ドラマのような生い立ち!女優リブ・タイラーはいかにして生まれ、羽ばたいたのか

女優として、歌手として活躍するリブ・タイラー。彼女は一体どんな人なのでしょうか。

今回この記事では、リブ・タイラーの基本情報や来歴などをわかりやすくまとめてみました。

この記事を読めば、リブ・タイラーの生い立ちから活動内容、出演作まで、彼女の情報を詳しく網羅することができます。ぜひ最後まで読んでみてください!

リブ・タイラーのプロフィール

  • 本名:Liv Rundgren Tyler
  • 生年月日:1997年7月1日
  • 出身地:アメリカ合衆国
  • 職業:女優、歌手、元モデル
  • 活動期間:1992年~(モデルとしての活動期間も含む)
  • デビュー作:Silent Fall(1994年)

リブ・タイラーは、アメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨーク生まれの女優です。

モデルとして活動していたビビ・ジュエルと、超人気ロックバンド・エアロスミスのボーカル、スティーヴン・タイラーとの間に生まれました。

リブ・タイラーの生い立ち

リブの実の父親はスティーヴンですが、育ての父親はリブの母ビビの元交際相手であるミュージシャン、トッド・ラングレンです。

ビビが妊娠に気付いた時スティーヴンは薬物依存だったため、トッドにお腹の子の父親になることを要請し、トッドもそれを承諾しました。

父との再会

その後もリブは自分の実の父親のことを知らずに過ごしますが、ある時転機が訪れます。

リブはトッドのコンサートのバックステージで初めてスティーヴンと対面し、自分の父とは知らずに交流していました。

そんな中偶然出会ったスティーヴンの娘ミアがあまりに自分に似ていたため、母ビビを問い詰めて、スティーブンが自分の実の父であることを知ったのです。

リブ・タイラーの活躍のキッカケ

元々はモデルとして活動していたリブでしたが、1993年に父スティーヴンの歌うエアロスミスの楽曲『Crazy』のビデオクリップに、一歳年上の女優アリシア・シルヴァーストーンと共に出演。

この共演を機に、リブは一気に女優として世間の注目を浴びることとなります。

リブはその後1994年公開の「精神分析医J」で映画デビューし、着実にキャリアを重ねていくことになるのです。

リブ・タイラーの代表作①:「アルマゲドン」

リブは1998年公開の映画「アルマゲドン」にて、主人公であるハリー・スタンパーの娘グレース・スタンパーを演じました。

父・ハリーから恋人であるA.Jとの結婚を反対され反発するものの、本心では父を想い、ハリーの危機には彼の身を案じ心を痛める様子も見せました。

この作品では、エアロスミスが主題歌である「I Don’t Want to Miss a Thing」を歌っており、『Crazy』のビデオクリップに引き続きここでもある種の父娘共演が果たされています。

リブ・タイラーの代表作②:「ロード・オブ・ザ・リング」

2001年公開の、R・R・トールキン作「指輪物語」を原作とする実写作品、「ロード・オブ・ザ・リング」にも出演しています。

この作品でリブは、アルウェンというエルフ族の姫を演じています。

https://arda.saloon.jp/index.php?plugin=attach&refer=%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%83%B3&openfile=vlcsnap-00013.jpg

■この作品における「エルフ族」

創造神エル・イルーヴァタールが生み出した美しき種族。

エルフには寿命がない。死因としては、「肉体の損傷」と「生きることへの疲れ」がある。

人間より背が高く、美しく、髭が生えず、強靭な肉体を持ち、疲れを知らず、病気にならず、感覚が鋭く聴覚視覚に優れ、頭が良く善良である。

(出典:https://kasabuta-endless.net/ro-doobuzaringu-gandaruhuo-kusekaikan/)

リブ演じるアルウェンはエルフでありながら、ヴィゴ・モーテンセン演じるアラゴルン(人間族)と恋に落ち、彼と運命を共にすることを決意するのです。

リブ・タイラーの最新の出演作:「アド・アストラ」

2019年9月20日公開のジェームズ・グレイ監督のSFスリラー映画、「アド・アストラ」がリブの最新の出演作になります(2019年10月時点)。

主役はブラッド・ピット演じるロイ・マクブライド。優秀な宇宙飛行士だったもののとある事故が原因で他者とのコミュニケーションに問題が生じていました。

そうして他者との適切な関係が築けなくなってしまったが故に離婚に至ったロイの元妻、イブ・マクブライドをリブが演じます。

その他のキャストにもトミー・リー・ジョーンズやルース・ネッガなどの人気俳優たちを起用した、現在注目を集めている作品の一つです。

リブ・タイラーの出演作品一覧

次に、リブが出演している作品を一覧で紹介します。(タイトルは邦題です。)

  • 1994年 精神分析医J
  • 1995年 君に逢いたくて
  • 1995年 エンパイアレコード
  • 1996年 魅せられて
  • 1996年 すべてをあなたに
  • 1997年 秘密の絆
  • 1997年 Uターン
  • 1998年 アルマゲドン
  • 1999年 プランケット&マクレーン
  • 1999年 クッキー・フォーチュン
  • 1999年 オネーギンの恋文
  • 2000年 Dr.Tと女たち
  • 2001年 ジュエルに気を付けろ!
  • 2001年 ロード・オブ・ザ・リング
  • 2002年 ロード・オブ・ザ・リング 二つの塔
  • 2003年 ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還
  • 2004年 世界で一番パパが好き!
  • 2005年 リターン・トゥー・マイ・ラヴ
  • 2007年 再会の街で
  • 2008年 ストレンジャーズ 戦慄の訪問者
  • 2008年 インクレディブル・ハルク
  • 2010年 スーパー!
  • 2011年 ザ・レッジ-12時の死刑台-
  • 2012年 素敵な相棒~フランクじいさんとロボットヘルパー~
  • 2014年 スペース・ステーション76
  • 2018年 ワイルドリング 覚醒する少女
  • 2019年 アド・アストラ

歌手としてのリブ・タイラー

リブ・タイラーは女優以外にもう一つ、歌手としての側面も持ち合わせています。

2012年に、オーストラリアのロックバンド、INXSの大ヒットシングルである『Need You Tonight』をカバーしたシングルで歌手デビュー。

リブが歌うこの楽曲は、フランスのファッションブランドであるジバンシィ(GIVENCHY)のフレグランス・イメージソングとして採用され、ヨーロッパを中心に大きく話題となりました。

リブ・タイラーの交際関係

2003年には、イギリスのロックバンド・スペースホッグのボーカル、ロイストン・ラングドンと結婚しました。

その翌年の2004年12月には第一子のマイロ・ウィリアム・ラングドンを出産するも、四年後の2008年にロイストンとの破局が報じられます。

その後、サッカーエージェントのデヴィッド・ガードナーとの婚約が明らかになり、2015年にはデヴィッドとの子であるセーラー・ジーン・ガードナーを出産。

http://big-celeb.jp/images/rectangle/orignal/24cfa04b067b32de7206880a9bf089f70f2d4aac.jpg

その翌年7月にも、第三子のルーラ・ローズ・ガードナーを出産しました。2019年10月時点では三児の母として子育てに奮闘しており、仕事にプライベートに大忙しな様子です。

リブ・タイラーの紹介まとめ

以上がリブ・タイラーについての情報になります。役者から歌手まで幅広く活躍されているリブですが、彼女が今後どういった活動をし、どれほどの活躍をしていくのかに注目ですね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。この記事をキッカケにリブ・タイラーのことが気になったら、ぜひ彼女の活躍の軌跡を追いかけて、作品に触れてみてください。

映画をお得に見るなら、DVDショップでのレンタルもいいのですが、動画配信サイトを利用するのが非常にお得です。それぞれに特徴がありますので、まずは1度自分自身に合うサイトかどうかを確認してみてください。

無料体験期間を利用すれば、本登録時のサービスを使うことができます。

最新作を格安で楽しみたい人→無料トライアル実施中!<U-NEXT>

低価格無制限で映画を楽しみたい人→30日間の無料体験期間を試す<Amazon Prime>