディ劇団『セカンド・シティ』に加入し、他のコメディ劇団と共演で舞台に立ち、演技力を磨きました。

スティーブ・カレルの映画デビュー作品『カーリー・スー』

劇団『セカンド・シティ』に所属していたスティーブ・カレルは、1991年『カーリー・スー』という映画で俳優デビューします。

『当たり屋』をして生活費を稼ぐ2人組、ホームレスの少女カーリー・スーと、彼女の保護者を名乗る男ビル・ダンサーの複雑な絆を描いた物語です。

彼の出演時間はほんのわずかで、エンドロールには本名名義のSteven Carellとしてクレジットされていました。

この映画をきっかけにメディア出演の機会を掴んだスティーブ・カレル。その後しばらくの間テレビを中心に活動します。

『ザ・デイリー・ショー』のレポーターとして知名度を上げる

1999〜2005年にアメリカのコメディ専門チャンネル『コメディセントラル』で放送されているコメディ・ニュース番組『ザ・デイリー・ショー』のレポーターとしてレギュラー出演しました。

ニュース風のセットで政治や時事ネタを面白おかしく風刺する番組で、現実のニュースを大胆にパロディした作風は若者を中心に人気を獲得し、2005年と2006年にエミー賞を受賞しました。

この番組が人気になると同時に、レギュラーで活躍したスティーブ・カレルも徐々に知名度を上げ、後のキャリアに大きな影響を与えました。

2005年『40歳の童貞男』で初主演の座に

スティーブ・カレルの初主演作品は2005年公開の映画『40歳の童貞男』です。脚本と製作総指揮も兼任しました。

フィギュア集めが趣味なオタク、アンディは40歳にして童貞でした。彼の童貞を卒業させようと友人たちがあの手この手で女性に慣れさせようと頑張るコメディ映画です。

この映画は興行収入1億ドルを越えるヒット作となり、彼の演技力や脚本センスが確かなものだと証明する作品となりました。

この映画と同年放送されたテレビドラマ『ザ・オフィス』でも主演を務めて好評を博し、ゴールデングローブ賞を受賞しています。

代表作は2014年公開の『フォックスキャッチャー』

スティーブ・カレルのキャリアで最も成功した作品は、2014年公開の映画『フォックスキャッチャー』です。

1996年に実際に起こった殺人事件を題材にした映画で、スティーブ・カレルは大富豪でレスリング好きな統合失調症患者、ジョン・デュポンを演じました。

この映画でゴールデングローブ賞とアカデミー賞の主演男優賞にノミネートされたスティーブ・カレルは、童貞おじさんから殺人鬼までこなせる幅広い演技力から『カメレオン俳優』と呼ばれるようになります。 

スティーブ・カレルの出演作品一覧

スティーブ・カレルが出演している作品を一覧で紹介します。彼の出演作品を観たい時の参考にしてください。※メインで出演している作品のみ紹介しています。

映画
  • 1991年 カーリー・スー 映画デビュー作
  • 2004年 俺たちニュースキャスター
  • 2005年 40歳の童貞男 初主演作 脚本・製作総指揮兼務
  • 2006年 リトル・ミス・サンシャイン
  • 2006年 森のリトルギャング アニメ映画
  • 2007年 エバン・オールマイティ
  • 2008年 ホートン 不思議な世界のダレダーレ
  • 2008年 ゲット スマート 主演 製作総指揮兼務
  • 2010年 デート&ナイト 主演
  • 2010年 怪盗グルーの月泥棒 3D 主演 アニメ映画
  • 2010年 奇人たちの晩餐会USA 主演
  • 2011年 ラブ・アゲイン 主演 製作兼務
  • 2012年 エンド・オブ・ザ・ワールド 主演
  • 2012年 31年目の夫婦げんか
  • 2013年 プールサイド・デイズ
  • 2013年 俺たちスーパーマジシャン 主演 製作兼務
  • 2013年 怪盗グルーのミニオン危機一髪 主演 アニメ映画
  • 2013年 俺たちニュースキャスター 史上最低!?の視聴率バトルinニューヨーク
  • 2014年 フォックスキャッチャー 主演
  • 2014年 アレクサンダーの、ヒドくて、ヒサンで、サイテー、サイアクな日 主演
  • 2015年 ハンズ・オブ・ラヴ 手のひらの勇気
  • 2015年 マネー・ショート 華麗なる大逆転
  • 2016年 カフェ・ソサエティ
  • 2017年 怪盗グルーのミニオン大脱走 主演 アニメ映画
  • 2017年 バトル・オブ・ザ・セクシーズ
  • 2017年 30年後の同窓会 主演
  • 2018年 ビューティフル・ボーイ 主演
  • 2018年 バイス
  • 2018年 マーウェン
  • 2019年 Irresistible 主演

映画「カフェ・ソサエティ」あらすじ・キャストまとめ【ネタバレ有】

2019年8月27日

「ラブ・アゲイン」中年男がモテるために大変身!?(男性必見!)

2019年8月6日
テレビ
  • 1996年 The Dana Carvey Show
  • 1996〜2011年 Saturday Night Live
  • 1997年 Over the Top
  • 1998年 Just Shoot Me!
  • 1999〜2005年 ザ・デイリー・ショー
  • 2000年 Strangers with Candy
  • 2002〜2003年 Watching Ellie
  • 2004年 Fillmore!
  • 2004年 Come to papa
  • 2005〜2013年 ザ・オフィス
  • 2007年 The Naked Truker and T-Bones Show
  • 2011年 人生短し…
  • 2012年 ザ・シンプソンズ アニメ
  • 2013年 ウェブセラピー
  • 2016〜2019年 The Morning Show
  • 放送時期未定 Space Force

2005〜2013年は主演と裏方を兼務する作品がいくつかありますが、現在は俳優としてのみ活躍しているようです。

世界中の子供達に人気のCGアニメーション映画『怪盗グルーシリーズ』では、主人公、フェロニアス・グルー役も声優として演じており、彼のキャリアを語る上で外せない代表作ですね。

多忙な日々を送った結果『最も稼いでいる俳優』に選ばれる

俳優・脚本・プロデューサーと忙しく働いたスティーブ・カレルは、たくさんお金を稼いでいだ俳優としても有名です。

2009年11月に発売したアメリカの経済誌『フォーブス』の特集記事『テレビ界で最も稼いでいる俳優ランキング』で2008年6月から1年間で2100万ドル稼いだとして5位に入りました。

2年後の10月、同じ企画で2010年5月から1年間で1500万ドルの収入を得て今度は第3位を獲得しています。

1500万ドルは日本円にして約11億4000万円(2010年当時)にもなります。郵便配達員として働いていたころはこんなにお金持ちになるなんて、想像もしていなかったでしょうね。

スティーブ・カレルの恋愛事情

マルチな活躍でお金をたくさん稼いだスティーブ・カレルですが、ここでは彼の恋愛事情について迫っていきます。

1995年8月5日に女優のナンシー・カレルと結婚し、2001年に長女のエリザベス・アン、2004年に長男のジョンが生まれました。現在スティーブ・カレルは2児の父ということですね。

ナンシーとはコメディ劇団『セカンド・シティ』時代に知り合い『ザ・デイリー・ショー』や『ザ・オフィス』でも共演しています。

スティーブ・カレルの紹介まとめ

学生時代にコメディ劇団員として始まったスティーブ・カレルの役者人生。年々腕を磨いた結果、幅広い役柄をこなせる『カメレオン俳優』とまで呼ばれるようになりました。

どんな作品でも活躍できる彼ですから、これからもいろんな映画に登場しそうですね!

ということで最後まで読んでいただきありがとうございました。この記事を読んでスティーブ・カレルのことが気になったら、ぜひ出演作品を視聴してみてくださいね。

映画をお得に見るなら、DVDショップでのレンタルもいいのですが、動画配信サイトを利用するのが非常にお得です。それぞれに特徴がありますので、まずは1度自分自身に合うサイトかどうかを確認してみてください。

無料体験期間を利用すれば、本登録時のサービスを使うことができます。

最新作を格安で楽しみたい人→無料トライアル実施中!<U-NEXT>

低価格無制限で映画を楽しみたい人→30日間の無料体験期間を試す<Amazon Prime>

ABOUTこの記事をかいた人

ごはん

ごはんと申します。桃屋・ドラゴンボールとは一切関係ございません。 理想の生き方実現に向け、生活環境改造計画進行中。忠犬のごとく「待つ」ことが得意です。webライターとしては主に旅行・映画関係の記事を執筆しております。何事もやり過ぎてしまう傾向があり、ブレーキの踏み加減を日々確かめています。座右の銘は“求めよさらば与えられん”。