『キングダム/見えざる敵』はラストのセリフまで見逃せない名作!

2007年に公開されたアメリカ映画の『キングダム/見えざる敵』。

サウジアラビアで起きた爆破テロ事件の首謀者を突き止めるため、4人のFBI捜査官が現地に派遣されるというお話ですが、今回は観たことがない方のために映画の登場人物や見所などを紹介していきます!

(トップ画像出典:https://www.amazon.co.jp/%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%80%E3%83%A0-%E8%A6%8B%E3%81%88%E3%81%96%E3%82%8B%E6%95%B5-DVD-%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%82%A4%E3%83%9F%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9/dp/B001FR1NY4)

『キングダム/見えざる敵』の概要

  • 公開日:アメリカ…2007年9月28日/日本…2007年10月16日
  • 主演:ジェイミー・フォックス
  • 監督:ピーター・バーグ
  • 脚本:マシュー・マイケル・カーナハン
  • ジャンル:サスペンス
  • 配給:ユニバーサルピクチャーズ
  • 上映時間:110分

『キングダム/見えない敵』は、サウジアラビアとアメリカの複雑な国交に切り込んだ社会派映画で、作中で起きた事件はフィクションですが、現実に起きた2件のテロ事件を元に製作されています。

過激な戦闘シーンが多数あるので各国で年齢制限がかかっており、日本ではPG-12(12歳未満は親や保護者の指導や助言が要る)に規定されています。

『キングダム/見えない敵』のあらすじ

サウジアラビアの首都リヤドで、警察官を装ったゲリラ集団が外国人居住区を襲撃し、100人以上を虐殺する。死者の中にはFBI捜査官のフランもいた。

FBIはロナルドら4人の捜査官を5日間の期限付きで現地へ送る。彼らは歓迎されざる存在だったが、サウジアラビア警察のアル・ガージー大佐と部下のハイサム軍曹の協力を得る。彼らはアルカイダの一員であるアブ・ハムザが率いるグループに目星を付け、必死の捜査を展開する。

(引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/キングダム/見えざる敵)

『キングダム・見えざる敵』の登場人物(FBI捜査官)

ロナルド・フルーリー (演:ジェイミー・フォックス)

この物語の主人公。事件に巻き込まれた同僚の無念を晴らす為、あらゆる手を尽くしてテロリストたちを追い詰めていきます。

主演を務めたジェイミー・フォックスは、エンターテイメント界で活躍をした人の名前をハリウッドにある道路に刻む『ハリウッド・ウォーク・オブ・フェーム』という観光名所に名を残すほどの名俳優です。

実力派俳優、ジェイミー・フォックスの出演作品や交際歴まとめ

2019年8月21日

ジャネット・メイズ (演:ジェニファー・ガーナー)

法医学調査官で、人の死に対して素直に涙を流せる心優しき女性です。サウジアラビア特有の男尊女卑的な文化にも負けずに、得意の医学分野から事件を探っていきます。

ジャネット役のジェニファー・ガーナーはテレビドラマ『エイリアス(2001)』や映画『デアデビル(2003)』などを代表作とするヒューストン出身の女優です。

グラント・サイクス (演:クリス・クーパー)

爆発物の知識に長ける初老の男性。よく冗談を言ってみんなを和ませています。事件現場に残った爆弾の破片やそれによって吹き飛んだ物から犯人の身元を割り出していきます。

そんな陽気な老人グラントを務めたのは『アメリカン・ビューティー(1999)』『アダプテーション(2002)』などに出演した名脇役のクリス・クーパー。

アダム・レビット (演:ジェイソン・ベイトマン)

映像やネット等の情報分析を得意とする男性で、知識は豊富ですが気弱な性格なのでナメられがちです。テロリストがネットに公開した映像から足取りを追っていきます。

ジェイソン・ベイトマンは『ハンコック(2008)』『ズートピア(2016・声の出演)』などで知られるニューヨークの俳優で、監督や製作を兼務したこともあります。

『キングダム 見えざる敵』の登場人物(サウジアラビア警察)

アル・ガージ大佐 (演:アシュラフ・バルフム)

調査に来たFBI捜査官4人の警護・管理を、サウジアラビアの王子ハーリドから命じられた地元の警察官。最初はロナルドたちをぞんざいに扱っていましたが、行動を共にする内に親交を深めていきます。

もう1人の主人公とも言える活躍をするアル・ガージ大佐を演じたアシュラフ・バルフムは、イスラエル出身の俳優で世界的に注目を浴びた『パラダイス・ナウ(2005)』に出演していました。

ハイサム軍曹 (演:アリ・スリマン)

テロ事件が起きたときの現場にいたアル・ガージ大佐の部下。テロリストの仲間と疑われて所属チームの将軍から酷い拷問を受けてしまいます。

アル・ガージ大佐と共に捜査に協力したハイサム軍曹を演じたのは『ワールド・オブ・ライズ(2008)』に出演したパレスチナ人のアリ・スリマン。

アメリカとサウジアラビアの関係について

この映画は現実のアメリカとサウジアラビアの関係性を忠実に再現しています。

“世界一の産油国”サウジアラビアと“世界一の石油消費国”アメリカ。サウジアラビアの資源によってアメリカは発展し、アメリカの資金によってサウジアラビアには貧富の差が生まれ、兵器を持つ者が現れました。

映画の冒頭にはサウジアラビアとアメリカが歩んで来た国交の歴史が紹介されます。現実で起こっている問題を取り扱うことで、フィクションではなく現実に起こっていることだと気づかせる演出です。

『キングダム/見えざる敵』の見所

この映画の見所は主に2つあり、カーチェイスや銃撃戦といった激しいアクションシーンと、少しずつ変化するロナルドとアル・ガージ大佐の関係性です。

息を飲むほど過激なアクション

冒頭のテロシーンや中盤〜終盤にかけてのテロリストとの抗争では沢山の重火器が登場し、一歩間違えれば即死に繋がるギリギリの戦闘シーンが展開されていきます。

ハイウェイでのカーチェイスシーンもとにかく派手派手で「FBI捜査官たちよく生き残れたな…」と感心するほど周りの車が次々と吹っ飛んで、爆発して、ぶっ壊れていきます。

事件の捜査を通して生まれる友情

アル・ガージ大佐はいきなり任されたFBIの警護業務に乗り気ではなく、最初はロナルドたちの意見にも聞く耳を持ちませんでした。

しかし、FBI捜査官たちの能力の高さや人間性に触れる内、徐々に打ち解けて自分の家族や憧れていたヒーローの話をするほどに仲良くなっていきます。

2時間に満たない映画ですが、伏線がしっかり貼られたサスペンス要素とハードアクションを盛り込みつつ、丁寧に友情関係の構築まで描いているのは素晴らしいの一言。

ラストシーンから伝わる重たい『テーマ』に注目

この映画は歴史情勢とサスペンスとアクションが見事に融合した映画で、画面から片時も目を離す暇がないほど面白いのですが、ラストシーン…特に最後のセリフは、観た人の心に必ず重くのしかかります。

どんなセリフかは『観てからのお楽しみ』ということであえてここで紹介はしません。戦争・テロはなぜ起こるのか、兵器・兵士はなぜ生まれるのか…『平和』とは何なのかということを深く考えさせられます。

『キングダム/見えざる敵』の評価・感想

映画.comでは3.5、Yahoo映画では3.89、Filmarksでは3.6と全て平均以上の評価で概ね好評なようです。(全て最高5)

実際に映画を見た人の感想も紹介します。参考にしてみましょう。

こんな映画が観たかった!
救出作戦は緊張感マックスでハラハラしたし、たまに挟むユーモアがシュールで面白い。
アラビア語を通訳してる途中に相手が使った英語をそのまま英語で繰り返すの笑ってしまった。
ストーリーは単純だけど伏線も張ってしっかり回収してるし、ラストシーンもちょっと無理やりだけど素晴らしい。

(引用:https://eiga.com/movie/34181/review/)

オープニングのテロ襲撃シーンでは一気に観客の心を鷲掴みにするストーリーの求心力が半端ないし、ラストの銃撃戦がやたらに丁寧に演出されているのは製作に一枚噛んでいるらしいマイケル・マンの影響だろうか。
ただ、あとの部分は演出の緩急が乏しく、わりと淡々とストーリーが流れていったような印象を受けた。8千万ドル(約100億円)も製作費をかけている大作に見えなかったのは、この演出の軽さからくる印象が原因かもしれない。
フィクションというだけに、ケレン味のないアクションに重きを置かれていることは一目瞭然だが、本作が社会派作品としての性格を持っているのは、ラストのセリフがあるからこそだと思う。すべてはこのセリフのためにあるような脚本だ。
ジェイミー・フォックスはじめ、役者陣は健闘しているし、全体的な空気感は良いだけに、個人的にはちょっともったいない作品だと思った。

(引用:https://movies.yahoo.co.jp/movie/328272/review/660/?c=8&sort=lrf)

手持ちのカメラでドキュメンタリー風に見せようとしているのか?
それともアクション映画として臨場感を持たせようとしたのか?
いずれにせよどれも中途半端で結局何が言いたいのかよく分からない
ただしアメリカとサウジアラビアの関係はなんとなくわかった気がするし
日本人は本当に何も知らないのだと打ちのめされた
でもこれは作品内容とは全く別の感情で
作品からはあまり何も感じ取れなかった

(引用:https://filmarks.com/movies/13986/no_spoiler?page=6)

アクションやラストシーンを評価する声が多数ある一方、ストーリーの中だるみや手ブレで見辛い映像を指摘する感想もありますね。

筆者個人的には手持ちカメラは臨場感が出て雰囲気作りとしては良いと思うのですが…見る人によっては見辛くて疲れてしまうかもしれません。

この映画をインターネットで視聴する方法

『キングダム/見えざる敵』は2019年8月現在、下記の配信サイトで視聴することができます。

  • dTV
  • amazon prime video
  • Netflix
  • ビデオマーケット
  • TSUTAYA TV
  • 楽天TV
  • auビデオパス

サイトによって作品ラインナップや受けられるサービスが異なりますので、自分の希望に沿った配信サイトを利用してください。

VOD料金(税別)取り扱いのある媒体・ジャンル特徴無料体験期間
U-NEXT月額¥1,990映画、ドラマ、アニメ、雑誌、マンガ、書籍、R-18etc...・最新作の配信がダントツで速い
・1契約で4アカウント作成可能
・映画チケットの割引サービス
31日間
Amazon Prime ビデオ月額¥500
年額¥4,900
映画、アニメ、ドラマ、バラエティetc...・Prime会員になれば、買い物やその他のサービスもお得に利用できる
・月額料金がダントツに安い
30日間
ビデオマーケット月額¥500
月額¥980
映画、アニメ、ドラマ、韓流ドラマetc...・民放各局の人気ドラマが見られる
・韓流ドラマの取り扱い数が豊富
・取り扱い作品本数が圧倒的に多い
初月
Hulu月額¥933映画、アニメ、ドラマ、バラエティ、ニュースetc...・フジテレビと日テレ系列のアニメ作品が多い
・リアルタイムのコンテンツが豊富
2週間
FOD月額¥888映画、アニメ、ドラマ、バラエティ、雑誌、マンガetc...・フジテレビ系列の映画やドラマが豊富
・見逃し配信の期間が限定されない
31日間
dTV月額¥500映画、アニメ、ドラマ、カラオケ音源、ニュース、バラエティetc...・カラオケ音源がある
・過去に放映された海外映画が多い
・キャッシュバックキャンペーンがあり
31日間
WOWOW月額¥2,300映画、ドラマ、アニメ、スポーツ、音楽番組etc...・アーティストのライブ映像やスポーツが観られる
・人気作品のリピート放送がある
・アカデミー賞、グラミー賞の中継もある
初月
TSUTAYA TV月額¥933映画、ドラマ、アニメ、R-18etc...・ダウンロード機能付き
・TSUTAYAの宅配レンタルがセットになったプランがある
30日間
Netflix月額¥800映画、ドラマ、アニメ、ドキュメインタリーetc…定額、低価格で、いつでもどこでも、好きなだけ視聴することができ、広告は一切ありません。

『キングダム/見えざる敵』の紹介まとめ

日本でのんきに暮らしているだけでは知りようもない、世界が抱える問題に切り込んだ『キングダム/見えざる敵』。幸いにも戦争やテロが縁遠いものとなっている、日本人だからこそ観て欲しい映画です。

映画の中のお話として片付けるのではなく、今日も世界のどこかで同じことが起こっているということを意識して少しだけ『平和』について考えてみてください。

ということで最後まで読んでいただきありがとうございました。この記事を読んで『キングダム/見えざる敵』への興味を深めて映画を視聴して貰えると嬉しいです。

映画をお得に見るなら、DVDショップでのレンタルもいいのですが、動画配信サイトを利用するのが非常にお得です。それぞれに特徴がありますので、まずは1度自分自身に合うサイトかどうかを確認してみてください。

無料体験期間を利用すれば、本登録時のサービスを使うことができます。

最新作を格安で楽しみたい人→無料トライアル実施中!<U-NEXT>

低価格無制限で映画を楽しみたい人→30日間の無料体験期間を試す<Amazon Prime>

ABOUTこの記事をかいた人

ごはん

ごはんと申します。桃屋・ドラゴンボールとは一切関係ございません。 理想の生き方実現に向け、生活環境改造計画進行中。忠犬のごとく「待つ」ことが得意です。webライターとしては主に旅行・映画関係の記事を執筆しております。何事もやり過ぎてしまう傾向があり、ブレーキの踏み加減を日々確かめています。座右の銘は“求めよさらば与えられん”。