【某有名大学を卒業】名子役だったフレディ・ハイモアってどんな人物?

映画「チャーリーとチョコレート工場」で主演だったフレディ・ハイモア。それから有名子役となり、今ではテレビ業界で活躍する彼はどういった人物なんでしょうか。

今回は、この記事を通してフレディ・ハイモアについて少しでも興味を持ってもらうために、フレディの過去や出演作、現在の活躍など詳しい情報を紹介していきます。

この記事を読めば、フレディ・ハイモアの全てが分かるので、ぜひこの記事を最後まで読んでみてください。

(トップ画像出典:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190908-00000015-flix-movi.view-000)

フレディ・ハイモアのプロフィール

  • 生年月日:1992年2月14日
  • 身長:178cm
  • 出生地:イングランドロンドン
  • 職業:俳優
  • 俳優としての活動期間:1999年~

フレディ・ハイモアは、俳優の父エドエワードと、タレントのエージェントをしている母スーの間に生まれました。

兄弟は2歳年下の弟バーティーがいます。バーティーは1999年公開の映画「women talking dirty」でフレディと共演をしますが、その出演以降、芸能活動はしてないそうです。

映画「チャーリーとチョコレート工場」の主演で大ブレイク

フレディの俳優デビューは1999年公開の映画「women talking dirty」です。その後2004年公開「ネバーランド」にも出演し、映画賞を多数受賞、高い演技力が評価され注目の子役となります。

翌年の2005年には大ヒット映画「チャーリーとチョコレート工場」の主演に大抜擢されました。

実はこの抜擢には前年の「ネバーランド」で共演し、フレディの演技力に感銘を受けたジョニー・デップの推薦が深く関わっていると言われています。

当時13歳のフレディは「チャーリーとチョコレート工場」で見事、若手男優賞を受賞し、2000年代のイギリスを代表する名子役として有名になります。

10代後半からは俳優活動と距離を置きはじめるフレディ

10代で数多くの作品に出演しているフレディですが、10代後半には一度役者業から距離をおき、学業に専念しています。

ブレイクし、成功した子役のほとんどは学校には行かずホームスクールで教育を受けるのですが、フレディは家族のサポートを受けながら、地元のロンドンの学校に通っていました。

大学はイギリス屈指の名門ケンブリッジ大学に行き、ダブルファーストという名誉ある学位を取得し卒業しています。

大学での専攻はスペイン語、アラビア語、フランス語で、現在はフランス語とスペインをすらすらと喋ることができます。

20代からテレビ業界に飛び入り、再ブレイクを果たす

学業を優先し、俳優としての活動を抑えていたフレディは、20代になるとテレビ業界の新たな顔としてキャリアを広げます。

2013年~2017年には、映画「サイコ」の前日譚のドラマ「ベイツ・モーテル」の殺人鬼役として活躍し、演技派俳優として返り咲きます。

「ベイツ・モーテル」のクランクアップ後は、2017年に放送し視聴率全米№1を記録した医療ドラマ「グッド・ドクター」で主役を演じました。

自閉症の青年外科医という難役を演じたフレディは、話し方から細かい目の動き、手の仕草まで入念にリサーチされた演技が評価され、本作でゴールデン・グローブ賞にノミネートされました。

フレディ・ハイモアの出演作

2000年代のイギリスを代表する俳優と呼ばれ、現在でもヒットドラマに出演したりと活躍し続けるフレディ・ハイモアは今までどのような作品に出演してきたのでしょうか。一覧でみていきましょう。

映画
  • 2004年 ジム・ヘンソンの不思議な国の物語
  • 2004年 トゥー・ブラザーズ
  • 2004年 ネバーランド
  • 2005年 チャーリーとチョコレート工場
  • 2006年 プロヴァンスの贈り物
  • 2006年 アーサーとミニモイの不思議な国
  • 2007年 奇跡のシンフォニー
  • 2007年 ライラの冒険 黄金の羅針盤(声の出演)
  • 2008年 スパイダーウィックの謎
  • 2009年 アーサーと魔王マルタザールの逆襲
  • 2009年 ATOM(声の出演)
  • 2010年 トースト~幸せになるためのレシピ
  • 2011年 最低で最高のサリー
  • 2013年 ジャスティンと勇気の騎士の物語(声の出演)
テレビドラマ
  • 2013~2017年 ベイツ・モーテル
  • 2017年     グッド・ドクター 名医の案件

フレディ・ハイモアが出演しているおすすめ作品

ここでフレディ・ハイモアの魅力がより詰まった、楽しめること間違いなしの筆者おすすめ作品を2つ紹介させていただきます。

ネバーランド(2004年)

この作品はフレディとジョニー・デップが初めて共演した映画です。

実在した作家ジェームズ・マシュー・バリーが、ある少年たちと出会い名作「ピーターパン」の物語を完成させていくという実話に基づいたヒューマンドラマです。

不朽の名作「ピーターパン」が書かれた背景にはどんな苦悩や出会いがあったのか、どうやってストーリーが構想されていったのかというのが本作の見どころだと思います。

ストーリーもテンポよく、人生における大切なことを登場人物を通して教えてくれるので、観て損はないです!

チャーリーとチョコレート工場(2005年)

この作品は巨匠ティム・バートンが、児童小説「チョコレート工場の秘密」を歌とダンスのミュージカル要素を含め映画化したファンタジー・コメディです。

貧しいが心は純粋な少年チャーリーが、ある日怪しいチョコレート工場の見学チケットを手に入れ、いざ工場体験へ向かうというところから物語は展開されていきます。

ちなみにフレディは主人公のチャーリーを演じています。また前年「ネバーランド」で共演したジョニー・デップは、怪しいチョコレート工場の工場長役として出演しています。

チョコレート工場で繰り広げられる奇妙な世界観は、面白おかしく誰でも楽しめるでしょう。劇中で流れる音楽は、とてもよく耳に残ります。

フレディ・ハイモアの恋人は?

現在フレディに、交際している相手がいるという情報はありません。

過去には、2008年公開の映画「スパイダーウィックの謎」で共演した女優サラ・ボルジャーと2006年~2009年の期間、交際していた経歴があります。

2009年の夏には、同じく子役出身の女優ダコタ・ファニングとディナーデートしているところを目撃されますが、交際には至ってないそうです。

真偽は不明ですが、ダコタが他の男性と先に付き合い始めたので、フレディとは交際には至らなかったという噂が流れています。

フレディ・ハイモアのツイッターやインスタは?

フレディはインスタ、ツイッターのアカウントは開設していますが、一度も投稿を行ったことがありません。

その理由としてフレディは大のSNS嫌いとのこと。若い世代として珍しいSNS嫌いのフレディにとあるインタビューでSNSについて聞いてみたところ、こんな発言をしています。

「別にSNSに反対はしていない。ただただやっていないだけ。やっていなくても今、すごくバランスが取れていると感じる。」

「なくてもあまり困っていないので、SNSをやっていなくても不便は全くない思っています。」など20代とは思えないスマートな意見を述べています。

(参考サイト:https://mantan-web.jp/article/20180405dog00m200023000c.html)

フレディ・ハイモアは番組制作者としての一面も!?

実はフレディは、自身が主演である2017年放送の「グッド・ドクター」で、プロデューサーも兼任しています。

フレディは、2013年~2017年放送のドラマ「ベイツ・モーテル」で脚本や監督を担当する機会を得て、俳優だけではなく他の分野に興味を持ったそうです。

主演がプロデューサーも務めた「グッド・ドクター」は、大御所ドラマである「NCIS」や「スキャンダル」の視聴率を優に超え、2017年の新作ドラマで視聴率№1を記録しています。

まとめ

幼いころにブレイクした俳優のほとんどはスキャンダルを起こしてしまったり、子役時代のイメージの定着に悩みを抱えてしまったりと苦悩を抱えることが多いです。

しかしそんなレッテルが世間で貼られている中、フレディはスキャンダルもなく名門ケンブリッジ大学で勉学に励み、テレビ業界で再ブレイクを果たしました。

努力家で多才なフレディの今後の活躍が気になりますね!今回の記事を通してフレディ・ハイモアに興味が出たら、彼の出演作にも触れてみてください!

映画をお得に見るなら、DVDショップでのレンタルもいいのですが、動画配信サイトを利用するのが非常にお得です。それぞれに特徴がありますので、まずは1度自分自身に合うサイトかどうかを確認してみてください。

無料体験期間を利用すれば、本登録時のサービスを使うことができます。

最新作を格安で楽しみたい人→無料トライアル実施中!<U-NEXT>

低価格無制限で映画を楽しみたい人→30日間の無料体験期間を試す<Amazon Prime>