多才な女優、ゾーイ・クラヴィッツの出演作品・交際歴を紹介します

『X-MENシリーズ』や『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』に出演した女優、ゾーイ・クラヴィッツ。

大胆なヘアスタイルやファッションセンスで人々を沸かせるエンタテイナーな彼女ですが、実は女優以外にも歌手やモデルとしても活躍しているって知っていましたか?

今回はゾーイ・クラヴィッツの経歴から出演作品、交際関係などを紹介していきます!

(トップ画像出典:http://wall.kabegami.com/editorial/%E3%82%BE%E3%83%BC%E3%82%A4%E3%83%BB%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%83%83%E3%83%84?page=1)

ゾーイ・クラヴィッツの基本情報

  • 本名:ゾーイ・イザベラ・クラヴィッツ (Zoë Isabella Kravitz)
  • 生年月日:1988年12月1日(20198月現在30歳)
  • 出身地:アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルス
  • 職業:女優・歌手・モデル
  • 活動期間:2007〜
  • デビュー作:『幸せのレシピ(2007)

ゾーイ・クラヴィッツはカリフォルニア州ロサンゼルス出身の女優・歌手・モデルです。

マイアミとマンハッタンのスクールに通ったのち、ニューヨーク州立大学パーチェス校で演技を学びます。

パーチェス校在学中に、映画の仕事をする為にブルックリンへと引っ越しました。

ゾーイ・クラヴィッツの家族について

ゾーイ・クラヴィッツの父はミュージシャンのレニー・クラヴィッツ。母は女優のリサ・ボネットです。

レニー・クラヴィッツはセカンドアルバム『ママ・セッド』の中に『Flowers for Zoë』という幼いゾーイ・クラヴィッツへのトリビュート(贈る)曲を収録しました。

1993年、ゾーイ・クラヴィッツが5歳の時に両親が離婚しました。11歳まで母と暮らし、その後は父と暮らして夏の間だけ母元へ帰省するという複雑な家庭環境で育ったのです。

また、母と俳優のジェイソン・モモアの間には子供がいて、ゾーイ・クラヴィッツの異父妹弟に当たります。

2007年に映画『幸せのレシピ』で女優デビュー

大学で演技を学んでいたゾーイ・クラヴィッツは、在学中だった2007年に長編映画『幸せのレシピ』で女優デビューを果たします。

この映画でキャサリン・ゼタ=ジョーンズやアーロン・エッカートと共演しました。

2008年に公開された映画『ブレイブ ワン』では10代の娼婦という難しい役どころに挑戦。

ジョディ・フォスターやテレンス・ハワードといった役者と繋がりを持つようになります。

代表作は大人気アメコミが原作の映画『X-MENシリーズ』

ゾーイ・クラヴィッツの代表作として最も有名な作品は『X-MEN』シリーズです。


アメリカの大人気コミックス『X-MEN』の実写映画で、強酸性の唾を吐いたり、空を飛んだりする特殊能力を持つキャラクター、エンジェル・サルバドーレを演じました。

エンジェル・サルバドーレの空を飛ぶ能力を再現する為に、ワイヤーアクションにも挑戦しています。

彼女の代表作には他にも『ダイバージェントシリーズ』や『マッドマックス 怒りのデスロード』などがあります。

ゾーイ・クラヴィッツの出演作品一覧

ゾーイ・クラヴィッツが出演している作品を一覧で紹介します。彼女の出演作品が観たい時の参考にしてください。

映画
  • 2007年 幸せのレシピ 女優デビュー作品
  • 2007年 ブレイブ ワン
  • 2008年 処刑教室
  • 2009年 グレイティスト
  • 2010年 トゥエルブ
  • 2010年 なんだかおかしな物語
  • 2011年 X-MEN:ファースト・ジェネレーション 代表作
  • 2013年 アフター・アース
  • 2014年 ダイバージェント 代表作
  • 2014年 X-MEN:フューチャー&パスト 代表作
  • 2014年 ドローン・オブ・ウォー
  • 2015年 ダイバージェントNEO 代表作
  • 2015年 マッドマックス 怒りのデス・ロード 代表作
  • 2015年 DOPE/ドープ!!
  • 2016年 ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅 写真のみ
  • 2016年 ロキシー 初主演作品
  • 2016年 ダイバージェントFINAL
  • 2017年 レゴバットマン ザ・ムービー
  • 2017年 ミッシング・ガール
  • 2017年 ラフ・ナイト 史上最悪!?の独身さよならパーティー
  • 2018年 ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生 代表作
  • 2018年 スパイダーマン:スパイダーバース 声の出演
テレビドラマ
  • 2011年 カリフォルニケーション
  • 2017年 ビッグ・リトル・ライズ 〜セレブママたちの憂うつ〜 

『X-MEN』や『ダイバージェント』といった有名作に出演していますが、主演やメインヒロインといった経験が2016年の『ロキシー』しかありません。

2019年8月時点で年齢は30歳ですし、まだまだこれからの活躍に期待したいですね!

ジェイ・Zのミュージックビデオに出演

ゾーイ・クラヴィッツは音楽関係の仕事もこなしていて、2008年にアメリカで最も評価を受けているラッパー、ジェイ・Zが発表したシングル『I KNOW』のミュージック・ビデオに出演しました。

同じ時期にラッパーのウィル・アイ・アムが発表した、当時アメリカ大統領の候補者だったバラク・オバマ氏を支持した楽曲『We Are The Ones』のミュージック・ビデオにも出演。歌声も披露しました。

音楽的なセンスの高さはミュージシャンの父親レニー・クラヴィッツの影響でしょうか。

ゾーイ・クラヴィッツはバンドも組んでいます

ミュージック・ビデオの出演だけでなく2009年には『エレベーター・ファイト』というバンドを結成し、ニューヨークやフィラデルフィアを拠点に活動しています。

担当はボーカルで、サウス・バイ・サウスウエスト音楽祭やルーツ・ピクニックといったアメリカの音楽フェスに出演しました。

ザ・ルーツ、TV・オン・ザ・レディオ、ブラック・キーズといった音楽グループと共演したこともあります。

ミュージック・ビデオでの歌唱といい類稀な音楽の才能を父親レニー・クラヴィッツから受け継いだようですね。

モデルとしても活躍中のゾーイ・クラヴィッツ

身長は157cmと小柄なゾーイ・クラヴィッツですが、卓越したファッションセンスと美貌を活かしてモデルとしても活躍中です。

『Jalouse』『Venus Zine』『ELLE』といったファッション誌に登場しました。

またファッションブランド、ヴェラ・ウォンは販売している香水『Peincess』のキャンペーンガールにも選ばれ、サイトや広告の顔として使用されています。

ゾーイ・クラヴィッツの交際関係を紹介

女優にモデルに音楽活動にと多忙そうなゾーイ・クラヴィッツですが、交際関係はどうなっているのでしょうか?

彼女は過去にベン・フォスター、エズラ・ミラー、マイケル・ファスベンダー、ペン・バッジリー、クリス・パインといったイケメン俳優たちと交際していました。

2016年10月から交際していた俳優のカール・グルスマンと2018年10月に婚約しました。

2019年2月にはメディアに知らせない『極秘結婚』を済ませ、6月にフランスで結婚式を挙げたそうです。

ゾーイ・クラヴィッツについての紹介まとめ

才能と美貌とセンスを活かして人気作品や音楽、モデルとしても活躍するゾーイ・クラヴィッツ。

主役を務めた作品はまだまだ少ないですが、確かな実力はある女優です。いつかアカデミー賞級の作品でメインを張るかもしれません。これからの活躍に期待したいですね!

ということで最後まで読んでいただきありがとうございました。この記事を読んでゾーイクラ・ヴィッツへの興味が高まり、出演作品にも手を伸ばして貰えたら嬉しいです。

映画をお得に見るなら、DVDショップでのレンタルもいいのですが、動画配信サイトを利用するのが非常にお得です。それぞれに特徴がありますので、まずは1度自分自身に合うサイトかどうかを確認してみてください。

無料体験期間を利用すれば、本登録時のサービスを使うことができます。

最新作を格安で楽しみたい人→無料トライアル実施中!<U-NEXT>

低価格無制限で映画を楽しみたい人→30日間の無料体験期間を試す<Amazon Prime>

ABOUTこの記事をかいた人

ごはん

ごはんと申します。桃屋・ドラゴンボールとは一切関係ございません。 理想の生き方実現に向け、生活環境改造計画進行中。忠犬のごとく「待つ」ことが得意です。webライターとしては主に旅行・映画関係の記事を執筆しております。何事もやり過ぎてしまう傾向があり、ブレーキの踏み加減を日々確かめています。座右の銘は“求めよさらば与えられん”。